JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
t-lawyerに今すぐ質問する
t-lawyer
t-lawyer, 弁護士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 582
経験:  東京大学卒業
78091396
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
t-lawyerがオンラインで質問受付中

今年の公立高校受験1週間前(平成26年2月27日)に同級生から授業中いたずら、嫌がらせを受け、それが原因で喧嘩となり

質問者の質問

今年の公立高校受験1週間前(平成26年2月27日)に同級生から授業中いたずら、嫌がらせを受け、それが原因で喧嘩となり、結果相手の同級生が、投げられたビニール傘の手のひらサイズの傘の骨を拾い、左頭部から左耳に向けて振りかざし、子供に3ヶ所の刺傷を負わされました。
メガネは変形し、左耳には1ヶ所縫うほどの深く大きな刺傷。発熱、頭痛、左耳突発性難聴その他の症状があり、病院で治療を受けました。
このことが原因で学校を休み、左耳がきこえずらいまま、身体的、精神的苦痛を持ったまま公立高校受験を受けました。このことも一因し、、志望校だった公立を不合格となりました。
どこまで、刺せば謝罪するのか。と思うと、子供がしたことと知らん顔をされ、誠意がない態度に恐怖を感じ同じ地区から同じ私学の高等学校に通うのが怖くて引越しまでしました。
治療に当たった医者たちは、子供の喧嘩のレベルを超えた行為と言われていました。
片腕不自由で無職となり、昨年から生活保護世帯となりました。子供には知らせていません。
こんな私たちは加害者の家族に損害賠償慰謝料を請求することはできますか?
どう考えても、同等の損害ではないと思います。
その後傷害事件として届け出をしました。 事件から半年経ちましたが変化はありません。
泣き寝入りするしかないのでしょうか。
先生方、お答えよろしくお願い致します。
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  t-lawyer 返答済み 2 年 前.
弁護士のt-lawyerです。
回答いたします。
泣き寝入りする必要はありません。
傷害は授業中起きたのですよね。
先生も目撃していたのでしょうか。
まずは,目撃者から話を聞いて,書面にまとめる必要があると思います。
その上で,警察に対し,傷害事件として届け出た件はどうなったのか問い合わせてください。
告訴状を出すつもりですといえば,警察も動くと思います。
次に,加害者に対しての損害賠償請求ですが,当然できます。
内容証明郵便を送っても音沙汰がないのでしたら,裁判を提起していいと思います。
裁判の提起と警察への告訴状の提出を合わせて,弁護士に依頼した方がいいと思います。
現在は,50万円以上の資産がない場合は,法テラスという国の機関の支援で,毎月1万円の支払で弁護士を頼むことができます。
まずは弁護士会の無料相談に行き,この法テラス案件としてやってほしいと話をしてみてください。
ご参考になれば幸いです。
よろしくお願いいたします。
質問者: 返答済み 2 年 前.

ご回答ありがとうございました。

既に、傷害事件(少年犯罪)で検察庁へ書類送検されてると連絡がありました。あとは家裁判決だと思います。

加害者側が、子供の喧嘩に親がでるのはおかしいということに対して異論があります。

損害賠償として妥当な金額いくらになるでしょうか。

こちらとしては、勝つ交渉がしたいのです。

治療費は行政に返還するつもりです。それとは別で、人の子供、他人を傷つけた代償を示したいと考えています。

私学入学金や引越し費用、諸経費、書類代や交通費(通院だけでも)の実費と精神的損害の慰謝料を請求して、この件にけじめをつけたいと考えております。

相手が誠意があって

請求に応じる気があるのか、付添人弁護士の返信だけでは解りかねる返事でした。

私どもの請求に無理はありますか?

ご意見願えると幸いです。

専門家:  t-lawyer 返答済み 2 年 前.
もう送検されているのですね。
それはよかったです。
子供のけんかの域を超えているのですから,親が出て当然です。
損害賠償としては,
・治療費全額
・通院交通費
・後遺症が残っている場合後遺症慰謝料
・高校受験に上手くいかなかった分も含めての慰謝料
といったところです。
私学入学金は,因果関係が完全にあるとはいいにくいので全額認められるのは厳しいとは思いますが,慰謝料のところで考慮されると思います。
質問者様の請求には何も無理はありません。
当然の請求ですし,裁判でも認められると思います。
付添人の弁護士はあくまで,少年事件の範囲での弁護人なので,損害賠償の件についてはあまり深くかかわらないとしてもしょうがないですね。
その場合,相手方本人に請求するまでです。
ご参考になれば幸いです。
よろしくお願いいたします。
t-lawyerをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 2 年 前.

ご回答ありがとうございました。

素人の範囲では知りえない答えがいただけて良かったです。

直接話しをすると、感情的になるそうです、明日にでも法テラスの方へ行ってみます。

なかなか事例もなく、頭を抱えておりました。

ご尽力感謝致します。

どのような形で話が進むか見当もつかぬところ、次回先生のお知恵を拝借させて頂きますこともあるか存じますが、その時はまた宜しくお願い致します。

本日は急な相談にお答え頂き、ありがとうございました。

専門家:  t-lawyer 返答済み 2 年 前.
評価していただき,ありがとうございます。
少しでも安心していただけてよかったです。
法テラス,ぜひ行ってみてください。
また何かありましたら,表題に(t-lawyerさんへ)と書いていただければ私が責任を持って回答させていただきます。
よろしくお願いします。

法律 についての関連する質問