JustAnswer のしくみ:

  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。

supertontonに今すぐ質問する

supertonton
supertonton, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 4335
経験:  中央大学卒平成14年行政書士登録離婚・相続等の法務手続の専門家
61894004
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
supertontonがオンラインで質問受付中

面会交流調停についての質問です。 当方と相手方H24年1月に調停離婚しました。養育費、慰謝料、面会交流の取りk目が

解決済みの質問:

面会交流調停についての質問です。
当方と相手方H24年1月に調停離婚しました。養育費、慰謝料、面会交流の取りk目がされました。当然、慰謝料も約束通りに払いましたし、養育費についても、滞りなく支払いしております。(1ヶ月6万円)そして、面会交流についてですが、調停調書の中では、「特に制限を設けず、適時面会可能で、その日時場所についてはお互い別途協議する」というような内容でした。通常、「月1回、何時〜何時まで」というような取り決めが多いと思うのですが、元嫁は僕と僕の両親が娘(11歳)ととても仲がいいのを知っていた為、それと、まさしく「スープが熱いまんまの距離」に住んでおりましたので、娘を預けるのに具合がよく、娘は毎週のように遊びにきていました。いわゆる、「おじいちゃん、おばあちゃん子」でした。ですから離婚した後も僕は娘とはいつでも会える事が出来たし、実際、とても仲がよくいろんな事をして交流していました。隔週ぐらいは娘は僕の実家に泊まりにきていたくらいです。そして、元嫁は遊ぶ為に、娘を預けて週末はほぼ、実家で面倒をみていました。それはそれは仲のいい関係でした。
そして、元嫁が再婚する事になり、都内へ引っ越す事になりました。(都内へはここから新幹線で1時間ぐらいの距離です)当然、親権者である元嫁は娘を連れて行ったのですが、なかなか東京に行きたくなく、1ヶ月程、実家で預かっていました。ちょうど春休みの頃でしたので、新学期が始まる4月には娘も引っ越してしまいました。それはそれは辛い別れでした。しかし、引っ越しする際、元嫁は「ここと東京では近いですから、娘が会いたいと思えばいつでも返しますから」と言って、再婚する喜びもあってか、今まで見た事もないような笑顔で引っ越していきました。
引っ越ししてからも、娘から実家へは毎日のように電話があり、「寂しい、迎えにきて」「じいじ、ばあば、あのお菓子を送って!アクセサリーを作って送って!」というような交流が続いていました。元嫁の前では娘は僕の事はNGワードと感じているので、元嫁がいない隙になると電話をくれたりしていました。再婚するとの事で、僕から娘への電話連絡は控えていたのです。しかし、僕が東京に行った際、東京から思い切って娘に電話しました。引っ越して1ヶ月ぐらい経過した時でした。娘は喜びいっぱいで2時間近く話していました。きっと、その晩、娘は元嫁に僕と話した事を言ったのでしょう。そしたらすかさず元嫁からメールがきて「あなたから連絡はするな!あなたにそんな権利はない!娘から連絡するならともかく、あなたにはそんな権利はない!裁判所の言いつけを守れ!」とのメールが届きました。「う〜ん・・・権利がないなんて・・・調停調書では面会交流には制限がないと書いてあるになぁ」と、理不尽に思いながらも、気性の荒い元嫁や、気を使っている娘の事を考え、僕はそれ以来、連絡をするのを諦めました。しかし、それでも、娘から元嫁から内緒で電話がきていました。そして、電話で話をしている時、娘がタブレット端末でインターネットに夢中である事を知り、「いいこと考えたよ!タブレット端末でパパのパソコンとメールが出来るんだよ!」って伝えたら、大喜びして、それから毎日、数十通のメールが来るようになりました。その数は往復で700通以上です。メールの内容は他愛のない物で、「おはよう!」「明日、朝の6時にメールするから起きてよね!」「おやすみ!」「好きなアニメがあるから、パパもみて!そしてその感想を教えて!」「なぞなぞ出してあげるから答えて!」みたいな内容が9割でした。後の1割は「パパのところに帰りたいけど、どうしたらいいか?会いたいけど、どうしたらいいか?」って内容でした。元嫁に内緒でメールしている事に後ろめたさを感じてはいましたが、娘のメール交換を通しての娘の喜びようは僕は理性に負けて、「娘がこれだけ喜んでいるなら・・・」って事で毎日、続けていました。そして、毎日、何十通もやりとりしていると、お互いに思ってくる事は一つです。「早く会いたい」って感情です。僕と娘は「どうやったら会えるか?」って事を模索していました。そしたら娘が「木曜日に塾があるから、その時は一人でバスに乗って塾に行くから、塾が終わってからバスに乗るまでの10分間だったら会える!」って事になり、僕は新幹線でその10分の為に東京に行きました。3回、行きました。10分の為に。とても喜んでくれて、別れ際はいつまでも手を振ってくれて、お互いに涙が出そうでした。満ち足りた10分間でした。夏休みには3日間だけ帰省が出来るとの事で、お互い、夏休みの3日間の予定を喜んで立てていました。
しかし、ある日、突然メールが途絶えます。元嫁にメールが見つかったのは明白な事でした。僕は両親に「メールが見つかった可能性があるから、様子を聞きに電話してみてくれないか?」と伝えて、電話してもらったところ、携帯電話が解約されてました。そして、数日後、手紙が2通届きました。僕の父親宛への手紙には「夏休みに返そうと思っていましたが止めました。あなたの息子は娘に一方的に手紙を送りつけ、約束違反です。そして、娘の保護者は私です。あなたの息子と、私の娘には法律上、何の関係もありません。面会したいのであれば裁判所を通してください」との内容でした。そしてもう1通は再婚者から、僕への手紙でした。「あなたの娘へのメールは稚拙な物で、カウンセラーに見せたら実に精神年齢が低い、大人になりきれてない人のようです。娘と会う事を知り、警察にも応援を頼んでいました。今後、このような事があれば訴訟をおこします」との内容でした。侮辱に満ちあふれた、憤慨やるせない手紙の内容でした。しかし、再婚すると東京に引っ越してから、8ヶ月、元嫁は再婚しておらず、その手紙の署名も元嫁の筆跡で、有印私文書偽造の可能性が9割です。
メールが見つかり、娘が元嫁から叱責されたのは間違いのない事です。不憫でなりません。結果的に娘が喜んでいるからメールを続けて、そして会ってきました。時には電話をくれて「パパ!ママが5時間留守になった!今からすぐに東京にきて!」って電話もあった事もありました。でも、すべて僕の責任で、娘にはかなり辛く、寂しい思いをさせてしまいました。
そして先日、東京家裁にて面会交流調停の第1回目がありました。僕は1ヶ月に1度の面会を希望するスタンスで望みましたが、元嫁は「私は娘が会いたいと言えば、いつでも会わせる。しかし、娘が会いたがっていません」調停委員が「では、今はそうかもしれないが、今後、娘さんが会いたいと言ったらどうするのですか?」と言ったところ、「私が拒否します」と言ったそうです。僕に会ってから、学業もおろそかになり、関係各所に相談したところ、「父親には会わせない方がいという助言ももらっています」との事でした。調停委員が僕に伝えてくれたところ、「関係各所に相談して、そういう助言をもらったと彼女は言ってますが、片方の肩を持つような事を助言する事はまずありません」と仰ってくださいました。
彼女の拒否の姿勢が強いので、次回は家事調査官を入れての調停になるそうです。その調停の1週間前までに、時系列に沿って、娘さんと、どういった接し方をしてきたか、レポートに書いて提出してください」と言われました。僕はその資料に併せて、添付資料として何十通もある、会いたがっているメールや、仲良くしている写真を別紙添付として証明して、面会しても問題ない旨をアピールするつもりでいます。
長くはなりましたが、このように、元嫁の拒否姿勢が強い場合、どのような結果になる事が多いのでしょうか?再婚すると言って引っ越して、今の段階で再婚できてない状況に彼女にフラストレーションが溜まり、こういった引き離しにきたのかとも思っています。(今は婚約中で来年の3月に再婚すると調停委員に伝えたそうです)今の状況は、娘もメールが見つかってかなりの叱責を受け、「パパに会いたい?」って言っても、「会いたくない」っていうと思います。もし、調査官調査で娘に面会して会いたいか聞いても、元嫁しか頼る事ができない娘は、やはり「パパに会いたくない」って言いそうです。諦めの境地になっていると思います。
このような案件の場合、どのような結果が判例として予想されますでしょうか?
長文になり申し訳ありませんがよろしくお願いいたします。
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  supertonton 返答済み 2 年 前.
初めまして、夫婦・男女問題法務鉄続き専門の行政書士のSUPERTONTONでございます。
それは大変お悩みのことと思います。
ご心痛お察し申し上げます。
お話から、日本の場合は、どうしても欧米と違い、離婚すると単独親権と言う形になり
お子様に対する所有欲も強いものと言えます。
また、再婚するとなると、前の父親よりも新しい父親に慣れさせようと無理をさせたりします。
昨今、連れ子の虐待が多くなっている現状を考えると、それが良い選択とは言えないと思います。
やはり、歯止めの効く本当の父親が、継父との間にあった方が良いのかもしれません。
元奥様の単に再婚するから、前の父親は邪魔と言うような考え方は、
会せないことに正当な理由があるとは言えません。
お子様は言わないかもしれませんが、ストレスのはけ口が虐待になっている可能性も
ございます。
とは言え、日本では、親権変更と言うのが非常に難しいものであるのも事実です。
お子様がある程度大きくなって、小学校高学年レベルであれば、意思も確認しますし
15歳以上は、本人の意思に従います。
辛いかもしれませんが、最低限、良好な関係はある程度の年齢まで続ける必要があります。
そのためには、面会交流は譲れません。
これまでの不当な面会交流の拒否には慰謝料が請求可能です。
静岡の判例では、500万円の慰謝料が認めれらています。
場合に、よっては慰謝料請求もあり得ます。
それと、現時点で、再婚は先送りとしても、相手の新しい男性との同居はされているのでしょうか?
もしそうであったり、再婚すれば、少し逆の話になりますが、養育費の免除はあり得ます。
会せもしないで養育費だけ取るのは、問題と言えます。
決して養育費と面会交流が連動する訳ではありませんが、調停委員はどう思うでしょうか。
母親の身勝手と思われば、かなりの指導が入ってくるでしょう。
どういう経緯で、調停離婚になったかわかりませんんが
面会交流は、公正証書で細かい決め事をして離婚協議書を作り直すことも出来ます。
面会交流させないのであれば、家庭裁判所にご依頼して間接強制等してもらうのも手です。
頑張って下さい。
質問者: 返答済み 2 年 前.

素早いご返信ありがとうございます。

先生が仰る通り、面会交流の権利は譲るつもりはありませんし、今現在、家裁に提出する、いかに友好な交流関係を築いてきているか、会って問題がないか、資料を作成している最中でございます。時系列に沿って、接し方と考え方を書き、写真やメールをプリントアウトしています。メールが見つかって、元嫁の逆鱗に触れた事で、引き離しにかかっているのは間違いがないと思います。不履行で間接強制も視野にいれておりますが、ただ、僕と娘が内緒で会っていた事がわかってしまった現在、それは不可能かとも思っております。ただ、面会交流が離婚調停で認められていたのにもかかわらず、娘と僕は意思の疎通が出来ず、このような結果になってしまったのですが・・・

そして、メールが見つかったのは7月ですが、8月には会いに行かせようかと思っていたと言っております。(それは事実だと思います。しかし、あまりにも面会できなくなってから、月日が立ち過ぎていました)

そして、ご質問にもあったように、新しい配偶者との同居の件ですが、どうやら、同居はしてない模様です。かなり高額なアパートに住んでおり、家賃補助はその男性から受けていると思われます。今は婚約中で、3月に再婚するとの事ですが、再婚すると言って、1年後に再婚予定とは、ちょっと「それ、本当ですか?」って疑っている部分もあります。

手紙には「僕と娘とは法律的になんの関係もない、私に内緒で会う事は違法だ」と申しております。前回の離婚調停で面会交流には制限を設けないとなっているのに、僕がした行為は違法で、不利になる事なんでしょうか?内緒でしている事に後ろめたさは感じておりましたが、僕も娘も会えないストレスが溜まっており、そうするしか方法がありませんでした。メールも僕から一方的に送りつけた物ではないことはメールを見てもらえれば明白ですし、娘も僕と交流することでとても喜んでいた事は明白な証拠で、面会交流の実現に向けて、たとえ、元嫁が「娘が会いたがっていない」という主張も覆す有力な資料になりえますか?

専門家:  supertonton 返答済み 2 年 前.
ご相談いただきまして誠にありがとうございます。
そうですね。秘密にしていたのが難しい部分ですが、そのことをお母さんには内緒だよとか
ご相談者様が指示していなければ、子供が勝手にしたことだということで押し切るしか
無いでしょう。
また、ほとんど会せることをしていなかった元奥様にも問題があると言えます。
そこは、お互い様の所でしょう。
お子様の福祉に問題が無かったのであれば、そこは、反省するとして
今後のことを前向きに考えましょうと主張することです。
それと、ご相談者様は離婚したとは言え、元奥様とは関係がありませんが
お子様の実の父親としての関係はあるので、それは暴言と言えます。
お子様の戸籍を移しているかもしれませんが、そのことで関係が切れた訳ではありません。
今回は、違法性は無いと思いますが、協議をしようとしたが応じなかったのであれば
問題は無いと言えます。
対応の方向性はこれで良いと思われます。
頑張って下さい。
supertonton, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 4335
経験: 中央大学卒平成14年行政書士登録離婚・相続等の法務手続の専門家
supertontonをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

ユーザーの声:

 
 
 
  • 法律に詳しいかたにお世話になりたくても、緊急時にはなかなか連絡がとれません。丁寧でわかりやすく、こちらの心情を理解した上で、 客観的な意見をしっかりした理由も合わせて 説明して下さり、不安の解消に繋がりました。 神奈川県 小野
< 前へ | 次へ >
  • 法律に詳しいかたにお世話になりたくても、緊急時にはなかなか連絡がとれません。丁寧でわかりやすく、こちらの心情を理解した上で、 客観的な意見をしっかりした理由も合わせて 説明して下さり、不安の解消に繋がりました。 神奈川県 小野
  • 自分の意向に添う回答がいただけたので、、安心して自分で答弁書を作成し、知人に紹介された司法書士に相談したところ、十分訴状に対抗できるとの判断をされました。それを参考に、細部を詰める点も有り、答弁書を確実なものとする為、最終的に司法書士に依頼しましたが、安価に受けてもらえることとなりました。 東京都 梅村
  • 法律などの専門家や弁護士が身近に居なかったわけではありませんが、事案発生が連休中や土休日、深夜早朝にかかるなど、次の行動に移る前に冷静な判断が必要な場合があり、また個人的なことでありますが、深刻化、長期化し、また経済的に家族にも迷惑をかけることで、結果として自身の公務に影響が及ぼすことを大変危惧いたしました。結果、このたびの利用となりまして、貴社より、迅速な回答をいただくことができました。事案発生後一両日のうちに、先方と連絡をとり、適宜支払い手続きへと話をすすめております。またこの経験を同業の者とも共有し、今後ネットを通じた活動へ生かせるように務めます。 山形県 青木
  • まずは親身になって回答をして頂ける専門家であったこと。説明が簡潔でわかりやすく、質問者が気持ちの整理をしやすい配慮が伺えた。 岐阜県 石川
  • 短時間で的確なアドバイスを受けることができ、かつ、回答に対する質問に対しても直ちに真摯な回答が得られました。 大阪府高槻市 川嶋
  • 専門知識のある経験豊富な方に出会う機会のない人でも、このサイトで実現出来ることは素晴らしいことだと思いました。 専門家が辛抱強く回答をしてくださる姿勢にも感謝いたしました。 茨城県日立市 池田
 
 
 

専門家の紹介:

 
 
 
  • supertonton

    supertonton

    行政書士

    満足した利用者:

    2336
    中央大学卒平成14年行政書士登録離婚・相続等の法務手続の専門家
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/SU/supertonton/2011-9-7_64453_nakano.64x64.jpg supertonton さんのアバター

    supertonton

    行政書士

    満足した利用者:

    2336
    中央大学卒平成14年行政書士登録離婚・相続等の法務手続の専門家
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/HO/houmujp/2014-1-5_72819_00.64x64.jpg houmu さんのアバター

    houmu

    行政書士

    満足した利用者:

    388
    行政書士 知的財産修士 2級FP技能士
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/RI/rikonnsouzoku/2012-4-28_141443_066960x1280.64x64.jpg rikonnsouzoku さんのアバター

    rikonnsouzoku

    行政書士

    満足した利用者:

    181
    弁護士事務所事務員行政書士事務所所長
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/RE/remember2012/2012-6-21_145655_IMG088111.64x64.jpg remember2012 さんのアバター

    remember2012

    社会保険労務士

    満足した利用者:

    80
    社会保険労務士事務所経営
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/EO/eokuyama/2011-11-8_163713_BioPic3.64x64.jpg eokuyama さんのアバター

    eokuyama

    弁護士

    満足した利用者:

    25
    University of New Hampshire Law School, University of Arizona, Keio University.Law Offices of Eiji Okuyama.
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/SR/srlee7208/2012-9-19_13750_IMG9317.64x64.JPG srlee7208 さんのアバター

    srlee7208

    社会保険労務士

    満足した利用者:

    1
    早稲田大学卒業。 1999年社労士事務所開業。
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/HA/hakase425/2011-8-16_9381_P1010445.64x64.JPG hakase425 さんのアバター

    hakase425

    弁理士

    満足した利用者:

    0
    -
 
 
 

法律 についての関連する質問