JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
kionawakaに今すぐ質問する
kionawaka
kionawaka, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 1375
経験:  中央大学法学部法律学科卒 行政書士事務所経営
62775484
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
kionawakaがオンラインで質問受付中

遺族厚生年金の質問です。結婚12年です。 主人(47歳)が亡くなった場合、妻(51歳)と子供一人(11歳)の遺族厚

質問者の質問

遺族厚生年金の質問です。結婚12年です。
主人(47歳)が亡くなった場合、妻(51歳)と子供一人(11歳)の遺族厚生年金受給額は、およそ、いくらになりますか。
現在の主人の年金加入内訳は、国民年金22か月、厚生年金266か月、合計288か月です。
現在の主人の収入は、月収40万円。賞与60万円✕年2回=120万円。月収+賞与=年収600万円です。
また、妻と子供の遺族厚生年金の受給期間は、何年間、受給されますか。
また、妻については、結婚以前の年金は収めておらず、年金を収めている期間は、結婚後の被扶養者になってからの12年間だけです。これでは60歳以降の年金は受給されないのでしょうか。今後、13年間、国民年金を収め、合計25年分の年金を収めなければ、60歳から、年金は受給されないのでしょうか。
また、妻が、今後、13年間、国民年金を収め、合計25年分の年金を収めた場合、60歳から受給される年金額は、およそ、いくらになるでしょうか。
以上、宜しくお願いします。
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  kionawaka 返答済み 3 年 前.

kionawaka :

妻は生計維持関係のみだったと思います。詳しくは年金事務所、街角の年金センターへ、資料一式持ち込んで計算してもらうのがよいでしょう。

kionawaka :

納付していない期間は、免除期間として合算対象期間になりますが、年金額には反映しません(3分の1くらい)。

kionawaka :

http://www.city.toride.ibaraki.jp/index.cfm/8,16510,25,229,html

法律 についての関連する質問