JustAnswer のしくみ:

  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。

t-lawyerに今すぐ質問する

t-lawyer
t-lawyer, 弁護士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 582
経験:  東京大学卒業
78091396
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
t-lawyerがオンラインで質問受付中

離婚問題で質問させていただきます。 私37歳で、妻34歳、結婚4年目で3歳になる娘が一人おります。 現在2ヶ

解決済みの質問:

離婚問題で質問させていただきます。
私37歳で、妻34歳、結婚4年目で3歳になる娘が一人おります。
現在2ヶ月半別居中です。
妻の別居理由といては私からの精神的DVということです。
仕事に行っている間に出て行き、どこに住んでいるのかも教えることなく今日まで至ります。
保育園も転園したようです。
妻は働いています。
出て行く際に家の貯金を70万引き出していきました。
メールでは連絡が出来ていますが、その行動にルール違反だと言っても「ここまでする私の気持ちがわかりますか」の一点張りです。
今も心療内科に通うほど精神的に追いつめられたということです。
ここまで見ると私がDVによる加害者で、被害者の妻が出て行ったのは仕方ないし居所を知られる怖さ…という意見しか無いと思います。
私が相談したいのは、あまりにも思い込みが激しく、人の気持ちや権限を尊重することなく人格までも無視したこういった妻の行動です。
子供が産まれてから、意見の食い違いや考え方の違い、生まれ育った地域や環境による違いが上手く噛み合ず、私は不機嫌な態度ばかりの妻の不満を解消するためにいろいろやってきたつもりです。
そうさせた私が悪いと思いますが、聞いても「不満は無い」ばかりです。
話しをしようよと言っても話しをする時間すら作ってくれません。
そういう態度にこちらが怒ることも増えて、おかしいこともおかしいと指摘するようになりました。
とにかく誰だって怒るよってことばかりで、怒ると妻のプライドを傷つけるのかどんどん悪い方向に行ってしまいました。
そして何が原因かもわからず精神的にも追いつめられ、嫌味や皮肉、こちらの優しさも一切受け入れず、仕事に支障が出るほど精神的にまいってしまいました。
今思えば私の方がモラハラを受けていた状態です。
最終的に会社の経営不振による身の振り方を相談したところ、心配なのはお金だけという言葉で糸が切れてしまいました。
子供にも怒ることが増え、自分でも怒らなくていいところでまで感情的になってしまいました。
心療内科にも通い、適応障害と診断され、鬱チェックでは中度の鬱に入っていました。
そして私が仕事に出ている間に妻が子供を連れて出て行きました。
現在、妻も子供もどこにいるかわかりました。
妻の昔使っていたパソコンを開いたら同期したメールが見れたからです。
生活道具を配達させているのでそれで住所はわかりました。
そして法テラスに離婚したらという方向で相談していることもわかりました。
心療内科に出すものとして夫のおかしいと思ったところみたいな下書きも見つかりました。
内容は酷いものでした。
憎しみのこもった内容で、悪意しか感じません。
(全て証拠としてコピーしてあります)
最初に嫌だと思ったことをきっかけに軽蔑の眼差しで見ていたことがよくわかります。
書いてあることは実際にあったことばかりですが、妻の勝手な思い違い解釈、話しを盛った内容、嘘まで書かれています。
ずっと家族を上手くやっていこうという気持ちが無く生活していたことがわかりました。
そして、家族として生活していた人のことをこんなに憎むことができるのか不思議です。
今回の別居という行動も自分勝手にやり過ぎですし、何もかもが自分中心で、こちらの気持ちは一切無視され、子供とも無理矢理引き離され、結局は離婚に持ち込もうとしてる姿がありありと見えます。
こちらも離婚の意思は固いです。
お聞きしたいのは、こういった経緯があっても妻自身がDVを受けたと出て行った場合、そちらの主張の方が通ってしまうのでしょうか?
私に何か戦う手立てがあるのでしょうか?
親権を争う気はありません。
子供には母親が必要だと思うのですが、この妻に子供を今後任せて大丈夫なのかという判断で親権がこちらにくる場合はもちろん引き受けます。
そういった今後の子供のためにも、離婚するにしても、何か妻が間違っていたとわからせるようなやり方があるのかお聞きしたいです。
例えば慰謝料とか解決金を妻の両親に請求するなど。
自分勝手でわがままな性格がここまでになったんだということをわからせるには言葉では絶対無理なので正当に請求できる金額の発生が一番効果があるかと思ってますが、こういうことができるのでしょうか?それともそういった請求は不可能ということになるのでしょうか?
今は妻が精神的に落ち着くまでということで引き延ばされてますが、その間にも慰謝料の請求やお金に関わることを調べる時間にしている気がしてます。
向こうが準備を整えて慰謝料などの請求までされる前にこちらから動こうと思いいろいろと質問させていただきました。
経緯に関しての情報が少なくて申し訳ありませんが、よろしくお願いいたします。
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  t-lawyer 返答済み 2 年 前.
弁護士のt-lawyerです。
回答いたします。
お話を聞いていて,質問者様こそ弁護士をつけて争った方がよいと感じました。
というのも,奥様は弁護士を通じて,離婚のための協議を申し入れてくると思います。
協議ですので,話がまとまらなければ,相手は調停を申し立ててきます。
その時に,第三者である裁判所の調停委員は,女性ということもあり,相手方に一方的な味方をする可能性があります。
・そもそもDVではない
・こちらにも被害がある
・DVと言われるようなことをしてしまったのはむしろ相手の言動がきっかけだ
というようなことを的確に主張し,裁判所にもわかってもらうには,こちらも弁護士を付けて主張する必要があると考えるからです。
さて,奥様が間違っていたことをわからせるやり方です。
解決金を妻の両親に請求することは法的根拠がないのでやめた方がいいと思いますが,奥様に対して慰謝料を請求することは可能だと思います。
質問者様も適応障害になってしまったのですから。
相手が動く前にこちらから動くなら,離婚と慰謝料を求めて,弁護士を通じて内容証明郵便を送ることがまず最初の段階だと思います。
住所がせっかくわかっているので,引っ越してしまう前に早めに動くというのはありかもしれません。
ご参考になれば幸いです。
よろしくお願いいたします。
t-lawyer, 弁護士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 582
経験: 東京大学卒業
t-lawyerをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 2 年 前.

t-lawyerさま

ご返答ありがとうございました。

大変参考になりました。

回答をいただき更に質問したいことがあります。

妻の住んでるところはわかっておりますが、現在妻がどう考えてどういう行動に出るかメールの情報が無ければ全くわかりません。

ですので、妻が動く前に私がと書きましたが、さすがに妻に慰謝料を請求するのは心が引けてしまいます。娘との生活を重視してです。

親に解決金という根拠もあったのですが全て書ききれなくて申し訳ありません。

妻の両親に間に入ってもらいたかったんですが、何度手紙を書こうと荷物を送ろうと受け取れない状況を作られたからです。

長野に別荘があるんですが、この件以降はそっちでほぼほぼ生活しており、かかわり合いたくないという姿勢です。

でもそれだけでは弱いですよね?

あとは別居を勧めた妻の診療内科医です。

私から子供を離した方がいいというアドバイスを受けて別居したと他のメールには書いてありました。

こういった内情も知らず、私はこういう人間だから離れた方がいいという判断をするのはまだ早いような気がします。

心療内科医はそこまで言える権限があるのでしょうか?

むしろその医者を訴えたい気分です。

少し時間を置いて考えたいと思ってますが、t-lawyerさまがおっしゃられるように、妻が弁護士を通じて協議を申し入れてきた場合、そこからt-lawyerさまの提案してくれた主張をしていっても遅くないでしょうか?

先に動いた方がやはり優位なのでしょうか?

質問ばかりですいません。

よろしくお願いいたします。

ユーザーの声:

 
 
 
  • 法律に詳しいかたにお世話になりたくても、緊急時にはなかなか連絡がとれません。丁寧でわかりやすく、こちらの心情を理解した上で、 客観的な意見をしっかりした理由も合わせて 説明して下さり、不安の解消に繋がりました。 神奈川県 小野
< 前へ | 次へ >
  • 法律に詳しいかたにお世話になりたくても、緊急時にはなかなか連絡がとれません。丁寧でわかりやすく、こちらの心情を理解した上で、 客観的な意見をしっかりした理由も合わせて 説明して下さり、不安の解消に繋がりました。 神奈川県 小野
  • 自分の意向に添う回答がいただけたので、、安心して自分で答弁書を作成し、知人に紹介された司法書士に相談したところ、十分訴状に対抗できるとの判断をされました。それを参考に、細部を詰める点も有り、答弁書を確実なものとする為、最終的に司法書士に依頼しましたが、安価に受けてもらえることとなりました。 東京都 梅村
  • 法律などの専門家や弁護士が身近に居なかったわけではありませんが、事案発生が連休中や土休日、深夜早朝にかかるなど、次の行動に移る前に冷静な判断が必要な場合があり、また個人的なことでありますが、深刻化、長期化し、また経済的に家族にも迷惑をかけることで、結果として自身の公務に影響が及ぼすことを大変危惧いたしました。結果、このたびの利用となりまして、貴社より、迅速な回答をいただくことができました。事案発生後一両日のうちに、先方と連絡をとり、適宜支払い手続きへと話をすすめております。またこの経験を同業の者とも共有し、今後ネットを通じた活動へ生かせるように務めます。 山形県 青木
  • まずは親身になって回答をして頂ける専門家であったこと。説明が簡潔でわかりやすく、質問者が気持ちの整理をしやすい配慮が伺えた。 岐阜県 石川
  • 短時間で的確なアドバイスを受けることができ、かつ、回答に対する質問に対しても直ちに真摯な回答が得られました。 大阪府高槻市 川嶋
  • 専門知識のある経験豊富な方に出会う機会のない人でも、このサイトで実現出来ることは素晴らしいことだと思いました。 専門家が辛抱強く回答をしてくださる姿勢にも感謝いたしました。 茨城県日立市 池田
 
 
 

専門家の紹介:

 
 
 
  • supertonton

    supertonton

    行政書士

    満足した利用者:

    3395
    中央大学卒平成14年行政書士登録離婚・相続等の法務手続の専門家
  • http://ww2.justanswer.jp/uploads/SU/supertonton/2011-9-7_64453_nakano.64x64.jpg supertonton さんのアバター

    supertonton

    行政書士

    満足した利用者:

    3395
    中央大学卒平成14年行政書士登録離婚・相続等の法務手続の専門家
  • http://ww2.justanswer.jp/uploads/HO/houmujp/2014-1-5_72819_00.64x64.jpg houmu さんのアバター

    houmu

    行政書士

    満足した利用者:

    444
    行政書士 知的財産修士 2級FP技能士
  • http://ww2.justanswer.jp/uploads/RI/rikonnsouzoku/2012-4-28_141443_066960x1280.64x64.jpg rikonnsouzoku さんのアバター

    rikonnsouzoku

    行政書士

    満足した利用者:

    181
    弁護士事務所事務員行政書士事務所所長
  • http://ww2.justanswer.jp/uploads/SR/srlee7208/2012-9-19_13750_IMG9317.64x64.JPG srlee さんのアバター

    srlee

    社会保険労務士

    満足した利用者:

    43
    早稲田大学卒業。1999年社労士事務所開業。
  • http://ww2.justanswer.jp/uploads/EO/eokuyama/2011-11-8_163713_BioPic3.64x64.jpg eokuyama さんのアバター

    eokuyama

    弁護士

    満足した利用者:

    27
    University of New Hampshire Law School, University of Arizona, Keio University.Law Offices of Eiji Okuyama.
  • http://ww2.justanswer.jp/uploads/HA/hakase425/2011-8-16_9381_P1010445.64x64.JPG hakase425 さんのアバター

    hakase425

    弁理士

    満足した利用者:

    0
    -
  • http://ww2.justanswer.jp/uploads/SH/shihoushoshikun/2013-7-1_22326_TshirtMale.64x64.jpg shihoushoshikun さんのアバター

    shihoushoshikun

    司法書士

    満足した利用者:

    1629
    東京司法書士会所属
 
 
 

法律 についての関連する質問