JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
shihoushoshikunに今すぐ質問する
shihoushoshikun
shihoushoshikun, 司法書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 2225
経験:  東京司法書士会所属
67942392
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
shihoushoshikunがオンラインで質問受付中

相続に関しての質問です。 祖父(A)と祖母(B)が亡くなり、祖父名義の家屋と土地に対して、相続が発生しました。 AとBには子が4人います。(1女)(2女)(3女)(4女) 1

解決済みの質問:

相続に関しての質問です。
祖父(A)と祖母(B)が亡くなり、祖父名義の家屋と土地に対して、相続が発生しました。
AとBには子が4人います。(1女)(2女)(3女)(4女)
1女は既に亡くなっています。私は 1女 の 子、つまり、AとBの孫です。
相続手続をするので、戸籍謄本と印鑑証明の提出を求められました。私は当然ですが、私の父、亡くなった 1女 の配偶者も同様の書類の提出を求められています。これは必要なことなのでしょうか?そもそも、子の配偶者は相続人ではない、と私は認識しているのですが、それでも書類の提出は必要なのですか?司法書士の指示だと叔母は言っているのですが、納得できません。
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  shihoushoshikun 返答済み 2 年 前.
質問を投稿していただき、ありがとうございます。司法書士のshihoushoshikunと申します。わかりやすい回答を心がけてはおりますが、回答にご不明点がある場合は、「評価」の前に返信機能でご質問下さい。
確認させてください。質問者様のお父様の戸籍と印鑑証明書が必要と言われたのですね?
質問者様のお父様は祖父、祖母と養子縁組をしていたということはありませんか?
質問者: 返答済み 2 年 前.

厳密に申し上げると、私は二人兄弟(私と弟)です。

司法書士と連絡を取り合っている叔母からの依頼は、兄弟と父のそれぞれの戸籍謄本と印鑑証明書(3通+3通)の提出です。

父は、祖父・祖母と養子縁組はしておりません。

疑問に思い、叔母に質問したところ、

「Sさん(父の事です)も相続人と司法書士と確認済です」との e-mail での回答。

私にしてみれば、「いつ、法律が変わったのだろう?」???という事です。

専門家:  shihoushoshikun 返答済み 2 年 前.
もう少し詳しく確認しなければなりません。
祖父、祖母、質問者様のお母様が亡くなられた順番を教えてください。
質問者: 返答済み 2 年 前.

祖父(2005年没)、母(2008年没)、祖母(2014年没) です。

専門家:  shihoushoshikun 返答済み 2 年 前.
なるほど、わかりました。
まず、これは祖父の不動産の相続についての問題になります。
祖父が亡くなられた時の相続人は、祖母と4人の子どもたちです。この時点では質問者様のお母様もご存命なので相続人になります。
その後、お母様が亡くなられました。その時の相続人は、質問者様のお父様と質問者様と弟さんです。
相続は亡くなられた人ごとに考える必要があります。
祖父が亡くなられたので、4人の子どもたちで遺産分割協議をする必要があります。しかし、今の時点で質問者様のお母様は亡くなっているので遺産分割協議に参加できません。
それで、亡くなられたお母様の代わりに、お母様の相続人が遺産分割協議をする必要があります。それで、お母様の相続人であるお父様、質問者様、弟さんの三人が遺産分割協議に加わる必要があるのです。そのために三人の戸籍と印鑑証明書が必要となります。
相続は複雑な手続きです。いろんな要素を聞き取らなければ正しい結論を出すことはできません。
今回は祖父母とお母様の亡くなられた順番が重要になります。それで、質問者様のお父様は祖父の相続人ではありませんが、お母様の相続人として遺産分割協議に加わる必要があるということで戸籍と印鑑証明書が必要になります。
質問者: 返答済み 2 年 前.

父の戸籍謄本と印鑑証明書の必要性は理解しました。

実は、父と私たち姉弟は、以前から この相続を放棄しようと考えていたのですが、先んじて放棄することはできないのでしょうか?やはり、書類提出後、順を踏んで、という流れになりますでしょうか?

また、相続を放棄するときは「相続放棄申述書」を家庭裁判所に提出しなければなりませんよね?相続できることを知ったときから、3ヵ月以内の提出との事ですが、私の場合、”相続できることを知ったとき” は具体的にいつなのでしょう?依頼している司法書士が法的に手続きを終わったとき、という解釈でしょうか?

専門家:  shihoushoshikun 返答済み 2 年 前.
最初の質問に加えて質問する場合は「評価」をしてから質問していただきますようお願いします。
今回は特別に回答します。
相続の放棄は質問者様たちが相続人であることを知った時から3ヶ月です。
質問者様たちが相続人であることを知ったときとは、お母様が亡くなられた時です。
ですから、本来は既に家庭裁判所に相続放棄の申述はできません。
ただ、相続放棄をすることがお母様が亡くなられた時には不可能だった場合は、お母様が亡くなられた後三ヶ月を過ぎても相続放棄ができる場合があります。
今回のケースですと、祖父母の相続によりお母様に不動産が相続されることを知ったわけですから、相続放棄をすることが可能なケースと言えるとも考えられます。
具体的には、いろんな事情を聴取したり、書面を準備する必要がありますので、弁護士か司法書士に依頼して相続放棄が今からでも間に合うかを判断してもらうことになります。そして、実際に家庭裁判所の判断を待つことになります。
したがって、結論としては、原則としては質問者様たちは相続放棄の手続きはできませんが、例外として認められるケースもあるということです。そして、その例外が認められるかは家庭裁判所に申請してみなければわからないということになります。
shihoushoshikunをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問