JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
houmuに今すぐ質問する
houmu
houmu, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 934
経験:  行政書士 知的財産修士 2級FP技能士
62663831
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
houmuがオンラインで質問受付中

少額訴訟を起こされそうなんですが原告にパソコン等取り込まれて簡易裁判所に住所を提出するよう要求されていますが被告側か

質問者の質問

少額訴訟を起こされそうなんですが原告にパソコン等取り込まれて簡易裁判所に住所を提出するよう要求されていますが被告側から提出しないといけないものでしょうか?
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  houmu 返答済み 2 年 前.
houmu :

こんばんは

houmu :

>原告にパソコン等取り込まれて簡易裁判所に住所を提出するよう要求されています

houmu :

というのは、どういう意味でしょうか?

Customer:

内容を説明するにはとても時間が掛かり、一言では説明できません。ただ原告がこちらの住所がわからず裁判所から訴状等を送付できないとのことで裁判所が提出して欲しいと原告を通して言っているというのです。原告は暫く娘と同居していた人で娘がそこから逃げ出したため荷物を置いたままになりこの度返してもらったのですがそこからパソコン、テレビ、プレステⅢ、洗濯機を持って引越ししてしまったんです。

Customer:

承諾もなく持って行かれた荷物は人質のようなことになってます。

Customer:

すみません、チャットの仕方がイマイチわかりません。

houmu :

こんばんは

houmu :

すみません、いらっしゃらないようでしたので、他の方の質問を拝見しておりました。

Customer:

すみませんチャットをしたことがなくて・・・

houmu :

文字での会話形式での対応も可能ですし、

houmu :

利用しずらいようでしたら、掲示板形式でのやりとりも対応可能です。

houmu :

但し、私も離席することがありますので、チャット形式ですと、リアルタイムでお話を進めることができます。

Customer:

大丈夫です。なんとか頑張ってみます

houmu :

はい、よろしくお願いします。

Customer:

お願いします

houmu :

まず、そもそも論の部分ですが、

houmu :

どのような内容で訴える(訴えられる)という話になっているのでしょうか?

Customer:

娘が仕事の先輩である

Customer:

原告と

Customer:

同居したのですが、娘が出て行くことになりそのことを伝えると自分もそこを引き払うから管理会社に払う解約金と次に原告が借りるマンションの初期費用を払えと要求されたんです

houmu :

そういうことですか、わかりました。

houmu :

まず、当初のご質問の部分についてですが、

Customer:

その上慰謝料まで

Customer:

はい

houmu :

裁判所に聞くように言われた、という部分ですが、

houmu :

それは、裁判所が、相手の方を通して、ご質問者様の娘さんに依頼をしているということではなく、

Customer:

はい

houmu :

ただ、相手に確認して、自分で住所を調べてください。と指示しているにすぎません。

Customer:

はい

houmu :

次に、いまお聞きした部分について回答しますと

Customer:

はい

houmu :

同居されていた期間中に、部屋を傷めてしまったことで退去時に費用が発生したり、

houmu :

年間契約の賃貸で中途解約をしたことによって違約金が発生したということであれば、

houmu :

名義は形式的に相手の方だけになっていたとしても、二人で居住するためにわざわざ借りて、

houmu :

家賃その他についてもお互いに合意していて、実質的に共同で借りたと考えられるのであれば

houmu :

違約金についても責任がある可能性がたかいでしょう

houmu :

そうではなくて、あくまでも相手の方が自分の予算の中で、居住地を選ばれたのであれば

houmu :

それはあくまで相手の方が交際に際して任意で選択したにすぎませんから

houmu :

違約金についてこちらが負担する必要はありません

houmu :

但し、部屋を実際に傷めた部分があって、それについての修理代というはなしがある場合については、ある程度責任は考えられます。

houmu :

なお、男女交際における別れ話について、慰謝料が発生することは原則としてありません。

houmu :

(婚約が成立していて、周囲に知れ渡っているような状況を除きます。)

houmu :

あと、一つ抜けていましたが、退去費用について負担する必要がないぐらいですから、

houmu :

当然、次の住宅の初期費用についても負担する必要はありません。

Customer:

ただ、原告は娘とふたりで借りることを隠してかりており、そこを借るための初期費用の半分と際しに支払う家賃の半分をはらっています。そして違約金(契約違反)として家賃の4ヶ月分の半分20万円を既に払っています。

houmu :

>原告は娘とふたりで借りることを隠してかりており、

誰に対して隠しているのでしょうか?

Customer:

これは裁判所に訴えると言って要求されたもので怖くて払ってしまったものです。

houmu :

実際に、その違約金というのは発生してしまうような物件だったのでしょうか?

houmu :

また、そのことを娘さんはご存じだったのでしょうか?

Customer:

不動産が契約時の書類に

Customer:

同居人の欄に娘の名前を書くと二人分の水道代とかがかかるから、書かなくても大丈夫ですと言われたみたいです。

houmu :

はい。

houmu :

つまり、契約の形式上は、単独名義だけれども、

houmu :

実質的には二人で説明を聞いて、二人で借りたということでよろしいでしょうか。

Customer:

はい

houmu :

その状況でスト、解約の違約金についても実際に支払わなければならないものであったのであれば、

houmu :

負担についてはやむを得ないでしょうね。

houmu :

ただ、転居費用については各自負担と考えて差し支えありません。

houmu :

違約金については、すでに支払われたということですので、

houmu :

さらに訴えられたとしても、そこから何かを支払えという話になるということは

houmu :

今のご質問を拝見している限り、考えにくいでしょう。

Customer:

その違約金なんですけども、当初は半分負担だったのですが、あとから全額を請求されました。

houmu :

請求はされているけれども、支払いはされていないのですよね?

Customer:

当初の通り、半分は払いました

houmu :

退去せざるを得なくなったのは、こちらのせいだから、全額負担しろ、引っ越し先の費用も支払えという理屈なんでしょうが

houmu :

先ほども説明しました通り、そこまでの責任はありません。

houmu :

交際期間中の男女交際というのはそもそも自由なものであり、いつ破綻するかわからないものですから、

houmu :

これについて、相手方に要した費用についてまで責任を負うことはありません。

Customer:

すみません、娘はその同居していた原告と交際してません

houmu :

あ、失礼いたしました。

houmu :

単なる同居ですね

Customer:

はい、そうです

houmu :

学生同士の同居とか、そういう感じでしょうか?

Customer:

そういう感じです

Customer:

そもそも娘が出て行くことになったのは、彼氏が出来たのと、原告が不快に思うようなことが起きたら出て行けと言われていたからです

houmu :

そうでしたか。

houmu :

ただ、相手方がそのように言われたということであれば、

houmu :

やはり、双方合意の上で退去することになったと考えるべきでしょう。

houmu :

退去時に相手の転居費用を支払うという約束を、最初からしていたというのであれば別ですが、

houmu :

そのような事情がない限りは必要ないでしょう。

Customer:

はい

Customer:

あと相手が引越し時に持っていった娘のパソコン等は返していただかないといけないので、勝手に持っていったものはどういった請求ができるのでしょうか

houmu :

当然のことながら自分のものですので返せと請求することができます。

houmu :

専門用語でいえば、"占有回復の訴え"という訴訟を起こすことが考えられます。

houmu :

または、"所有権に基づく返還請求"というのもありますが、

houmu :

あまり用語にこだわる必要はないでしょう。

houmu :

平たく言えば、自分のものだから返して、ということですよね。

Customer:

はい

houmu :

ただ、相手方と話が進まなければ返してはくれないでしょうから、

houmu :

先ほどとは逆の話で

houmu :

こちらが裁判をしてまでも取り戻したいと思うかどうか、ということになりますね

houmu :

もちろん、裁判とは無関係に話し合いの場を設けるということも考えられます。

houmu :

あきらめることができる程度の物なのであれば、それらについてはあきらめて、相手の要求も突っぱねるというのが、一番手間も費用も掛からない方法ではありますが、

houmu :

ぜひ取り戻したいということであれば、多少は相手の要求が過剰に感じたとしても、


houmu :

ある程度条件をのんで、妥協しながら、返還を実現するというのが現実的な選択肢ですね。

Customer:

ただ、今回どのような裁判を起こそうとしているかわからない状況です。裁判所に住所を提出して訴状を確認しないといけないですか

houmu :

訴状には住所を記載しなければなりませんから、おそらく訴状はまだ出ていないと思います。

houmu :

相談をしているだけではないでしょうか?

Customer:

はい

houmu :

住所不明の場合には最終的には、欠席裁判ということもありえますが、

houmu :

そもそも少額訴訟というのは相手方の同意がなければできない裁判ですので

houmu :

少額訴訟にはなりません。

houmu :

また、本当にわからないのか、十分な調査を求めますので

houmu :

現状そのような状況にあるとは考えにくいでしょう。

houmu :

なお、仮に欠席裁判で判決が出たとしても

houmu :

裁判所は相手の財産探しはしてくれません。

houmu :

結局のところ、相手の住所や財産のありかがわからなければ、何もできないのが裁判です。

houmu :

それは、こちらにとっても同じで、

houmu :

こちらが相手にパソコンを返せという裁判を起こして、勝訴したとしても、

houmu :

パソコンのありかがわからなければ、強制執行の手続きをすることもできません。

houmu :

ですので、先ほど回答しました通り、

houmu :

もし、どうしても返してほしいのであれば、相手の要求が少々過剰であったとしても、

houmu :

要求をのまざるを得ないというのが現実的な対応になります。

Customer:

原告の手元には(ノ)第438号の定型訴状用紙のようなものがあり、原告の住所氏名、被告の氏名が書かれていました。内容までは見せてくれないのでわかりませんが証拠になるものも提出したと言われました。裁判所には20日までに住所を提出してくださいと言われています。提出したら連絡して欲しいとも

houmu :

裁判所から、直接連絡があったということですか?

Customer:

原告から聞いたんです

houmu :

番号がついているのであれば、すでに手続が進んでいるということになりますが、

houmu :

ノ という番号であれば、訴訟ではなく調停手続きですね

houmu :

実際に手続きがされているのかどうか、裁判所に電話をして、その番号を告げて確認されてはいかがでしょうか

Customer:

調停というのは訴訟とどう違うのでしょうか

houmu :

調停というのは、裁判所という場所を利用した話し合いです。

houmu :

もっとも、直接話し合いをしても平行線になることが多いですし、

houmu :

感情的にうまく話せない場合もありますから

houmu :

通常は、調停委員が、交互に話を聞きます。

houmu :

そして、どこについては問題がなくて、どこの部分でもめているのか整理をして

houmu :

話し合いの折り合いをつけるようにするための手続きです。

houmu :

裁判と違って、あくまで話し合いですから、欠席裁判のようなことはありません。

houmu :

また、双方の話し合いがつかなければ、不調といって

houmu :

調停が不成立ということで手続きが終了します。

Customer:

それは同じ場所で聞かれますか?娘は原告を見ると怯えて話ができないようです

houmu :

通常は、まず最初同じ部屋で集まりますが、

houmu :

その後、一方が部屋を退室して、

houmu :

相手のいない状態で話を聞き、

houmu :

終わったら、交代で、やはり相手のいない状態で話を聞きます。

houmu :

これの繰り返しですね。

houmu :

一つの部屋に調停委員がいて、

houmu :

こちらと相手が、交代に出たり入ったりするということです。

Customer:

それは当事者同士だけでしょうか?

houmu :

だけ、というのは、

houmu :

他の人が入れるかということでしょうか?

Customer:

いえ、娘がにげだしたあと私の方に原告から電話がかかって来て話をしています。

houmu :

調停というのは、裁判と違って、非公開で行われる手続きです。

houmu :

従って、基本的に当事者(と弁護士)しか、手続きに参加・同席することはできません。

houmu :

しかし、調停委員が認めれば同席できます。

houmu :

娘さんの心情の安定のためや、これまでの経緯をよく知っているからという理由で

houmu :

家族が同席したい旨を申し出れば、

houmu :

認められる可能性はあります。

houmu :

ちなみに、調停室というのはこのような感じで、

http://www.courts.go.jp/osaka/saiban/kentiku/03_04_tyouteisitu/index.html

Customer:

メールでも電話でもやりとりをしていて娘に話した内容と私に話した内容、そして娘の彼氏に話した内容が食い違っていたのでそれも話を聴いてもらえるかということです

houmu :

普通の会議室のような部屋です。

houmu :

それについては、ご質問者様からというよりは、あくまで娘さんからという形にはなりますが、

houmu :

話を聞いてほしい旨をお願いして、ということになります。

houmu :

実際に、話を聞くかどうかは、調停委員が判断します。

houmu :

これは、裁判の場合でも同じで、

houmu :

証人として呼びたいといっても、それを認めるかどうかの権限は、

houmu :

裁判官にあります。

Customer:

分かりました。

Customer:

まずは裁判所に聞かないといけないですね。裁判所は土日祝日は聞けないですよね?

houmu :

そうですね、連休ですから、最短で火曜日になりますね。

Customer:

調停の場合も訴訟のように期日呼び出し状がくるのですか?

houmu :

はい、届きます。

Customer:

ということは裁判所に問い合わせた時に住所を提出しないといけないですか?

houmu :

そもそも、対応する義務も提出する義務もありませんから、

houmu :

まず手続きが進んでいるのかを確認をして

houmu :

対応するかどうかは、その後考えれば大丈夫です。

houmu :

但し、こちらもパソコン等を返してほしいという希望があることを考えれば

houmu :

調停なのであれば、これを利用する方が、こちらにもメリットがあるようには思います。

Customer:

わかりました。とりあえず火曜日に裁判所に確認してみます。それは母親である私からでもいいのでしょうか?

houmu :

そうですね、調停の場合非公開が原則ということもあるので、

houmu :

家族でどこまで対応してくれるのかというのはケースバイケースです。

houmu :

可能であれば、娘さんが近くにおられる状態で電話されるのが好ましいでしょう。

Customer:

聞き方としてはどのように聞けばよろしいですか?娘に直接電話をさせるつもりです。住所が遠いので

Customer:

直接行くのが難しいのです

houmu :

知り合いから裁判を起こすといわれていて、書類にこの番号が書いてあったのですが、

houmu :

実際に事件として手続きが進んでいますか?どのような状態になってますか?と、問い合わせて見られてはいかがでしょうか。

Customer:

分かりました。実際に事件として進んでいる状態であれば住所を言えばいいのでしょうか?

houmu :

そうですね、調停事件として対応してもいいと思われるのでしたら、

houmu :

告げられればいいと思います。

Customer:

分かりました。娘は個人情報や友達の写真もたくさん入っているパソコン等は絶対返して欲しいと言ってますから

Customer:

対応しようと思います

houmu :

はい、私もそれがよいと思います。

houmu :

他にご質問ありますでしょうか?

houmu :

いったん終了させていただいてよろしいでしょうか?

Customer:

あと、契約書とは書いていないのですが、違約金とか初期費用とか慰謝料とか払うように書かれたメモ用紙に名前とはんこを脅されて記入させられたかみが

houmu :

はい。

Customer:

あるのですが、それは有効になるのですか?

houmu :

形式的には、書類が整っていれば、見た目上は有効ということですね。

houmu :

無理やり書かされた書類に法律上の効力はありませんが、

houmu :

無理やり書かされたということを裁判所が認めてくれるかどうかが問題になります。

Customer:

原告がボールペンで書いており、間違えたところは二重線で消していたり、はんこを押すのを失敗してます

Customer:

しょるいが整っているということは具体的にどういうことですか?

houmu :

そういった点も含めて、

houmu :

そもそも、調停であるかぎりは、

houmu :

裁判所が強制的に結論を出すことはありませんが、

houmu :

仮に裁判になったとすれば、

houmu :

最終的に裁判所が考えるのは、合意があったのかどうかです。

houmu :

印鑑がなくても、合意が成立していると認められる場合はありますし、

houmu :

一見、きちんとした契約書になっていたとしても、その他の周辺事情から判断して

houmu :

合意が成立していないと判断される場合もあります。

houmu :

書類だけしかなければ、書類だけから判断することになりますが、

houmu :

例えば、送信した/されたメールがあれば、それも判断材料になりますし、

houmu :

同居中、退去直前になにか作った書類や、メールのやりとりが残っていたり、

houmu :

あるいは、口頭でこういうことを話したという証言も含めて、

houmu :

裁判官が、だれの発言を信用できると考えるかです。

houmu :

何もなければ、書類に書いてある通りだろうとなりますし、

houmu :

例えば相手方の発言と書類の内容に食い違いがあると

houmu :

思われれば、違った結論になることもあります。

Customer:

わかりました。あと呼び出しの日は呼び出しから何日後ぐらいあとになりますか

Customer:

一週間後に来て欲しいとか急に言われることはありませんか?

houmu :

裁判所の混雑具合などにもよりますが、通常は2週間程度後の日時が記載されているでしょう

houmu :

日程に差し支えあるようであれば調整してもらえますので、連絡を入れれば大丈夫です。

houmu :

それ以降は、だいたい月1回のペースで行われます。

Customer:

わかりました。とりあえず聞きたいことは以上です。丁寧に答えていただきありがとうございました。遅くまで長々とすみませんでした。

houmu :

はい、私も最初誤解していた部分などがあり、失礼しました。

houmu :

それでは、いったん堆積させていただきますが、

houmu :

再度疑問などありましたら、再質問可能ですので、ご利用ください。

houmu :

それでは、失礼します。

Customer:

有難うございます。その時はまたよろしくおねがいします。失礼します

houmuをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中
専門家:  houmu 返答済み 2 年 前.
再質問等ありましたら、こちらからご利用ください。

法律 についての関連する質問