JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
t-lawyerに今すぐ質問する
t-lawyer
t-lawyer, 弁護士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 582
経験:  東京大学卒業
78091396
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
t-lawyerがオンラインで質問受付中

殺人未遂で訴えられた場合、後程、取り下げられた場合、罪状は傷害等に下がることがあるのでしょうか?

解決済みの質問:

殺人未遂で訴えられた場合、後程、取り下げられた場合、罪状は傷害等に下がることがあるのでしょうか?
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  t-lawyer 返答済み 2 年 前.
弁護士のt-lawyerです。
回答いたします。
もし殺人未遂の被害届が取り下げられた場合,被害者は加害者に対して処罰を求めていないということを意味します。
その場合,罪状が下がるのではなく,不起訴といって,裁判にかけないという判断がされる可能性が高くなります。
被害届が取り下げられず,かつ加害者に不利な証言が出てきた場合は,当然処罰するために起訴される可能性が高くなります。
しかし,起訴するかしないかを判断する検察官も,証言だけでは判断せず,客観的な証拠があるかどうかも検討しますので,虚偽の証言であれば,それは証拠から排除されます。
ご参考になれば幸いです。
よろしくお願いいたします。
t-lawyerをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問