JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
shihoushoshikunに今すぐ質問する
shihoushoshikun
shihoushoshikun, 司法書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 2272
経験:  東京司法書士会所属
67942392
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
shihoushoshikunがオンラインで質問受付中

25年程前に、2000万でマンションを購入。その際に、父から1000万円の援助を受け、名義は父と夫で半分としました。

解決済みの質問:

25年程前に、2000万でマンションを購入。その際に、父から1000万円の援助を受け、名義は父と夫で半分としました。今回、離婚することとなり、夫がマンションを売りたいと言った場合、父が出した1000万円を払わなければ名義はやらない(売却には応じない)と言ったところ、夫は借用書もないし、借りた覚えもないと言います。確かに借用書もなく、ただ贈与でもないので、名義を半分にしました。この場合、法的には夫の言い分が正しいのでしょうか。時価評価額での支払いで、夫は父の名義も手に入れることができるのでしょうか。
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  shihoushoshikun 返答済み 3 年 前.
shihoushoshikun :

質問を投稿していただき、ありがとうございます。司法書士です。25年前に1000万円を援助してもらったからといって、現在になって1000万円を支払わせることはできません。名義が半分ずつということであれば、父親が出した1000万円は質問者様の夫に貸したものではなく、父親自身の財産になっているからです。マンションを売った場合、売却金額を夫と父親で半分ずつ分けることになります。例えばマンションの時価が1000万円だとしたら、500万円ずつ分けることになります。つまり、500万円を支払えば夫は父親の名義を取得することが可能です。

Customer:

回答をありがとうございます。夫がこの家に住み続けたいと言った場合、父が自分の名義分を渡すには1000万円払ってほしいというのも同じく、通らない話なのでしょうか。また、マンションを売却する場合、父が応じなければ、売却はできないということになりますか。

shihoushoshikun :

>夫がこの家に住み続けたいと言った場合、父が自分の名義分を渡すには1000万円払ってほしいというのも同じく、通らない話なのでしょうか

shihoushoshikun :

それは難しいです。マンションの財産価値として父親の持分に1000万円の価値はありません。あくまで財産価値でしか持分の売却はできません。

shihoushoshikun :

>マンションを売却する場合、父が応じなければ、売却はできないということになりますか。

shihoushoshikun :

売る、売らないは父親の自由です。つまり、売却を拒むこともできます。

shihoushoshikun :

しかし、売却を拒んだ場合、夫が「持分を買い取れ」と主張すれば夫の持分を買い取らなければならなくなります。

shihoushoshikun :

つまり、夫の名義を買い取るためにお金を支払わなければならなくなります。これは「共有物分割請求」といわれ、共有者に認められた権利なので拒むことはできません。

Customer:

わかりやすい回答をありがとうございます。財産分与として、夫の持ち分をわたしが

Customer:

もらう話もでておりますが、夫が色々と考えているので、心配になってご相談しました。ありがとうございました。

shihoushoshikun :

お役に立てて幸いです。回答が参考になりましたら、評価をお願いいたします。

shihoushoshikunをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問