JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
supertontonに今すぐ質問する
supertonton
supertonton, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 4628
経験:  中央大学卒平成14年行政書士登録離婚・相続等の法務手続の専門家
61894004
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
supertontonがオンラインで質問受付中

オークションでのトラブルで相談させて頂きます。 私は出品者での立場ですが、ゲームソフトにセーブデータを収録し、販売することで利益を頂く商売を行っております、セーブデータはオリジナ

解決済みの質問:

オークションでのトラブルで相談させて頂きます。
私は出品者での立場ですが、ゲームソフトにセーブデータを収録し、販売することで利益を頂く商売を行っております、セーブデータはオリジナルで作成し、同じ内容のデータをソフトに収録して販売する、付加価値を+@して販売すしておりますがある一人の方から、クレームを言われました、その内容はゲームを進めるうえでバグがある、不良品ではないか?商品説明と違う点がある、この2点の不備を指摘されました、バグについては何十人と販売した中でそのような指摘がなく、なぜこの方が執拗に指摘されるのか不思議でしたが、状況を確認するため一度ソフトを私の住所へ発送頂きました、この時内容証明書付で送付されてきました、なぜこのような対応をするのか、またこんなことをする裏に何があるのか?不思議におもい、まずは内容を確認したところ一切指摘するバグが見れませんでした。そこで100%バグがある箇所を特定して情報を頂きたいと何度かやり取りしているうちに『返金を要求』されるまでになり、私はバグが認められない以上商品欠陥として受け取れないと主張しました、しかし上げ足取りのごとく、商品説明と違う点が2つあると指摘され、その2点は確かに不備がありましたが、修正して発送が可能である、その点はお詫びして対応後発送しますと伝えたのですが、納得して頂けず、その後脅迫めいた文面で内容証明送付、税務署報告などなぜそこまで一個人に情報を乱用されないといけないのか感情的になっていきました、確かにクレーム対応は過去何件もあり、10000人の方と取引した経験もありいろんな対応をしてきましたがこの方の対応、要求が明らかに突出して強制的に返金要求のみ押し付けられてきました、その最中目を疑う光景が・・私のデータを転売している出品者がいることを確認、出品者情報を見ると福岡県福岡市、まさかといった思いが脳裏をよぎりました、なぜならこのやり取りしている方こそ福岡県福岡市の方、ちょうどデータ内容を更新し販売した期間を逆算し、福岡県福岡市で販売した方を確認するとまさにこの方しかいませんでした、怒りに震えながら別IDからその転売者の商品を入札し落札→出品者(転売者)から取引情報の住所が福岡県福岡市南区・・・・私の商品を購入された方の住所も福岡県福岡市南区・・その先はアパート住まいと一軒家の住所と住まいに食い違いはあれど、高島 悠輔(出品者)と高嶋 美智子(落札者) 同じ高島で嶋違い? もう調べる必要がないくらいなぜ執拗にクレーム返金を要求してきたのか?しかも私のクレーム内容でのやり取りした同じ内容をその転売者が私(落札者として)に教授してきました、さらにそのクレーム内容はもともとゲーム会社が組み込まれたバグであり、私のデータでなくメーカー側が認めているバグ内容であったのです、私は怒りに震え感情的な文面ですがその私の商品落札者に転売行為の内容を伝えました、結果人違いでしょうと案の定の回答、さらに税務署へ私の情報を伝えるなどの暴挙(証拠はないですが確信犯だと思います)個人情報をここまで乱用され、転売、商品内容の引用、難癖つけた強制返金要求、そもそもの争点がバグがあるかどうかであってそれが見受けられない、他購入者様からそのようなバグがない、以上の点でやり取りしているのに、その方から法律事務所から内容証明を作成された書類が一昨日到着、内容は10日以内の返金要求、督促でした、その費用は約3万であり、販売価格19900円を大幅にこえた要求になりました、ここまで長文となりましたが読んでいただけたなら幸いです、私が出品者側の立場としてどこまでこの不条理な落札者・転売行為にたいしての損害請求が可能かご教授頂ければ幸いです。
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  supertonton 返答済み 2 年 前.
初めまして、民事法務手続専門の行政書士のSUPERTONTONでございます。
それは大変お悩みのことと思います。
ご心痛お察し申し上げます。
お話から、ゲームソフトのセーブデータをオリジナルで作られたのであれば
著作権がありますから、相手の方は、著作権侵害とも言えるでしょう。
著作権侵害に対する不法行為における損害賠償請求は可能と言えます。
お話からは、相手方は当初からそのような行動を取るつもりであったように思えますから
最初の取引が詐欺的なものかもしれません。
内容証明自体には、法的な拘束力が無いので、セーブデータだけ取られて
商品の代金は返金せよと言うのは、虫の良い話です。
著作権侵害、不正競争防止法違反、詐欺罪等で、刑事告訴してみると言うのはあります。
ご相談者様も内容証明でこれらの要求をされると良いでしょう。
基本的に、地域が離れているので、裁判等を行うのはリスクがあると言えます。
内容証明の作成は、民事法務手続専門の行政書士や弁護士の先生にご依頼されれば
相手側に本気度が伝わりなめられずに済むでしょう。
頑張って下さい。
質問者: 返答済み 2 年 前.

お返事頂きありがとうございます、お返事の中でいくつか質問がございます。

内容証明自体には、法的な拘束力が無いとのことですが

今現在相手方の攻撃(内容証明を送り付け、10月24日以内に返金しなければ福岡県の簡易裁判に出頭頂く)といった通知がきてます。

これは無視しても問題ないでしょうか?(その後相手がどう動くか次第でしが・・)

むしろ私が被害者であるのに、相手の味方になる法律事務所(サイト上で確認した限りネットオークションの内容証明送付など安い値段で簡単にこういった行為を後押しするだけの事務所にみえましたが)がどこまで私に要求してくるのか不透明で少し不安です。

また私と転売者とで解決が困難、相手方が裁判覚悟?で本気でくる場合、私が勝利するのに、その購入者と転売者をイコールにする決定的証拠が必要です、裏づけとしては電話相談でより詳しくお伝えできますが、文章では割愛している部分もあります、今の状況では99%であって100%購入者が転売者であるか証拠がありません、最終的に戸籍調査まで手をのばせば(私が本気でお金を払い立ち向かう)住所が多少違えど、親族関係からわかること、購入者は妻を窓口にしたり、ときおり夫が対応したりと誰が窓口かわかりませんがとりあえず2人で私に対応してきています、購入目的が子供へのプレゼントといいながらやけに大人がそのゲーム内容に詳しくつっこんできている地点で怪しいと思いましたが・・自作自演の一人行為とは思えないのです、住所が2つ(購入側)(転売での販売側)あるため、その因果関係を結ぶ証拠が必要になるのではないでしょうか?

すでにこの質問を頂くことで4000円計上し、このまま追及するのに発生する費用がいくらかかり、結果得するのかどうか、気持ちの上でやられたらやり返す、ドラマのセリフじゃないですが喧嘩は向こうからしかけてきましたが、税務署へ報告するなど嫌がらせ行為がこのまま続くかもしれない、叩きのめした分報復があるような気もします、それほど今回のやからは根が腐っている気がします、ただやるなら賠償請求なりとことんやるつもりです、万が一転売者と購入者が調査で因果関係がわかり、例で夫婦、親戚関係であったことがわかっても、それはたまたま他の知人が購入したもので私達はしならないこと、そういわれたら何をもって相手を攻めたて、そして賠償請求ができるのか?必要な情報をどこまでつきつめたらいいのか?

まず私は相手に何をもって内容証明を送る文章内容、理由を述べ相手に送付すればいいのか?教えて頂けないでしょうか?

専門家:  supertonton 返答済み 2 年 前.
ご相談いただきまして誠にありがとうございます。
まず、裁判所で調停や訴訟を起こす場合は、訴える相手方の住所地の管轄の裁判所になります。
今回のケースでは、訴えると言うのは、相手方ですから、ご相談者様の住所地の裁判所になります。
合意管轄と言うのもありますが、その内容自体で、少し相手の主張はおかしいと言えます。
そう言う意味では無視でも構いませんが、何らかの反論などの対応は内容証明で
しておくのが良いでしょう。
住所地は、夫婦や親戚なら実家等でいくらでも分けることは可能です。
とは言え、額が少額ですから、調停や裁判にする意味合いがあるのかと言うのはあります。
好んで裁判沙汰にする人はいません。
内容証明で反論すれば解決する部分もあるように思えます。
正規の購入代金は返還するにしても転売等は禁止にするか、セーブデータを購入したとして
返金に応じないかですが、あまりこの手の相手に関わるのも時間と労力の無駄と言うのは
あります。
仮に探偵事務所を使って個人情報を集めるにしても何十万円とかかります。
どこかで和解した方が賢明かもしれません。
頑張って下さい。
質問者: 返答済み 2 年 前.

内容証明で反論すれば解決する部分もあるように思えます。

仮にですが内容証明を相手に送付する文言は、転売の疑いがある、そのため賠償請求をする、など『ほぼこの人』と疑わしき状態でそこまではっきりした文言を入れれるのでしょうか?

また、内容証明を作成するのに当事者である証明書(免許書の提出)など必要なのでしょうか?

なぜこの質問をするかというと購入者は高嶋という苗字で転売者は高島といった苗字で嶋と島、微妙に違うのです。転売する目的なら当然住所は購入者と販売者が一致しないよう工作しますが、身分証明もなく作成ができるのでしょうか?正直送付された内容証明も高嶋と記載があったため、この嶋が島になっていれば確信をつけたのですが・・

確かに裁判までやって賠償請求までする価値より、転売者は行為を認め謝罪と今後しない約束、迷惑料として購入額返金なし、ソフト返却、ここまでの対応を求めたいところですが、相手がどこまでしてくるかわかりません

ゲームのデータ販売事態法的に問題があるかもしれませんがそこは問題ないのでしょうか?

ゲームのコピーを販売したら即逮捕ですがセーブデータは誰しもが作れる個人所有のデータであること、セーブデータの数値を変換できるキットが市販されており、そのキット使用しオリジナルのデータを商品として販売している行為、これ自体に問題はないでしょうか?

また商品画像としてゲームの画面を商品画像に使用したりする行為は

問題ないでしょうか?

質問が続きすみません、この問題をクリアにしないとこのやから必ずメーカーに訴えていきそうなので・・・

専門家:  supertonton 返答済み 2 年 前.
ご相談いただきまして誠にありがとうございます。
内容証明自体は、相手の証明等は必要ありません。
内容証明で送って来た相手や住所に反論を送れば良いでしょう。
疑わしい事実をそのまま述べて、今後、法的に対処する意向もあると
告げれば良いでしょう。下手に明確な証拠が無いのに犯人と決め付けるのは法の主旨でも
ありません。
あくまで疑いがあることを匂わせて、相手に譲歩をさせる流れです。
ゲームソフトに関しては、中古等での販売が判例でも問題ないとされているので
そのことで、メーカー側にとやかく言われることは無いでしょう。
ご心配であれば、このサイトのカテゴリーで著作権等の専門家もいると思いますので
そちらにご質問されてみて下さい。
現時点では、内容証明での反論をまずはされてみることです。
本来は、専門家に作成をご依頼した方が良いでしょうが、費用対効果の問題も
ありますので、ご自分で出されても良いでしょう。
頑張って下さい。
質問者: 返答済み 2 年 前.

裁判所で調停や訴訟を起こす場合は、訴える相手方の住所地の管轄の裁判所になります。
今回のケースでは、訴えると言うのは、相手方ですから、ご相談者様の住所地の裁判所になります。
合意管轄と言うのもありますが、その内容自体で、少し相手の主張はおかしいと言えます。
そう言う意味では無視でも構いませんが、何らかの反論などの対応は内容証明で
しておくのが良いでしょう。

その後相手方にオークション上でのメッセージを利用して連絡とこちらの主張を述べましたが一切返信なしです。

意図的な無視かわかりませんが・・・ただ裁判になったときこれは相手方は不利な状況になると思いますがこういったメッセージ履歴も裁判で重要の証拠になるのでしょうか?

相手方の内容証明では法的拘束がないのでこのままでは無視する形になります、相手方が連絡上無視なわけでこれでは私も内容証明の内容にかかれている3万返金要求に応じない、つまり無視になります。

そこで相手が今後、一番揉めるやり方としたらどういった手段で通常行われるのでしょうか?少なからず内容証明は法律事務所を通してます。

私が無視したうえでその法律事務所を通じ、なんらかの対応をしてくると思いますが、無視した私を拘束するには

、裁判所で調停や訴訟を起こす場合は、訴える相手方の住所地の管轄の裁判所になります

つまりこの流れにそうのであれば、どこからどのように私に裁判所へ来てくださいといった通知がくるのでしょうか?

仮にそのような通知が来てしまったらそれ事体は無視できないような気がします・・・法的な拘束がとられてしまうのでしょうか?

専門家:  supertonton 返答済み 2 年 前.
ご心配はわかりますが、仮の話や、最悪な場合のことが多すぎるようです。
最終的にこのレベルで裁判までいくことはありません。
まず、その前に内容証明で反論の通知をすべきでしょう。
その後の相手の対応でまた考えることになります。
いずれにしても、ご相談者様の住所地の裁判所で裁判を行う場合
相手方が、自分が来るとしても交通費と宿泊費、その間の経済的損失
更に弁護士の先生に代理交渉してもらうなら何十万とかかります。
そこまですることはあり得ません。
また、法律事務所が弁護士事務所かどうかにもよりますが
弁護士事務所なら、弁護士の先生が代理交渉をすることになるので
そちらに連絡をするよう普通は言ってきます。
そのような要求もないのであれば、単に内容証明を出しただけと言うことで
ご相談者様が譲歩すると予測してでのことでしょう。
きちんと内容証明で反論すれば、示談の道は開けます。
相手も裁判沙汰まで大げさなことはしないでしょう。
公になれば、今回の相手方の詐欺まがいの犯罪も明るみに出る可能性があるからです。
メール等ではなく、内容証明でまずは反論されて下さい。
頑張って下さい。
supertontonをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 2 年 前.

ご説明下さりありがとうございます、だいぶ気持ちの上で安心できるところもでてきました、もう少しだけお手数ですがお付き合いください、相手が送り付けた内容証明ですが、行政書士スカイ法律事務所 さんといったところの行政書士さんが代理で書面作成を行っております、その方が代理作成とはいえ私に対して『福岡県の簡易裁判へ出廷頂くこととなり交通費など膨大な費用を要する場合がある』とまでかかれておりました

裁判所で調停や訴訟を起こす場合は、訴える相手方の住所地の管轄の裁判所になります。
今回のケースでは、訴えると言うのは、相手方ですから、ご相談者様の住所地の裁判所になります

正直どちらの意見がだたしいか解釈に困ってます。

冒頭の書面からいくと相手側が私に対してこのような対応を要求している=私の地域へ相手方が出向く形となるという流れの中、書面の内容がおかしい?むしろ行政書士がどういった経緯でこの文言(福岡県まで来くるはめになる)をいれたのか理解できません。

再度確認ですが、間違いなくこの流れで訴訟された場合、相手が私の地域に出向いて裁判(確かに2万の回収、転売行為発覚のおそれあり)のために何万もだすはずがないと思いますし、その場合相手も弁護士・司法書士を雇い出向く?相当な費用だと思いますので、結論は書面送付で終わるのではと予想してます。

確認したいまとめは

行政書士スカイ法律事務所 さんの行政書士さんは本当にこのような訴訟の流れを理解したうえでこの書面作成にかかわっているのか?

つまり今までご教授頂いた裁判を起こすまでの流れを考えるとなぜ福岡県に出向くよう私に伝えてきたのか?

経験上でしか判断できないと思いますが、相手方の対応が本当に正しい行為なのでしょうか?

また内容証明には商品説明にはない、バグが数点確認され、2点説明と食い違いがある、そのため欠陥品として民法第570条の規定に基づき契約解除が可能との文言があります。

バグが一番重要ですが双方で私は相手が伝えるバグがない、2点説明と食い違いは対応ミスが発覚したため修正し商品説明どおりの状態に直して発送可能、商品状態に異常が認められないので返送すると伝えたのに、私に対してバグを確認しているのに嘘をいっているとまで言われて、相手が受け取ってくれない、そのため証拠を見せろといわれておりました、その最中転売行為が発覚し、この落札者であると断定して決裂した話になってきたのですが、この流れの中で私は本当に返金要求されるまでの行為を相手にしているのでしょうか?

100%対応に間違いない、相手が不条理極まりない悪意のある行為ではないでしょうか?

内容証明送付などすべき行為はご教授頂いた通り対応する所存であり

相手にもその旨最後の連絡、示談の交渉連絡を入れましたがいまだ音信不通です。

専門家:  supertonton 返答済み 2 年 前.
ご相談いただきまして誠にありがとうございます。
裁判所管轄に関しては原則をお話しました。原則があれば当然、例外もございます。
債権者側の住所地の管轄を選択できる場合もございます。
その場合も、債務者に著しく不利等がある場合は、別の場所に移送もあり得ます。
仮に、相手方が、福岡の簡易裁判所等に申立てた場合、ご相談者様に連絡が来るので
そこでご相談されると先方も対応してくれる場合もございます。
それと、相手側の主張として、不良品を送られた場合、債務不履行での契約の解除と損害賠償請求と
言うのはあります。
それに対しては、転売のことで対抗するで良いと思います。
そこは、やはり内容証明で回答をしておくべきでしょう。
そこからの対応になってきます。
相手の福岡の行政書士の先生に関しては、地方では、弁護士の先生も少なく
行政書士がその手の相談やアドバイスをすると言うのは良くあるようです。
新潟でもその手のことはあるのではないでしょうか。
これまでのお話からも、やはり相当、相手は悪質なお客様かもしれません。
裁判で時間と労力を使うよりも、場合によっては示談で早目に済ませた方が良いかもしれません。
今後の取り組みとしては、契約書を作成して転売の禁止や
争う場合の、裁判管轄を指定する(専属的合意管轄裁判所)などの対策をされた方が
良いでしょう。
まずは、内容証明で反論されてみて下さい。
頑張って下さい。

法律 についての関連する質問