JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
kanekiyoに今すぐ質問する
kanekiyo
kanekiyo, 司法書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 481
経験:  大手司法書士事務所での勤務を経て独立。現在は司法書士事務所を経営。
63213887
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
kanekiyoがオンラインで質問受付中

平成14年3月に個人で自己破産(同時廃止?)で免責決定しております。1年~2年後から残高有りと宣告した2社(金融会社

解決済みの質問:

平成14年3月に個人で自己破産(同時廃止?)で免責決定しております。1年~2年後から残高有りと宣告した2社(金融会社)よりハガキが届きます・・・数年に一度位(2年位)今でも届きます。それ以上の督促はなく・・・一度だけ金融会社に連絡を入れて理由を説明しましたら現在にいたります。その後は一生懸命仕事も頑張り住宅ローン~クレジットカードなども取得しております。今年もA社(消費者金融機関)からハガキが届きます。(気にせず無視しておりました)自分で会社も起業しており、会社のプロジェクト融資(不動産業土地購入)で借入の相談を地元信用金庫にお願いし、会社の保証人で私個人がなりました。会社の決算状況・及び不動産担保価値に問題なし→(事前内定)が出ていたのですが、個人の信用情報を開示したところ、H13年7月と15年7月に消費者金融の残高遅延の記載ありと・・・・(汗)→(JICC㈱日本信用情報機構)週明けにJICCに行き個人情報開示をしてきます。信用情報の削除などはできますでしょうか?
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  kanekiyo 返答済み 3 年 前.
kanekiyo :

こんにちは。司法書士のkanekiyoと申します。質問をご投稿頂き、誠に有難うございます。 ご質問への回答は以下の通りとなります。分かりやすい回答を心がけてはおりますが、ご不明点等ございましたら、お気軽にご返信下さい。

kanekiyo :

その請求してきている2社は、破産手続きの際に裁判所に債権者として挙げておりましたでしょうか?

kanekiyo :

債権者として挙げられていたのであれば、信用情報の更新を請求することが可能です。

kanekiyo :

仮に、債権者として挙げていなかった場合、その業者の債権は免責されていないことになりますので、債務が残っている状態ということで信用情報の更新は認められないこととなります。

kanekiyo :

破産手続きは専門家(弁護士、司法書士)に依頼して行ったのでしょうか?そうであれば、当時依頼した先生にご確認されるとよろしいかと存じます。

Customer:

個人で全て行いました。その時の書面は残っていません・・・月曜にならないと開示記載の金融機関名ははっきりしませんが、ハガキが来る業者には(推測で申し訳ないですが)入れてあります。その場合は直接連絡を入れればよいですか?

kanekiyo :

破産手続きに組み入れていたのであれば、免責されていますので、信用情報の更新請求は可能です。

kanekiyo :

但し、証拠書類の提示を求められる可能性が高いので、その場合はご自分で書類を控えていないのであれば、裁判所に資料請求する必要がございます。

Customer:

免責決定通知書はあります。月曜日に裁判所に行って、資料が残っているか確認しますが・・?残っていない場合は厳しいですか?

kanekiyo :

免責許可決定書があるのであれば、大丈夫かもしれませんが、やはり債権者の特定を求められた場合は、裁判所で当時の債権者一覧表等を謄写する必要がございます。事件が20~30年前であればいざしらず、12年前程度であれば記録は残っているかと思いますので、その点のご心配はないかと存じます。

kanekiyoをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問