JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
supertontonに今すぐ質問する
supertonton
supertonton, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 4637
経験:  中央大学卒平成14年行政書士登録離婚・相続等の法務手続の専門家
61894004
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
supertontonがオンラインで質問受付中

車で道路を走行中、ライトが切れていると言われ停車を求められ、職質を受けました。車内も確認したいと言われ了解しました。

解決済みの質問:

車で道路を走行中、ライトが切れていると言われ停車を求められ、職質を受けました。車内も確認したいと言われ了解しました。車内を確認したら、催涙スプレーがあり、凶器を自動車内に隠し持っていたという事で、軽犯罪法違反だからと任意同行を求められ、了解し調書を取られました。 その日はスプレーを鑑定後にまた連絡するから、と解放されました。後日連絡があり、成分内容がアウトだったので、再度出頭して身体写真と、指紋を採らせてほしいと言われ、出頭日が決まったら連絡しますと答え電話を切りました。 ここまでの流れでいくつか疑問がわいてきました。 1-写真撮影(恐らく顔でしょうか)、指紋採取は応じないといけないのでしょうか? 2-スプレーは車内に置いてはありましたが、隠していたつもりはありません。車のハンドル下の蓋の無い物入れで見える範囲でした。隠し持っていたという認識はないです。この部分が腑に落ちません。 後日調べてみると軽犯罪法違反1条二号には「隠して携帯していた者」とありました。ご返答宜しくお願いします。

投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  supertonton 返答済み 2 年 前.
初めまして、民事法務手続専門の行政書士のSUPERTONTONでございます。
それは大変お悩みのことと思います。
ご心痛お察し申し上げます。
お話から、まず、ライトが切れている場合は、整備不良車両の運転禁止の道交法違反になります。
そのことを理解して、その後の対応をされたと言うことですね。
次に、車内を調べると言うのは、基本的には任意でしょう。
ご相談者様の年齢や服装等にもよりますが、現在、問題となっている
危険ドラッグなどの所持を疑ったのかもしれません。それも失礼な話ではありますが
職務なので仕方がないかもしれません。
軽犯罪法の適応は、現場の警察官の裁量に任されていることが多く
隠し持っていることが重要ではなく、どのような目的で所持しているかが問われます。
そのような目的を調書で書かれてしまったのかもしれません。
ただし、普通は、微罪処分で終わるもので、今後の何か犯罪が起きた時に
目をつけようと言う、ある意味、人権侵害的なこともあると言えます。
ご相談者様ご自身が対応しても、警察側になめられる可能性がありますし
日頃から威圧的な対応をしているのであれば、尚更でしょう。
地域の名士、例えば、市議会議員等にクレームを入れてもらうのが良いでしょう。
もしくは次何かあれば、弁護士の先生に同伴してもらうことです。
頑張って下さい。
質問者: 返答済み 2 年 前.
再投稿:回答が不完全.
事の慰めは結構なので、質問に関しての御答えを頂戴したいのです。
質問者: 返答済み 2 年 前.

初めまして。

現場でのやり取りにおいて、私の対応手順及び警察官の職務遂行手順は想定の範囲内だったので、思う所はございません。

質問案件に関して、慰めと励ましを頂戴いたしました事感謝いたします。

しかしながら、質問の内容には返答部分がない故、回答になっていないとさせていただきました。

質問者: 返答済み 2 年 前.
再投稿:回答が不完全.
質問の回答がない為
専門家:  supertonton 返答済み 2 年 前.
ご相談いただきまして誠にありがとうございます。
失礼いたしました。質問にご回答致します。
1-写真撮影(恐らく顔でしょうか)、指紋採取は応じないといけないのでしょうか?
(ご回答)逮捕されていないのであれば、任意ですので拒否も出来ます。
ただし、軽犯罪法では構いませんが、道交法違反の方もありますし
あまり拒否をすると、その後の調査に悪い印象を与えかねません。
2-スプレーは車内に置いてはありましたが、隠していたつもりはありません。車のハンドル下の蓋の無い物入れで見える範囲でした。隠し持っていたという認識はないです。この部分が腑に落ちません。 後日調べてみると軽犯罪法違反1条二号には「隠して携帯していた者」とありました。ご返答宜しくお願いします。
(ご回答)ここは前回もご回答しましたが、隠し持っていたと言うのは
物理的な判断と言うことではなく、どういう目的かになります。
そこで争っても仕方がありません。車の中に隠していたとも取れます。
単にカバンに入れていても、隠し持っていたと判断されます。
また、催涙スプレーは、使用した場合、過剰防衛も可能性が高いのでご注意が必要です。
頑張って下さい。
質問者: 返答済み 2 年 前.

御返答ありがとうございます。スプレーに関しては、現場にて警察官に暴漢に襲われた際に身を守るためと正直に話してしまっているので、武器等携帯に該当したと思われてもやむを得ないとも思っています。

後部ナンバー灯球切れに関しては、今回新車納車から1月と間もない車両と言う事もあり、こちらは注意のみで終わっています。

軽犯法のみでの出頭を求められている為、写真や指紋を避けれるのであれば避けたいと思いで質問の投稿をさせていただきました。任意で拒否は規定上出来るのも理解しました。が、警察出頭の際に上記を拒否をした事によって、その次の段階である関係部署が「こいつは素直指紋写真採取に従わなかった」等の理由で、たとえば通常は科料である所が拘留になったりと、悪化したりはしないでしょうか?

専門家:  supertonton 返答済み 2 年 前.
ご相談いただきまして誠にありがとうございます。
追加のご質問にお答え致します。
お考えの通り、任意であれ、拒否をすれば、反抗的な人間だと思われ
また、反省をしてないということで警察側の心証が悪くなり
刑罰が重くなることは良くあります。
刑事や民事に関わらず、裁判官は自由な判断ができます。その時に反省が無いと思われれば
刑罰が悪化することもあり得るでしょう。
警察等も素直に従う者には寛容になります。反抗して良いことは一つもありません。
頑張って下さい。
supertontonをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問