JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
t-lawyerに今すぐ質問する
t-lawyer
t-lawyer, 弁護士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 582
経験:  東京大学卒業
78091396
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
t-lawyerがオンラインで質問受付中

よろしくお願いします。 隣家からの申し出ですが、本年5月賃貸アパートを建てるべく今の家を取り壊しました、その時に駐

解決済みの質問:

よろしくお願いします。
隣家からの申し出ですが、本年5月賃貸アパートを建てるべく今の家を取り壊しました、その時に駐車場のコンクリートを剥がす時に隣の塀の一部(私の家側)の下が少し土地を削ったようになってしまいました。普通ならまったく気にならないようなところですが(後日、そこに新たにこちらも塀を設けるのでその時に補修をしたらいいわって考えていたのです)8月、解体業者がちゃんと隣家に説明して後日アパートの建築の前でも塀を作ってその時に補修させていただきますと伝えているのに、私に家に来て謝れとか、補修の確約が済むまで隣地境界の書類にハンコは押さない・書類は預かりますとか言って土地家屋調査士を困らせ、危なく建築確認等が遅れるところでした。9月6日、私共の業者に直させますと伝えても、いやうちの業者で直させます、それが誠意やろっていいました。結局それでは誠意を見せますのでそちらの業者で補修していただいて、請求書をいただいてこちらで支払いますと約束してなんとかその場を収めました。その時土地家屋調査士も同席していて、施主さんのおかげで少しは進みそうですと安心されてました。
ところが、9月9日請求書が届きました(当初業者の見積書が届くと思っていたのですが)いきなり請求書が来たのです。まだその工事は終わっていないのに、なぜか請求書が来て隣家から早く振り込んでや~と催促の電話も有りました。
よくよくその請求書を見ましたところ、金額がべらぼうに高く、またその補修場所がその塀では無く、違う家のモルタル工事となっています。
今、解体業者に相見積を出すようにしております。あまりにも金額が違い過ぎたら、詐欺とかなんか法的な手段も考えております。
① まだ工事が終わってないのに請求書が発行されたのか?その請求書を発行したリ    フォーム会社もグルなのか?
② なぜ工事名が違うのか? ⇒ もしかして違う家の補修の費用を持ってきたのか
③ そんなにひどい工事のミスじゃないのに謝罪しろとかひどいクレーマーだと思     います
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  t-lawyer 返答済み 3 年 前.
弁護士のt-lawyerです。
回答させていただきます。
まず,工事を始める前に隣家にはあいさつに行きましたか。
そのような手続きを踏んだにもかかわらず,ここまで怒っているのなら,ちょっと限度を超えていますね。
まずは,どうして見積書でなくて請求書なのか,なぜ工事名が違うのか,を隣家に確認すればよいと思います。
そして,今回の塀の工事の請求書だと言い張るのなら,こちらでとった相見積も出し,その価格は異常に高いから支払えない,適正な価格しか支払えない,ということを主張すればよいと思います。
以上の交渉は,ご本人でされてもいいですが,もし相手がけんか腰の態度で来て話にならない場合は,弁護士に間に入ってもらってもいいかと思います。
ご参考になれば幸いです。
よろしくお願いいたします。
t-lawyerをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問