JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
t-lawyerに今すぐ質問する
t-lawyer
t-lawyer, 弁護士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 582
経験:  東京大学卒業
78091396
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
t-lawyerがオンラインで質問受付中

停車中の車に当方直進中にミラーが接触してしまいました加害者です。 何となく勢いで逃げてしまいましたが、大変後悔して

解決済みの質問:

停車中の車に当方直進中にミラーが接触してしまいました加害者です。
何となく勢いで逃げてしまいましたが、大変後悔しております。
800メートルほど進んだところで、追いかけられて停車しました。
その後すぐに警察を呼び、お互いの車のミラーが傷ついただけだったので物損処理として受理されました。
相手の方は当然ながら、逃げたことに相当激怒しており、何度も謝罪しましたが、警察の方にも悪質だと訴え続けておりました。
帰宅後、保険会社に連絡をして、暫くして相手の方と連絡が取れたとの報告を受けました。
その際、気分が悪く吐き気がすると訴えたそうです。
ミラーの接触程度でそのようなことが起こるのかは疑問ですが、こちらに非があるため、人身事故扱いになっても仕方がないとは思っております。
翌日、再度謝罪の連絡を入れましたが、取り合ってもらえませんでした。
このような場合、当て逃げ?ひき逃げ?扱いとなるのでしょうか??
またどのような罰則となるのでしょうか??
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  t-lawyer 返答済み 2 年 前.
弁護士のt-lawyerです。
回答いたします。
今回のことは当て逃げには当たりますね。
ただ、いくら相手が吐き気がすると言っても人身扱いには絶対になりません。
事故自体は物損だからです。
次に罰則ですが、刑事罰は1年以下の懲役又は10万円以下の罰金です。
また、行政処分として5点加算されます。
しかし、これらの処分は被害者との示談が成立すればまず科されないでしょう。
そのため、保険会社の方で、損失分を支払ってもらうことが大切となります。
ご参考になれば幸いです。
よろしくお願いします。
t-lawyerをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問