JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
tkomに今すぐ質問する
tkom
tkom, 司法書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 89
経験:  千葉大学卒
79000620
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
tkomがオンラインで質問受付中

元旦那が7年前ぐらいに発覚した 当時努めていた会社のお金を ギャンブルで6000万円横領しました。 現在まで何

解決済みの質問:

元旦那が7年前ぐらいに発覚した
当時努めていた会社のお金を
ギャンブルで6000万円横領しました。
現在まで何もアクションはありませんでしたが
和多志と離婚した後同棲していた方がいて
その方と今度の10月に別れることになり
その同棲している方は元勤めていた会社にいました。
同性解消の原因はその方が浮気し結婚をするため
最初はそのことを告げず同棲を解消したいと言って来ました。
男性が発覚しその方が元旦那に言って来たことが
今後追い込みかかると思うよと言うこと。
元旦那は同棲解消がどうのこうの思っている訳ではなく
この追い込みはどの程度のことなのかと言うことです。
なぜ私がご相談するかと言うと
10歳になる娘がいて
この件で元旦那が家の近所に引っ越しが決まり
とても喜んでいて、娘の心が痛んで欲しくない
それだけです。
私たちは再婚や恋愛の予定はありません。
どうぞよろしくお願い致します。
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  tkom 返答済み 3 年 前.
tkom :

いくつか確認させてください。①【現在まで何もアクションがありませんでした】とのことですが、横領した事実について会社は知らないといことですか?②発覚済みであればいつ発覚しましたか?6000万円については会社に返済することになっているのでしょうか?③横領について刑事罰を受けたということはありますか?④【今後追い込みがかかると思うよ】と言ったのは相談者様と離婚した後に元旦那が同棲していた方の結婚相手ですか?⑤元同棲相手も結婚相手も横領した会社に勤めていたのですか?

Customer:

1,会社は知っています。2、8年前です。3、刑事罰はありません。4、同棲相手です。5、同棲相手は努めています。結婚相手は関係のない別の会社です。

tkom :

【追い込み】という言葉が、会社が横領した6000万円を回収するアクションを取るということだとすると、民事上の問題になります。不当利得に基づく損害賠償請求として6000万円請求されることになります。刑事上の時効は横領から7年なので刑事罰を受けることはありませんが、不当利得の場合、消滅時効は、横領した時から10年です。会社がどこまで回収するためにしてくるかは分かりませんが、考えられるのは、①任意の話し合いで支払いの合意②合意できない場合は裁判上の手続(調停、訴訟)をした上で強制執行(不動産、銀行預金、給与等)です。8年前ということで時効も迫っているのでとりあえず裁判をして判決をとることで時効を中断させてくるでしょう。ただし、強制執行するにしても差し押さえる財産がなければできないので、現実的には少しづつでも継続して返済してもらうことを相手方の会社も選ぶのではないかと思います。借金して支払する義務はないので支払できる範囲内でということになります。もし、会社側が脅迫してきたり、過剰な取り立てをしてきた場合には違法行為なので逆に会社側が刑事罰を受けることになります。相談者様や娘さんに支払義務はもちろんありませんが、万が一元旦那が亡くなった場合には、娘さんに債務が相続されてしまうのでその際には相続放棄をした方がいいです。相談者様については相続人ではないです。

Customer:

相続放棄とはどの様なことをすることで、誰に相談すれば良いのでしょうか?

Customer:

給与の差し押さえとはどのくらい差し押さえられるのでしょうか??

Customer:

現在勤めている会社を9月一杯で退職し別の仕事を探している最中です。

Customer:

また、給与差し押さえに関して今努めている(9月で退職予定、新しい会社を探す状態)ですが、通知され解雇になる様な場合、そして仕事が決まらない等の場合はどうなるのでしょうか??

Customer:

就職の際に給与差し押さえを伝えなければならないと仕事が決まらないのではないかと心配しています。

tkom : 相続放棄は家庭裁判所に申し立てます。元旦那が亡くなってからでないとできない手続きです。手続きの仕方は家庭裁判所でも教えてくれます。9月いっぱいで退職するというのは元旦那ですよね?給与の差し押さえについては月給の4分の1までが限度です。1度差し押さえると退職するまで効果が続きます。実際に働いていないと給与の差し押さえはできませんし、就職する前に給与の差し押さえはできませんので伝える必要はないです。あくまで会社側が元旦那の勤務先を把握していないと給与の差し押さえは申し立てられません。
Customer:

最後にご質問します。給料の差し押さえ申し立てを会社側にされた場合、努めている会社側からの解雇の理由になるのでしょうか??単純に心配なのが仕事についてもついても解雇されてしまうと言うことがある可能性が心配です。9月一杯で退職するのは元旦那です。会社側が脅迫してきたり、過剰な取り立てをしてきたり嫌がらせをして来た場合に相談する方はどなたが適切でしょうか??今のところ一切の行動は相手側の会社からはありませんが、聞いただけですが、こう言った場合こちらから返済に対してのお話をしに行った方が良いのでしょうか??それとも動きを待っている方が良いのでしょうか??どうぞよろしくお願い致します。

tkom :

給料差し押さえは解雇の理由にはなりません。差し押さえを理由に解雇することはよほどのことがない限り認められません。会社が違法な取り立てをしてきた場合には、警察でもいいですし、弁護士司法書士など専門家でも構いませんから相談しましょう。返済については現実的にできない場合には会社のアクションを待っていた方が良いと思います。

tkomをはじめその他3 名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問