JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
t-lawyerに今すぐ質問する
t-lawyer
t-lawyer, 弁護士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 582
経験:  東京大学卒業
78091396
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
t-lawyerがオンラインで質問受付中

近隣トラブルについての相談

解決済みの質問:

近隣トラブルについての相談

状況 当方、借地、上物全て自己所有 相手、自己所有

1 当方の隣(北隣)の家が約20年近く放置されており、今年の冬に家屋を取り壊しました

その際、当方と北隣の境界の塀が長年の放置によりシロアリ被害をうけ   北隣の家主に確認もらったところ、「こちらで、修繕致します」との回答をもらいました

2 後日、先方が、測量をした結果、一部、先方と当方の境界が互いに入り込んでいたため (入り口、相手、奥、当方)所有者どうして話し合い、和解、 塀にかんしても、当方の地主が、修理は良いと言ったようです 先方は「地主の承諾を得ているので塀は修理しない」と回答していますが

問題は無いのですかご回答お願い致します。

投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  t-lawyer 返答済み 2 年 前.
弁護士のt-lawyerです。
回答させていただきます。
いくつか確認させてください。
・北隣は今は更地なのですか。
・境界について話し合いをして和解をしたのはこちらの地主と北隣の地主ですよね。
・最後の「問題はないのですか」というのは,どのような問題があるとお考えなのでしょうか。
以上,よろしくお願いいたします。
質問者: 返答済み 2 年 前.

1北隣は今は更地です

2境界についての話し合いは地主と北隣の地主です

3北隣の地主は塀の修理はしなくても良いのでしょうか?

また、法律上問題は無いのですか?

当方と致しましは、修理してほしいのですが

専門家:  t-lawyer 返答済み 2 年 前.
ご返信ありがとうございます。
了解しました。
塀の修理については,北隣の地主と質問者様の方の地主との間で,「北隣の地主は修理しなくともよい」という合意が成立した以上,北隣の地主がしなくとも法律上問題ありません。
修理を望まれるのであれば,質問者様の方の地主に依頼するべきだと思います。
ご参考になれば幸いです。
よろしくお願いいたします。
質問者: 返答済み 2 年 前.

塀も当家所有でも、法律上問題ありませんか?

ご回答よろしくお願い致します。

専門家:  t-lawyer 返答済み 2 年 前.
ご返信ありがとうございます。
下記の点を確認させてください。
・塀を作った際は全額質問者様が費用負担したのですか。
・塀はどこ位置していますか。土地の境界線上ですか。それとも質問者様の方の土地の中ですか。
以上、よろしくお願いいたします。
質問者: 返答済み 2 年 前.

t-lawyer先生ご回答有り難う御座います

現在の塀は当方で全額負担致しました

塀の位置は、最初の質問にも書きましたが

先方と当方の境界がお互いに入り組んでいるのが、今回の測量で初めて解った事ですので、最初は当方の借地内に建てたつもりです。

塀を作った時の当事者は、先方は他界

当方は、寝たきりりで確認取れませんが、当初は、当方、先方の親が話し合いで決めたと思います。

それ以後1度塀を改修していますので、その時は、当家負担である事を、自分も確認していますので間違い有りません、塀に隣接している当家の車庫の柱も一部被害を受けています。

以上よろしくお願い致します。

専門家:  t-lawyer 返答済み 2 年 前.
ご返信ありがとうございます。
なるほど,事情はよくわかりました。
まず,法律の規定を確認します。
民法225条1項は次のように定めています。
「二棟の建物がその所有者を異にし、かつ、その間に空地があるときは、各所有者は、他の所有者と共同の費用で、その境界に囲障を設けることができる。」
そして,民法226条は次のように定めています。
「前条の囲障の設置及び保存の費用は、相隣者が等しい割合で負担する。」
つまり,塀の修繕費用は,建物所有者同士が折半する,というのが民法の規定です。
しかし,民法というのは,当事者の間に何も約束事がないときに適用されるものであり,当事者間に約束事があれば,その約束事の方が優先します。
これを私的自治の原則といいます。
そこで今回の件を考えます。
塀の修繕について,質問者様と隣地の方との間で,「隣地の方が修繕する」という合意が出来たのですよね。
この合意は,合意の当事者でない質問者様の方の地主がいくら「自分が修繕することになった」と言ったところで,翻るものではありません。
つまり,質問者様は,隣地の方に対して,「あの時修繕すると言ってくれたでしょ。修繕してください。」と請求することができます。
そして,隣地の方と質問者様の地主との間で,質問者様の地主が修繕するとなっているのならば,隣地の方が質問者様の地主に対して,修繕費用を請求するなり,修繕自体を依頼するなりすればいい話です。
隣地の方が,質問者様からの修繕要求を断ることは間違っています。
ご参考になれば幸いです。
よろしくお願いいたします。
t-lawyerをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問