JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
t-lawyerに今すぐ質問する
t-lawyer
t-lawyer, 弁護士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 582
経験:  東京大学卒業
78091396
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
t-lawyerがオンラインで質問受付中

自動車事故の賠償金について質問です。 私は、加害者の夫です。 先月、妻が時間貸し駐車場内でセンサーが設置されてい

解決済みの質問:

自動車事故の賠償金について質問です。
私は、加害者の夫です。
先月、妻が時間貸し駐車場内でセンサーが設置されているボックスが上につけられている黄色いポールの2本のうちの1本にバックで自動車の後部をぶつけました。
警察に届け、先方から電話があり、壊れたものは弁償しようと思い任意保険の会社に連絡しました。
その結果、駐車場を管理している会社から保険会社に26万円の見積請求書が届きました。
その内訳は、ポールを2本修理することや、壊れたセンサーを修理すること等も含まれているそうです。
今回の事故で、センサーが壊れたので修理しろと言われるなら、センサーの異常がでたというデータを出してくれれば、支払うと保険会社やこちらから申し入れているのですが、相手は頑として受け入れないらしいです。また、1本にしか当てていないポールの修理がなで2本になるのかも理解できません。
事故の2日後ですが私も現場に同行して、ぶつかった自動車のキズや駐車場のポールの写真を撮影していますし、相手がセンサーが故障して事故当日から柵を置いて使用中止にしているという駐車枠も通常通りに稼働していました。
私は、相手が修理代名目に金額をふっかけてきているように思えてなりません。
そこで、質問です。
1 私の希望で保険会社が調査会社を使って調査した修理の見積もりと相手の請求金額が大きく違う場合、その差額を埋めるための努力は保険会社がすると思いますが、今回、相手が頑として応じないので保険会社は相手の請求通りの金額を支払う準備ができていると言っています。あとは、私がOKすれば相手に社ら割れる段階になっているのですが、私には請求内容が納得いかないので現在も回答を保留しています。
この場合、修理代金について、例えば調停や裁判で争うことになった場合、当事者は保険会社でしょうか私の妻でしょうか?
2 相手方は事故状況の内容をわかっている上で、ぶつかってもいない物や証明できないセンサーの故障について請求していることについて詐欺未遂は成立するのでしょうか?また、告訴・告発は可能でしょうか?
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  t-lawyer 返答済み 2 年 前.
弁護士のt-lawyerです。
回答いたします。
①修理代金について調停や裁判で争うことになった場合,当事者は奥様です。
あくまで当事者は奥様と相手方だけであり,保険会社は当事者ではないからです。
②ぶつかっていないにもかかわらず,そしてぶつかっていないことを認識しているにもかかわらず請求しているのだとしたら,詐欺未遂罪は成立します。
成立するので,告訴も可能です。
しかし,警察が受理するかどうかは別です。
今回は,
・自動車事故に関するやり取りの中の出来事であり,民事的要素が強いこと
・騙されて支払ったという結果が発生していないこと
などからして,なかなか受理はしてくれないと思います。
今回のようなことは往々にしてありますが,損害を立証する責任は相手方にあります。
そのため,センサーやポールについて,今回の事故によって故障したと相手が立証できない限り,損害賠償義務は認められません。
ご参考になれば幸いです。
よろしくお願いいたします。
質問者: 返答済み 2 年 前.

告訴の場合は、実際に被害を受けていないことから警察が受けてくれるかどうか難しいとのことでしたが、告発はどうでしょうか?告発についての回答が得られなかったと思います。

損害額の証明は損害を受けた側がしなければならないと聞いて少し安心しましたが、その証明の方法として、単に修理業者からの見積書でよいのか、それともこちらが望むような妻の事故発生時に近接した時間からセンサーが稼働していないというデータ等まで求めることができるのか、証明の程度を詳しく回答してほしかったと思います。

専門家:  t-lawyer 返答済み 2 年 前.
告訴は,被害者自身が行う被害申告,告発は被害者以外が行う被害申告です。
つまり,告訴は奥様が,告発は質問者様が行うということです。
被害者自身が行うものではないことから,警察は告発よりも告訴の方を重視します。
騙された被害者がいるという結果が発生していないのは変わりませんから,告発でも警察の受理が難しいのは変わりません。
損害の証明は,修理業者からの見積書では不足します。
それでは,修理額の証明にしかならず,事故によりその損害が発生したかどうかが証明されないからです。
・事故発生前はセンサーが稼働していたこと
・事故発生後センサーが稼働しなくなったこと
の証明が必要です。
ご参考になれば幸いです。
よろしくお願いいたします。
t-lawyerをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問