JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
t-lawyerに今すぐ質問する
t-lawyer
t-lawyer, 弁護士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 582
経験:  東京大学卒業
78091396
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
t-lawyerがオンラインで質問受付中

看護師として、現在の病院勤務3年半になりますが、仙腸関節、股関節痛ありましたが、過去から痛みはたまに生じてましたが、

解決済みの質問:

看護師として、現在の病院勤務3年半になりますが、仙腸関節、股関節痛ありましたが、過去から痛みはたまに生じてましたが、有効な治療はなく、服薬でその場しのぎしてました。しかし、業務に耐えられず、欠勤方向が多くなり、勤務先の病院受診するよう命じられましたが、きちんとした診断つけられず、6月に休職命令受けました。しかし、職場への受診も出来ず、自宅で安静、家事等で復帰出来るようにしてましたが、7月復帰した際、ぶり返しもあり、欠勤の連絡、受診、内服変更してましたが、8/11部長室に呼ばれ「9/10迄に休職か退職か選べ」と。私、自身迷惑かけて申し訳ないが、働いて行きたいと告げました。半日でも良いから毎日出勤が条件。それが無理ならと言う事で、上記発言あり。半日でも、業務軽減はされてないため、通常通り働きましたが、翌日から痛みは増し、軽減するまで数日かかりました。薬の副作用で体重が8kg増えましたが、殆どが浮腫。に対し、痛いなら食べれないから、そんなに体重増えるのがおかしい。とバッシング。脊椎専門医の受診となりましたが、医師からは、貴女に効く薬はない。どんどん動き、趣味を持つ事、抗鬱剤が良い。処方はしないけど。との事で、慢性腰痛診断。8月は休職しました。毎日、欠勤の電話が受ける方も嫌だと上司からの発言で、診断書と共に、休職の形をとりました。セカンドオピニオンにて、仙腸関節炎の診断と、何でも無いわけないと。他院治療にて痛み、歩行も楽になってますが、復職に対し、貴女が休む事で、スタッフの志位が下がって迷惑かけてます。と。ならば、休職か退職と言ったならば、使い物にならないと言う事で、然るべき書類提出を言いましたが、お茶を濁す対応でした。解雇は出来ないにしろ、トップからの休職、退職命令に対して、休職は会社都合になりませんか?医師は職員には休職指示は余り出さないですし、休職届け等もないまま、上司へ受診結果と休職する旨と、診断書は書いて貰いました。パワハラ的扱い、診断がハッキリしないままの精神、肉体的苦痛。復職に際し努力する旨は、手紙で直属上司、看部長には提出しました。この場合、止む無く退職したくないので休職にしましたが、会社都合にあたりませんか?出る所出ても良いよう、全て記録してます。一部録音有り。精神的なダメージが正直あります。どのように対応すべきでしょうか?因みに、事務長等はその場は同席してません。人事は看護師は、部長が決めてます。因みに、イジメで何人も辞めたり、追い詰める病院です。モラルが無い感じです。退職も自己都合扱いにするのが見えてます。どうすれば良いでしょうか?
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  t-lawyer 返答済み 3 年 前.
弁護士のt-lawyerです。
回答いたします。
確認ですが,質問者様の体調は,業務に支障ないほど回復しているのでしょうか。
回復しているにもかかわらず,休職を命じているのならば,会社都合の休職,法律的には「就労拒否」に当たります。
一方,まだ回復していないのでしたら,会社の休職命令には理由があるので,会社都合の休職,つまり「就労拒否」には当たりません。
むしろ,私が問題と思ったのは,「休職か退職か選べ」と言って退職をほのめかしたことです。
これは自主退職を勧めたものなので,法律的には「退職勧奨」といいます。
退職勧奨はある程度は認められているのですが,1週間に3回も4回も行ったり,きつい口調で退職を迫るなどした場合は,違法な退職勧奨となり,慰謝料請求をすることができます。
今後の対応について結論をいいます。
現時点では残念ながら,違法とまでいえる対応はないと思います。
しかし,このまま体調の回復が遅れた場合,違法な退職勧奨が行われる可能性があります。
その時に,慰謝料請求できる可能性があり,手段としては,あっせんか労働審判が適切だと思います。
あっせん,労働審判についてはインターネットにも情報が載っています。
また,退職したくない場合は,絶対に自分から退職するとは言わないでください。
さらに,今後争いになったときに,就業規則の規定が大切となるので,今のうちに手に入れられるようなら,コピーするなどして手に入れておいてください。
ご参考になれば幸いです。
よろしくお願いいたします。
t-lawyerをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問