JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
tkomに今すぐ質問する
tkom
tkom, 司法書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 89
経験:  千葉大学卒
79000620
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
tkomがオンラインで質問受付中

私は、佐藤 晋 と申します。 この度は、突然のお便りを致しまして、誠に恐縮で申し訳なく存じます。 相談事は

質問者の質問

私は、佐藤 晋 と申します。
この度は、突然のお便りを致しまして、誠に恐縮で申し訳なく存じます。
相談事は、長女が長いこと‘うつ病’をわずらっており、治療に専念していたのですが、昨年の8月末に、居住していたアパート(賃料:34,000円/月)で、病気を苦に、自ら‘命’を絶ってしまいました。
その後、アパート引き払いに際し、不動産会社の言うとおりに、部屋の修繕(襖、壁塗り替え等)などを全部済ませ、昨年の10月末で退去したところであります。その後、先方からは何の連絡もなく、今日まで1年が過ぎ去ったところですが、この度、突如として10月14日付けの内容証明郵便物にて弁護士を介し、‘損害賠償・100万円’の支払い請求を受け、びっくりしたところであります。2週間以内の振り込み通知となっており、急な事でもありどのように対応していいのかわからず?途方に暮れております。何かアドバイスを頂ければ幸いに存じます。宜しくお願いいたします。
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  tkom 返答済み 2 年 前.
tkom :

先方というのは不動産会社でしょうか?まずは、相手方の弁護士に損害賠償100万円の詳細(金額の内訳、根拠)を確認しましょう。放置するのは一番まずいです。損害賠償として考えられるのは、部屋の修繕は済みということなので家賃の賠償です。自殺物件については、貸主は新たに入居する借主に対して告知義務があります。そうすると一般的に賃料が自殺前に比べ安くなったり、なかなか入居者が見つからなかったりします。本来得られていた家賃が得られなくなったことによる損失を請求される可能性はあります。とにかく相手方の言いなりになる必要はありませんし、支払期限(とりあえず2週間くらいにするのが一般的です)もあまり厳密に考えなくともよいかと思われます。期限を過ぎたからといって直ちに何かされるわけではありません。ご自分で相手方弁護士と交渉することも可能ですが、相手方に弁護士がついてますし、弁護士もしくは司法書士に依頼したほうがいいです。法テラス(日本司法支援センター)という国の機関で無料法律相談や弁護士、司法書士費用の立替(資力要件有り、月5000~10000円で分割払い)という制度もあります。とにかく相手の主張をよく確認しましょう。

法律 についての関連する質問