JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
t-lawyerに今すぐ質問する
t-lawyer
t-lawyer, 弁護士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 582
経験:  東京大学卒業
78091396
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
t-lawyerがオンラインで質問受付中

著作権について イベントにおいて、あるグループが著作権を有する音楽を使いステージでダンスを踊ったり歌ったりし

解決済みの質問:

著作権について
イベントにおいて、あるグループが著作権を有する音楽を使いステージでダンスを踊ったり歌ったりした場合、出演料や主催者側がお客から入場料を取らない場合、JASRACに届け出は必要ですか?
またそのグループがイベント会場において自作グッズ(使用音楽、歌手などに無関係)を販売した場合、何も問題はありませんか?
出演料、入場料を取っていなくても、著作権を有する楽曲を使用して集客しているので、物販で収入を得ることは問題があるのかと思い、質問させていただきました。
また、出演料、入場料を取った場合はJASRACに申請は必要だと思いますが、その場合の物販も、同じく問題があるのかないのか、お教えいただきたいです。
よろしくお願いいたします!
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  t-lawyer 返答済み 2 年 前.
弁護士のt-lawyerです。
回答いたします。
著作権法38条1項は以下のように規定しており,これに当たる場合はJASRACへの届け出は不要です。
「公表された著作物は、営利を目的とせず、かつ、聴衆又は観衆から料金(いずれの名義をもつてするかを問わず、著作物の提供又は提示につき受ける対価をいう。以下この条において同じ。)を受けない場合には、公に上演し、演奏し、上映し、又は口述することができる。ただし、当該上演、演奏、上映又は口述について実演家又は口述を行う者に対し報酬が支払われる場合は、この限りでない。」
そのため,お客から入場料を取らない場合であっても,音楽を使用するダンスグループが自作グッズを販売する場合には,そのイベント自体,営利を目的としたものとしての性質を有します。
そのため,今回の場合も届け出は必要だと考えます。
ご参考になれば幸いです。
よろしくお願いいたします。
t-lawyerをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 2 年 前.

申し訳ありませんが、もう少しお教えください。

もし今回、JASRACに届け出をせず、イベントに出演し、物販を行って、物販によって出演者が利益を得た場合、主催者だけでなく出演者も処罰等の対象になりますか?

また、物販を行っていなくて、出演者が出演料ももらっていない場合、お客から入場料を徴収しているのにもかかわらず、主催者がJASRACに届け出をしていない場合、

出演者も処罰等の対象になりますか?

すみませんが、よろしくお願いいたします。

専門家:  t-lawyer 返答済み 2 年 前.
評価していただき,ありがとうございました。
物販によって出演者が利益を得た場合は,出演者も処罰の対象となります。
出演者が出演料を全くもらわず,物販販売も行っていない場合は,出演者は処罰の対象とはなりません。
主催者は処罰の対象となりますが。
結局,出演者が処罰の対象となるかどうかの判断基準は,その著作物を利用して何らかの利益を得たかどうかです。
よろしくお願いいたします。
t-lawyerをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 2 年 前.

大変参考になりました。

迅速丁寧なご回答、大変感謝いたします。

機会がありましたら、またよろしくお願いいたします。

ありがとうございました。

専門家:  t-lawyer 返答済み 2 年 前.
そのように言っていただけて光栄です。
はい,今後ともよろしくお願いいたします。
t-lawyerをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問