JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
t-lawyerに今すぐ質問する
t-lawyer
t-lawyer, 弁護士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 582
経験:  東京大学卒業
78091396
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
t-lawyerがオンラインで質問受付中

①1,000部です。 ②増刷の最低が1,000部ということでしたので納得しました。 ③750部が採算ラインだとい

質問者の質問

①1,000部です。
②増刷の最低が1,000部ということでしたので納得しました。
③750部が採算ラインだというので、それに達しない部数を買い取る。すなわち、売れたのが300部の場合、450部を買い取る。
④750部を上限として、すべての売れ残りを買い取る。すなわち、300部売れた場合は、700部。100部売れた場合は、750部(上限)を買い取るということです。損失の補填のために買い取るという理屈と矛盾します。
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  t-lawyer 返答済み 3 年 前.
なるほど。
「売れ残った場合に買い取る」というのが,採算ラインまでなのか,増刷した分すべてなのかで争いがあるということですね。
争いになっているということは,明確にこれについて定めた書面はないということですよね。
そうであれば,増刷分についての分については錯誤無効(民法95条)の主張をすることはできます。
つまり,「買い取り分は採算ラインまでだと思っており,増刷した分すべてを買い取るということであれば,増刷にゴーサインを出していなかった」という主張です。
この主張を,相手に対して書面でする必要があります。
内容証明郵便がよいと思います。
ご参考になれば幸いです。
よろしくお願いします。
専門家:  t-lawyer 返答済み 3 年 前.
回答いたしましたので、納得いただけましたら評価していただけると幸いです。
よろしくお願いします。

法律 についての関連する質問