JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
houmuに今すぐ質問する
houmu
houmu, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 980
経験:  行政書士 知的財産修士 2級FP技能士
62663831
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
houmuがオンラインで質問受付中

学校教育における『著作権法』について

質問者の質問

学校が購入した、教材用フロッピーディスクに入っている音楽データを、 複数のUSBメモリにコピーすることは、著作権法に違反しますか?

※複製するUSBメモリは必要最小限度の量です。

※音楽の授業や、学校で行われる発表会の練習のために、複製することはやむを得ない状況です。

この件において、コピーすることが著作権者の利益を不当に害するのかどうかについても教えて頂ければ幸いです。

よろしくお願いします。

投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  houmu 返答済み 3 年 前.
購入された教材用フロッピーディスクというのが、教科書や問題集のように、
各生徒が1部ずつ購入することを想定して販売されているものであれば、
教育のための複製の適用除外である、不当に害する場合に該当すると
考えられます。

もし、そのようなものではなく、一般の書籍や音楽CDなどと同一視できるもの
であれば、一クラス程度(概ね50人程度)の部数を複製し、使用することは
許容範囲として考えられています。

参考:著作権法第35条ガイドライン
http://www.jasrac.or.jp/info/dl/gaide_35.pdf
質問者: 返答済み 3 年 前.
再投稿:回答の質.
質問者: 返答済み 3 年 前.
再投稿:回答が不完全.
専門家:  houmu 返答済み 3 年 前.
回答が不十分でしたら補足いたしますので、お知りになりたい点を、
具体的に教えてください。
質問者: 返答済み 3 年 前.

根拠条文をもとにした説明の方が納得できたと思います。


 


参考資料を見てもいまいちはっきりとした理解ができませんし、


 


説明書きからは、何故そのような判断をされるのか、


はっきりとした根拠が分からないのでしっくりときませんでした。


 


また、参考資料は平成16年と古いものであるため、


現在においても通用するものなのかと思ってしまいました。


 


※質問に答えていただきお手数をおかけしましたが、


今回は私自身で色々調べたところ、問題は解決したので、


ご返答は結構です。

法律 についての関連する質問