JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
shihoushoshikunに今すぐ質問する
shihoushoshikun
shihoushoshikun, 司法書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 2272
経験:  東京司法書士会所属
67942392
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
shihoushoshikunがオンラインで質問受付中

はじめまして 不動産(マンション)の所有権を持っています。債務者は元夫で支払いできない状況のようです。もともと債権

解決済みの質問:

はじめまして
不動産(マンション)の所有権を持っています。債務者は元夫で支払いできない状況のようです。もともと債権者たる銀行の承諾なしで私へ財産分与として所有権の移転登記をしています。今になり所有権を自分へ戻したいと言ってきたので、よく聞いてみたら支払いが滞っているからとのことでした。今の状況がまだ債権回収会社へ移っていなければ任意売却しようと思いすでに不動産会社へは働きかけています。残債がいくらかは債務者でないと銀行は答えてくれないでしょうか?また、競売にかかった場合は私は不動産を失う以外になにか不利益を被ることがあるでしょうか?この物件に対しては何の連帯保証人にもなってはおりません。
宜しくお願い致します。
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  shihoushoshikun 返答済み 3 年 前.
shihoushoshikun : 質問を投稿していただき、ありがとうございます。司法書士です。たとえ不動産の所有者であっても債務者でなければ残債務は教えてくれません。あくまでも契約しているのは債務者だからです。また、競売になった場合は当然不動産の所有権を失います。しかし、それ以上の責任は問われません。連帯債務者または連帯保証人にさえなっていなければ不動産を失うだけで他には何の責任もありません。
shihoushoshikunをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 3 年 前.

ご回答ありがとうございます。連帯債務者でも連帯保証人でもありませんので安心しました。銀行が残債務を教えてくれないとのことですが、債権者の承諾を得ないと任意売却できないのですがその場合はどのようにしたらよいでしょうか?元夫はおそらく所有権者にならないと売却できないため、私に債務を引き継げと言ってきております。もちろん断っておりますし債務者になるほどの経済力は到底ありません。任意売価後にも残債務があると判断されると売却は難しいでしょうか。宜しくお願い致します。

専門家:  shihoushoshikun 返答済み 3 年 前.
>銀行が残債務を教えてくれないとのことですが、債権者の承諾を得ないと任意売却できないのですがその場合はどのようにしたらよいでしょうか?
→元夫の協力がなければ任意売却はできません。元夫と一緒に銀行に相談に行くしかないです。
任意売却後にも残債務が残るとしても、銀行は貸したお金を少しでも回収できれば問題はないので、競売よりも任意売却を選びます。したがって、銀行に承諾なしに名義を変えたのはあまりよろしくありませんが、二人で銀行に相談に行くしか任意売却や道は開けません。とりあえずは銀行との相談から始めましょう。
shihoushoshikunをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問