JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
tkomに今すぐ質問する
tkom
tkom, 司法書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 89
経験:  千葉大学卒
79000620
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
tkomがオンラインで質問受付中

父の15年くらい抱えていた書籍やオーディオ、PCなど100点くらいを、無断で処分しました。 そして父の計算だと、 書籍やオーディオ、PC等の合計金額は120万円だ。

質問者の質問

父の15年くらい抱えていた書籍やオーディオ、PCなど100点くらいを、無断で処分しました。
そして父の計算だと、
書籍やオーディオ、PC等の合計金額は120万円だ。
そして慰謝料として50万〜120万支払って欲しい。
合計240万支払え。
といった感じでかなり怒ってしまいました。
不法投棄罪にあたるとのことは理解しているのですが、
1:勝手に捨てた品物(ほとんどが、手あかのついたかなり古い本、
現代に対応していないPC、オーディオカセット)
2:慰謝料
これはどれくらいが相場なのかを教えて頂いても宜しいでしょうか。
何卒宜しくお願い致します。
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  tkom 返答済み 2 年 前.
tkom :

まず、本件については、不法投棄罪ではなく、器物損壊罪に該当する可能性はあるかと思われます。不法投棄罪は本来ごみを捨ててはいけない場所(空き地、山など)に捨てた場合に適用される刑罰です。そこで、器物損壊罪ですが、家庭内のことですとおそらく警察が動くことはないでしょう。あと、相場についてですが、1:勝手に捨ててしまった品物については、買い取り業者などに現物を査定してもらわないと算出できません。お父様の主張されている120万円というのが正当な金額なのかは分かりません。似たような品物の売値などから推測するしかないでしょう。2:慰謝料については、精神的苦痛に対するものでしょうが、裁判でも認められないでしょう。もし金銭の支払義務があるとしたら捨ててしまった品物の損害賠償のみです。もし裁判になったとしても、お父様の側で金額を立証する必要があり、現物がない以上査定もできないので、品物の損害賠償額もごくわずかの金額しか認められないのではないでしょうか。

法律 についての関連する質問