JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
supertontonに今すぐ質問する
supertonton
supertonton, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 4612
経験:  中央大学卒平成14年行政書士登録離婚・相続等の法務手続の専門家
61894004
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
supertontonがオンラインで質問受付中

昨日新橋SL広場から30秒くらいのところのキャバクラでぼったくりにあいました。一人3000円といことで2名で午前1時

質問者の質問

昨日新橋SL広場から30秒くらいのところのキャバクラでぼったくりにあいました。一人3000円といことで2名で午前1時半くらいに入店したのですが、50分くらいで4万3千円の請求が来ました。明細には女の子の飲み代14杯分ということでしたが、つれが3杯くらいしか頼んでおらず、すぐにSL広場前の警察にお店の人と行き不当請求を相談しまましたが、払わないと無銭飲食扱いにするから、取り急ぎ払って、民事で処理するしか方法がないと言われました。お店の人はやくざみたいにこちらを恫喝する中、2時間くらい話していたのですが、警察もお店側の見方のようで、時間も時間でしたので、支払はしてしまいました。
ぼったくり防止条例等で返金してもらうことは可能でしょうか?
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  supertonton 返答済み 2 年 前.
初めまして、民事法務手続専門の行政書士のSUPERTONTONでございます。
それは大変お悩みのことと思います、
ご心痛お察し申し上げます。
お話から、東京都は全国に先駆けてぼったくり条例を2000年に施行しました。
正式には、「性風俗営業等に係る不当な勧誘、料金の取立て等の規制に関する条例」と
言って、性風俗に関するお店が対象になります。
それと、指定地区があり。
港区だと麻布十番、西麻布、六本木が対象となります。
また、ぼったくりの定義も難しく、料金がとりあえずどこかに書いてあれば
違反とならないこともあります。
とりあえず、警察が刑事事件としての被害届を恐喝罪などで受けないと
難しい案件とも言えます。
仮にクレジットカードで支払った場合、被害届が受理されてないと
支払のキャンセルは出来ない場合が多いようです。
一応、カード会社にご相談はされても良いでしょう。
店側に対しては、あきらかに不当利得であれば、不当利得返還請求を
内容証明等でしてみるのも手です。
それと消費者被害として国民生活センター(国の運営)か消費生活センター(自治体の運営)に
ご相談されるのも手でしょう。
被害額にもよりますが、法的な対応を専門家にご依頼すると赤字になる場合もあるので
費用対効果を考える必要がございます。
頑張って下さい。
supertontonをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 2 年 前.

アドバイスありがとうございました。

よく考えたのですが、

午前1時半という風営法で営業を禁止する時間に路上の呼び込みで、泥酔者を言葉巧みに一人3000円だとお店に呼び込み、通常のキャバクラの相場を大幅に一脱する料金を不当に請求してきたということで、警察に被害届けを出す刑事で扱ってもらう可能ではないでしょうか?

問題は警察がやくざ側の立場にたって、取り急ぎ払へと言ってしまっているので、警察もそれを撤回できないところがやっかいなところですが、交番のいち担当官の判断なので、上はもっと違った対応になりますでしょうか?

専門家:  supertonton 返答済み 2 年 前.
ご相談いただきまして誠にありがとうございます。
確かに、風営法では、キャバクラなどの第2号営業は原則0時まです。
ただし、都内は、条例により延長営業許容地域があり、そこは深夜の1時まで可能で
じゃあ、それを過ぎたらすぐに違法で逮捕かと言うと
一応、警察側は黙認している状況です。
1時まで可で、1時ギリギリに入ったお客様がいれば、遅くなっても仕方ないと言う
考え方のようです。
ここを厳密にどうのこうの言っても、警察は相手にはしてくれないと思われます。
それと、日本の場合は、酔っていたのでみたいな言い訳が通り易いように見えますが
本当に泥酔したら判断能力が無い状況なので、酔っていたので料金に気が付かなかったでは
済まされない場合もございます。
また、本当に相手が反社会的勢力(やくざ)なら不当な利益供与違反と言うことで
処罰されるでしょう。
今回の件は、あくまで民事として、相手の業者と争うことになるでしょう。
ただし、法的な対応の場合、弁護士の先生等にご依頼すると費用対効果の問題を
考えることになるでしょう。
頑張って下さい。
質問者: 返答済み 2 年 前.

ご回答ありがとうございます。

午前1時過ぎに利用していたお店の時間の書いてある領袖書があるのですが、1時30分に入店している証拠はあるのですが、そういうものは使えないでしょうか?やはり日本の警察は癒着があり、現実対応が難しいのでしょうか?昔ドイツで同様のぼったくりにあった時、ドイツ警察が取り持ってくれて、その場で公平な処置をしてくれました。日本もオリンピックを前にして外国旅行客を2000万人受け入れて行く中、警察がぼったくり防止条例を適用してくれない国家だとだめな気がします。

本当にやくざかどうかは分かりません。見かけ、恫喝の仕方から、普通に客商売をやっている人ではないのではと思った限りです。言葉使い含め非常に怖かったで、警察もびびっていた感じでした。

質問者: 返答済み 2 年 前.

ご回答ありがとうございます。

午前1時過ぎに利用していたお店の時間の書いてある領袖書があるのですが、1時30分に入店している証拠はあるのですが、そういうものは使えないでしょうか?やはり日本の警察は癒着があり、現実対応が難しいのでしょうか?昔ドイツで同様のぼったくりにあった時、ドイツ警察が取り持ってくれて、その場で公平な処置をしてくれました。日本もオリンピックを前にして外国旅行客を2000万人受け入れて行く中、警察がぼったくり防止条例を適用してくれない国家だとだめな気がします。

本当にやくざかどうかは分かりません。見かけ、恫喝の仕方から、普通に客商売をやっている人ではないのではと思った限りです。言葉使い含め非常に怖かったで、警察もびびっていた感じでした。

専門家:  supertonton 返答済み 2 年 前.
あくまで民事としての対応になるので、民事不介入と言うことで
相手が暴力団等でもない限り警察は動かないと言えます。
ドイツの例は、観光客と言うこともあったのでしょう。
確かに、歌舞伎町ならいざしらず、新橋でそのようなぼったくりがあるのは
怖いし問題だと思いますが、とりあえず、風営法違反の業者に騙されたと
警察に被害届を出されても良いかもしれません。
府営法違反は、生活安全課になります。
警察は、どこでも構いませんが、担当によって温度差があるのは確かです。
それと、仮に相手が暴力団だからと警察がびびって適当な対応をすることは
無いかもしれません。暴力団なら暴対法があるので即逮捕です。
頑張って下さい。

法律 についての関連する質問