JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
t-lawyerに今すぐ質問する
t-lawyer
t-lawyer, 弁護士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 582
経験:  東京大学卒業
78091396
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
t-lawyerがオンラインで質問受付中

友人とのトラブルで彼のタイヤに穴をあけ、7本のタイヤをパンクさせてしまいました。防犯カメラに写っており、友人

解決済みの質問:

友人とのトラブルで 彼のタイヤに穴をあけ、7本のタイヤをパンクさせてしまいました。 防犯カメラに写っており、友人が警察に被害届を出そうとしていたところを なんとか思い踏みとどまってもらい、示談となりました。 私はいくらの示談金を支払う必要がありますか。 ちなみに彼は2か月間車に乗れずでしたと言っておりました。

投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  t-lawyer 返答済み 3 年 前.
弁護士のt-lawyerです。
回答いたします。
示談金は、相手の損害額を支払えばいいです。
まずは、パンクさせたタイヤの代金です。
これは、新品ではなく、パンクさせたタイヤと同等のタイヤを買う場合の代金です。
次に、相手が車に乗れなかったことによる損害です。
具体的にタクシーやレンタカーに乗っていた場合はその代金になります。
しかし、いくら2ヶ月車に乗れなかったからといっても、2ヶ月分の代車代金を支払う必要はありません。
パンクしてすぐに修理やタイヤの交換に持って行ったとして、その車に乗れるようになるまでの期間です。
今回の場合、どんな長くても一週間でしょう。
それ以上乗れなかった期間については、相手方がすぐに修理や交換に持って行かなかったのが悪いのですから。
結論的にはそんな大きな額にはならないと思います。
ご参考になれば幸いです。
よろしくお願いいたします。
質問者: 返答済み 3 年 前.

早速の返答ありがとうございます。

もし警察に通報されると、私は刑事責任を負うことになり

その刑事責任を受けずに示談となっておりますが、

万が一彼が警察に通報した場合、私はどのような罪で

刑事責任を負うことになるのでしょうか。

専門家:  t-lawyer 返答済み 3 年 前.
タイヤをパンクさせたということで,刑法261条の器物損壊罪に当たります。
「他人の物を損壊し、又は傷害した者は、三年以下の懲役又は三十万円以下の罰金若しくは科料に処する。」
よろしくお願いします。
質問者: 返答済み 3 年 前.

専門的な返答まことにありがとうございます。

今回器物損壊罪をまのがれることができて

私の社会的立場が失墜することが回避できてます。

その回避できたことは、大変私の人生において

大切なことです。

相手は警察に通報しないことの報酬を求めておりますが

どのように対応すべきでしょうか。

地元の弁護士に相談するべきでしょうか。

またその際の相談料に関してもご教示いただけますでしょうか。

よろしくお願い申し上げます。

専門家:  t-lawyer 返答済み 3 年 前.
警察に通報しないことの報酬ですか。
それで報酬を要求するのは,脅迫に近いですね。
それに応じない方がよいです。
示談をするときに,示談書を作成すべきです。
その際に,「示談金以外に,●●と●●の間には,債権債務関係がないことを相互に確認する」
という条項を最後に入れてください。
そうすれば,示談が成立すれば,他に報酬などを払わなくてもいいですし,仮に相手が告訴したとしても,その示談書を警察に示せば,起訴されることはまずないと思います。
示談書の作成だけは,弁護士に依頼した方が安心かもしれません。
書面作成料として3万円くらいが一般的だと思います。
ご参考になれば幸いです。
よろしくお願いいたします。
t-lawyerをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問