JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
supertontonに今すぐ質問する
supertonton
supertonton, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 4610
経験:  中央大学卒平成14年行政書士登録離婚・相続等の法務手続の専門家
61894004
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
supertontonがオンラインで質問受付中

こんにちわ お聞きさせてもらいます 私は53歳  83歳の母がいます 母は 私が小学校2年の時に 父親から

解決済みの質問:

こんにちわ
お聞きさせてもらいます
私は53歳  83歳の母がいます
母は 私が小学校2年の時に 父親から無断で籍を抜かれて追い出されました
私達3姉妹は 父方の両親と住んでいましたが (父親は女性と住んでいたみたいです)
年老いて田舎に帰ることになり 4年生の頃 代わりに母親が戻ってきました
その後 母親の働きで 貧しい中なんとか生活をしてきました
今は 父親とは連絡を取り合っていません
で、お聞きしたいのは
今さら 母親が 養育費の請求などはできませんか?
年老いて事情があり施設に入ってもらいたいんですが お金がありません
今まで苦労した分 どうにかできればとおもいます
再婚した父親には 子供がいません
自営で そこそこ裕福な暮らしをしていたと思います
私達3人は 結婚する時に 100万円ずつもらいました
財産はあると思いますが 再婚相手が お金に執着があるようで
私達に取られると考えて 名義などを自分の身内に変えてるとかも聞きました
図々しいはなしですが できるならば 生前遺産をもらうこともできないかと・・・
そんな簡単に甘い考えだと思いますが お聞きしたくてメールしました
よろしくお願いします
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  supertonton 返答済み 2 年 前.
初めまして、夫婦・男女問題法務手続専門の行政書士のSUPERTONTONでございます。
それは大変お悩みのことと思います。
ご心痛お察し申し上げます。
お話から、ご相談者様が50代と言うことで、養育費の請求時期はもう何十年も前に
終わっていることになります。
基本的に、養育費に時効はありませんが、実務では、請求すべき時点で請求しない場合は
請求する必要が無かったと言うことで家庭裁判所でも認められないことも多いようです。
ただし、定期給付債権の時効が5年なので、5年間分だけは遡れると解釈する場合も
ありますが、それも20年も前だと厳しいと言えます。
ただ、それは裁判等の法的な話で、私的にお父様に要求されてみるのは構わないかもしれません。
ただ、お話からは、お父様も再婚相手もお金にうるさいようなので難しい可能性は
あります。
本来は、お母様側のご親族様に頼るのが良いのかもしれませんが
そう言う方はいないのでしょうか?
あるいは、現状では生活保護の申請ができるかもしれませんから
市役所の福祉事務所にご相談されても良いでしょう。
別の方法として、相続税の対策として生前贈与を一人年間110万円までなら
贈与税がかからないのでお父様にお願いしてみるのも手です。
まとまったお金が必要なら、相続時精算課税を使うので、今、贈与して欲しいと
頼んでみることです。
最後は、人として道義的な問題としてお母様を助けて欲しいと懇願してみるのも
必要かもしれません。
頑張って下さい。
質問者: 返答済み 2 年 前.

すいません

追加質問です

妻が早く亡くなった場合 父親が早い場合 違いますか?

生前遺産の場合

どれだけのモノを持っているか 調べることはできますか?

前 父親が 事故にあい死を感じた時に 姉に電話があったそうです

もしものことがあった場合 遺産の紙に 何も文句言わずに印鑑を押すようにと・・・

専門家:  supertonton 返答済み 2 年 前.
ご相談いただきまして誠にありがとうございます。
まず、お母様は、既に離婚してりますので相続人ではありません。
そのためお父様が先だろうが後に亡くなろうが、全く相続に影響はありません。
ご相談者様達は、双方の実の子なのでそれぞれの相続人です。
ただ、お父様の再婚者とご相談者様達はある意味、他人ですから
相続の時の相続人としての存在を疎ましく思っているかもしれません。
そう言う意味では、少しでも財産を渡すことに協力的ではないでしょう。
また、被相続人(ここではお父様)に関しての財産は、使い道は本人の自由なので
相続人がとやかく言えませんし、遺言の作成も自由です。
場合によって、遺言で財産は、すべて再婚相手に相続させるとあるかもしれません。
ただし、遺留分がありますので、遺留分減殺請求は可能です。
やはり、お父様に温情をお願いするしかないでしょう。
もしくは、お父様のご親族様で説得できる方がいれば、説得してもらった方が
良いでしょう。
相続が発生した時に、預貯金等は残高等を相続人は調べることが可能です。
頑張って下さい。
supertontonをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問