JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
t-lawyerに今すぐ質問する
t-lawyer
t-lawyer, 弁護士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 582
経験:  東京大学卒業
78091396
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
t-lawyerがオンラインで質問受付中

夫と同じ職場(診療所)で働いています。 私は医療法人の理事長であり院長です。 夫はその診療所の事務長(医療の専門

解決済みの質問:

夫と同じ職場(診療所)で働いています。
私は医療法人の理事長であり院長です。
夫はその診療所の事務長(医療の専門資格はありません。)であり、同じビル内に自分の株式会社の社長(利益のほとんどは私の診療所からのものです。)でもあります。
診療所の方針で私の意見に納得がいかなかった夫(事務長)が、いきなりスタッフの目の前で暴力をふるってきました。
頭痛と恐怖で診療にも障害が出ています。
家庭でも子供たちや私に言葉や暴力によるDVがあります。
診療所内での暴力、傷害、業務妨害を理由に慰謝料請求と、二次的に離婚を優位にすすめる(財産分与)にはどうしたら良いでしょうか?
また、こう言った場合、障害事件、DVを専門としている弁護士か離婚を専門としている弁護士の先生どちらが良いのでしょうか?
長文になりましたが、早く解決したいため、的確なアドバイスをよろしくお願いします。
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  t-lawyer 返答済み 2 年 前.
弁護士のt-lawyerです。
回答いたします。
まず,財産分与は離婚原因や当事者の悪さにかかわらず,それまで夫婦で築いた財産を二分する制度ですので,優位に進めるという手法はありません。
慰謝料をたくさん取るという方向で考えます。
慰謝料をたくさん取るには,以下のことが大切です。
①夫の暴行の事実を詳細に記録に残す(目撃したスタッフに記憶がある間に書面にまとめてもらう)
②暴行によって生じた傷害結果を記録化する(診断書をもらう)
③それによって生じた売り上げの低下を証拠化する(もし診療時間の短縮などがあれば,それを記録で残しておいてください。)
最後に,依頼すべき弁護士ですが,DV専門と離婚専門はほとんど重なるのでどちらでもいいとは思います。
質問者様の話をよく聞いてくれる弁護士がいいと思います。
ご参考になれば幸いです。
よろしくお願いいたします。
t-lawyerをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問