JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
t-lawyerに今すぐ質問する
t-lawyer
t-lawyer, 弁護士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 582
経験:  東京大学卒業
78091396
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
t-lawyerがオンラインで質問受付中

刑事告訴・告発した事案で検察官の判断において不起訴とされた場合に告訴・告発された側から損害賠償請求を受ける可能性があ

解決済みの質問:

刑事告訴・告発した事案で検察官の判断において不起訴とされた場合に告訴・告発された側から損害賠償請求を受ける可能性があると思いますが、如何なのでしょうか。
可能性があるとしたら、その回避法はないのでしょうか。
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  kionawaka 返答済み 2 年 前.
民亊的には想定しにくいです。あっても「刑事で不起訴になったのだから、違法性はない。」と言い切ればよろしいでしょう。

刑事的には、不起訴が不相当として検察審査会に異議申し立てをしてくる可能性がありますが、これも実際には10%くらいしか認められませんので、素人が告訴した場合はあまり心配ありません。
質問者: 返答済み 2 年 前.

kionawaka さん、ありがとうございます。

私の質問の仕方が悪かったのでしょうが、立場が逆の回答になっているようです。

私が相手を告発した場合、相手が不起訴処分になり、私から告発をされた事により精神的苦痛を受けたとして民事上で損害賠償を受ける可能性についての質問になります。

宜しくお願い致します。

専門家:  kionawaka 返答済み 2 年 前.

あっそういうことですか。AがBを告訴したが、Bは不起訴になった。この場合、BからAに不法行為損害賠償請求ができるか、という問題については、
 1.Bに実害がない場合には慰謝料は発生しないと解されること(不起訴になったのだから精神的苦痛はないと立論すればよい)、2.Aの告訴が虚偽告訴に当たらない限り告訴権の濫用事例には当たらない、ということでAの損賠請求については消極に解されると思います。

質問者: 返答済み 2 年 前.
再投稿:回答が不完全.
専門家:  t-lawyer 返答済み 2 年 前.
弁護士のt-lawyerです。
回答させていただきます。
まず、損害賠償請求を受ける可能性はあると思います。
なぜなら、損害賠償請求自体は、誰でもいつでもできるからです。
しかも今回の場合、相手の請求は一見筋が通ります。
予想される主張は概要以下の通りです。
質問者様の告訴告発によって、警察に話を聞かれ、検察に話を聞かれというように、時間的にも手間的にも負担を被っていると予想されます。
そして、結果として不起訴になったのだから、質問者様の告訴告発は不当であったということである。なので、私に対し慰謝料を支払えというものです。
しかし、仮にそのように訴えてきたとしても、裁判では例外を除いて認められません。
例外とは、質問者様が、相手方に対して嫌がらせ目的で告訴告発をした場合です。
そもそも、不起訴というのは、犯罪が成立しなかったという場合だけではなく、犯罪は成立するが裁判にかけるほどでもないという場合もあります。しかも、不起訴の中では、そのように犯罪は成立するが裁判にかけるほどてはないという場合がほとんどです。
次に、回避法ですが、残念ながらありません。
というのも、裁判をする権利は憲法32条で誰にでも認められているからです。
裁判をされた場合は、淡々と応じるしかありません。
ご参考になれば幸いです。
よろしくお願いいたします。
t-lawyer, 弁護士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 582
経験: 東京大学卒業
t-lawyerをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 2 年 前.

ありがとうございます。

私が告発したい事案は以下の訴訟詐欺(三角詐欺)に対するものです。

被告発人が裁判所に提出した資料は虚偽の資料であり又、嘘の主張を展開し、裁判所を欺き、一審で自己に有利な判決を得て勝訴した。

その確定額を裁判所に交付させ告発人の財物を奪い取ったものである。

上記の行為は平成23年1月に既遂されています。

虚偽の資料又、嘘の主張を覆すべき証拠は、ある程度揃えていますが、告発しても不起訴とされた場合、相手側から告発された事により精神的な苦痛を受けたとして損害賠償請求されたら、更に金銭を奪い取られるのではと危惧しているものです。

法律 についての関連する質問