JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
supertontonに今すぐ質問する
supertonton
supertonton, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 4759
経験:  中央大学卒平成14年行政書士登録離婚・相続等の法務手続の専門家
61894004
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
supertontonがオンラインで質問受付中

個人間におけるLINEトーク内容をFacebook・Twitterに一般公開設定で無断で投稿されました。また、そ

解決済みの質問:

個人間におけるLINEトーク内容をFacebook・Twitterに一般公開設定で無断で投稿されました。
また、その記事内の文章も、私の許可無く、相手都合により省略されたかたちで、LINEトーク内容の文章を掲載されています。
上記の状況を確認した後、個人間のLINEトークにて、一般公開で私の許可無く掲載することをやめて欲しい、といった内容の要請をしたにも関わらず、引き続き現在もなお、上記の内容を一般公開のまま掲載されています。
素人ながら、これは違法行為なのでは?と思い、LINEトーク内容と、Facebook上の投稿の記事内容などは、時系列を明確化させるために、既に全文、原文の状態でプリントアウト済みです。
法的にどのような対応が考えられるか、ご教授頂ければ幸いです。
何卒よろしくお願い致します。
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  supertonton 返答済み 2 年 前.
初めまして、民事法務手続専門の行政書士のSUPERTONTONでございます。
それは、大変お悩みのことと思います。
ご心痛お察し申し上げます。
お話から、LINEのトーク内容にもよると思いますが
プライバシーの侵害にあたると言えます。
個人情報保護法は、個人間では難しいと思いますが、公開した方が法人としてなら問題と言えます。
プライバシーの侵害も、明確な規制は無く、損害が発生した場合に損害賠償請求が可能です。
プライバシーの侵害での問題は、名誉棄損罪が有り得ます。
例えば、会話の中で、公然と不特定多数に対して事実を指摘してご相談者様を誹謗中傷して
社会的信用を棄損する場合です。
その場合、その会話がご相談者様を特定できているかです。
名誉棄損罪は、親告罪で6か月以内に刑事告訴をします。
それが大袈裟な対応と言うのであれば、民事の不法行為による損害賠償(慰謝料)請求も
可能です。この場合は、民事の名誉毀損になります。
ただ、その相手の方の公開の意図が良くわかりませんが、ご相談者様に何らかの
迷惑が掛かっているのであれば、やはり損害賠償請求になります。
それと、会話の内容にもよりますが、著作権侵害と言うこともあり得るかもしれません。
いずれにしろ、相手が特定(氏名・住所)できるのであれば
まずは、内容証明で、警告や損害賠償請求等をされた方が良いでしょう。
その場合、民事法務専門の行政書士や弁護士の先生にご依頼されると
相手に本気度が伝わりなめられずに済むでしょう。
頑張って下さい。
supertontonをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問