JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
t-lawyerに今すぐ質問する
t-lawyer
t-lawyer, 弁護士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 582
経験:  東京大学卒業
78091396
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
t-lawyerがオンラインで質問受付中

今年5月に発毛サロンにて発毛コース(15回・60万円)の契約をしました。 契約前に内容については教えて頂けないまま

解決済みの質問:

今年5月に発毛サロンにて発毛コース(15回・60万円)の契約をしました。
契約前に内容については教えて頂けないまま契約を迫られ、冷静に振り返り、家庭の事情や副作用の強い薬物を使用しないといけない為、契約の中途解約及び未施術分の返金を申し出ましたが、返金には応じてもらえず、契約書が見当たらないため、契約書の開示を求めましたが、これにも応じて貰えませんでした。
発毛サロンですが、皮膚の洗浄等も行う為、エステサービスのような特定商取引法での中途解約の対象になりますでしょうか?
また契約に際し、消費者に不利益になることを十分に伝えていない為、消費者契約法による契約の取り消しの対象になりますでしょうか?
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  t-lawyer 返答済み 3 年 前.
弁護士のt-lawyerです。
回答いたします。
まず,発毛サロンは,特定商取引法の「特定継続的役務提供」には該当しません。
「特定継続的役務提供」は,特定商取引に関する法律施行令において,エステティックサロン,語学教室,家庭教師,学習塾,パソコン教室,結婚相手紹介サービスの6種類が規定されています。
特に,エステティックサロンについては,「人の皮膚を清潔にし若しくは美化し、体型を整え、又は体重を減ずるための施術を行うこと。」
と定められていますが,これは立法の経緯から言っても,残念ながら発毛サロンは入りません。
そのため,クーリング・オフや中途解約はできません。
しかし,消費者契約法の適用はあります。
消費者契約法4条は,次のように規定しています。
「消費者は、事業者が消費者契約の締結について勧誘をするに際し、当該消費者に対して次の各号に掲げる行為をしたことにより当該各号に定める誤認をし、それによって当該消費者契約の申込み又はその承諾の意思表示をしたときは、これを取り消すことができる。
一  重要事項について事実と異なることを告げること。 当該告げられた内容が事実であるとの誤認
二  物品、権利、役務その他の当該消費者契約の目的となるものに関し、将来におけるその価額、将来において当該消費者が受け取るべき金額その他の将来における変動が不確実な事項につき断定的判断を提供すること。 当該提供された断定的判断の内容が確実であるとの誤認」
そのため,今回の場合,内容について詳しく教えていなかったり,絶対に生えるなどの説明があった場合は,その説明によって誤解した結果契約したといえるので,契約の取り消しをすることができます。
そして,その結果,少なくとも未施術分については全額返金を請求できると考えます。
今後の方針ですが,契約書の開示すら応じないのは悪質です。
地元の弁護士に相談し,まずは消費者契約法に基づく解約及び契約書の写しを送ることを求めて,内容証明郵便等で交渉するのがよろしいかと思います。
ご参考になれば幸いです。
よろしくお願いいたします。
t-lawyerをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問