JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
t-lawyerに今すぐ質問する
t-lawyer
t-lawyer, 弁護士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 582
経験:  東京大学卒業
78091396
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
t-lawyerがオンラインで質問受付中

t-lawyer先生へ、先ほどの返答をお願いします。

解決済みの質問:

t-lawyer先生へ、先ほどの返答をお願いします。
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  t-lawyer 返答済み 3 年 前.
すみませんが,何も届いていないので回答のしようがありません。
専門家:  t-lawyer 返答済み 3 年 前.
追加で回答いたします。
質問者様は,ここで何を聞きたいとお考えですか。
質問を明確にしていただけないと,こちらとしても回答することができません。
よろしくお願いいたします。
質問者: 返答済み 3 年 前.

こんばんは。質問文章を記載するのを忘れていました。公立学校共済組合からの文書を読んでいただき、裁判において戦いたかったのですが、精神的身体的に裁判できる状態ではなかったため、時効の引き伸ばし(遠洋や中断)が可能かどうかを教えてもらえれば助かります。よろしくお願いします。

専門家:  t-lawyer 返答済み 3 年 前.
ご返信ありがとうございます。
質問の趣旨が理解できました。
結論からいうと,残念ながら体調不良という理由では,時効の中断は認められないと考えます。
民法では,権利を行使することができる時から消滅時効が進行します(166条1項)。
この権利を行使できるとき,というのは,「法律上に請求できるとき」を意味し,体調不良などの場合であっても「権利を行使できるとき」に当たります。
また,民法は,未成年者,成年被後見人,天災等による場合は,時効の停止を認めています(158条~161条)。
しかし,体調不良の場合に,時効の停止を認めた規定はありません。
そのため,残念ながら,質問者様の場合に時効の引き伸ばしは不可能だと考えます。
ご参考になれば幸いです。
よろしくお願いいたします。
t-lawyerをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問