JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
t-lawyerに今すぐ質問する
t-lawyer
t-lawyer, 弁護士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 582
経験:  東京大学卒業
78091396
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
t-lawyerがオンラインで質問受付中

私は23歳で今年の6月27日にに15歳の女性と夜に遊んでいたところ警察に声をかけられ、警察署で取り調べを受けました。

解決済みの質問:

私は23歳で今年の6月27日にに15歳の女性と夜に遊んでいたところ警察に声をかけられ、警察署で取り調べを受けました。 ちなみに警察に声をかけられたのが11時頃でしたので青少年保護育成条例違反だそうです。 6月27日に取り調べ受けてから特に何も連絡がなかったのですが本日警察の方から連絡がありまして私の生活やこれまでの経緯や捕まった状況をさらに詳しく聞かれました。今後私はどうなるのでしょうか?
ちなみに性行為やそれに関することは今まで一切していないしそれも警察に喋っています。
女性の親にはその日遊ぶことを女性の方からは話していましたが私からは話していませんでした。でも親には一度挨拶に行っており私たちが遊ぶことを許可しておりいつもはだいたい10時~10時半には帰宅しています。
その女性と8月末から交際しています。
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  t-lawyer 返答済み 3 年 前.
弁護士のt-lawyerです。
回答いたします。
まず,青森県青少年健全育成条例24条2項は,以下のように規定しています。
「何人も、保護者の委託を受け、又は同意を得た場合その他正当な理由がある場合を除き、深夜に青少年を連れ出し、同伴し、又はとどめてはならない。」
「深夜」とは,条例で,「午後十一時から翌日の日の出の時までをいう」とされています。
質問者様は,この24条2項に違反したとして取調べを受けていると思います。
そして,同条例30条4項は次のように規定しています。
「次の各号のいずれかに該当する者は、十万円以下の罰金又は科料に処する。
第二十四条第二項の規定に違反した者」
つまり,24条2項違反は,10万円以下の罰金になる可能性があるということです。
まとめます。
24条2項に規定されているように,保護者の同意があれば,11時以降に連れ歩いていても条例違反にはなりません。
そのため,質問者様としては,保護者の同意があったことを主張していく必要があります。
ただ,質問者様の交際は,女性の親公認であったことから,条例違反には当たらない可能性が高いです。
そのため,裁判にかけられるようなことはないと思います。
2回取調べを受けていることから,1回呼ばれるか呼ばれないかだと思います。
当然ですが,逮捕などはありません。
不起訴といって,何も処分はされないという結論になると思います。
ご参考になれば幸いです。
よろしくお願いいたします。
t-lawyerをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問