JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
tkomに今すぐ質問する
tkom
tkom, 司法書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 89
経験:  千葉大学卒
79000620
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
tkomがオンラインで質問受付中

土曜日に簡易裁判所から書類が届きました。 妹の夫が契約しているアパートの家賃滞納で金額115万(3年分)です。私は

質問者の質問

土曜日に簡易裁判所から書類が届きました。
妹の夫が契約しているアパートの家賃滞納で金額115万(3年分)です。私は連帯保証人です。
妹は夫からのDVで現在離れて生活して、私達家族も夫とは安全の為、接触しない様に警察から指導を受けています。
そういう夫でしたので、前々から保証人を辞めたいと言ってましたが、夫は障害(療育B)を持っていまして身寄りもなく変わりに保証人が居ませんでした。
今回、裁判所からきた書類は被告である夫と連帯保証人の私に滞納金を支払えとの内容でしたが、アパートの契約書と承諾書に3ヶ月滞納したらアパートの解約、連帯保証人への連絡を行うとありました。
連帯保証人である以上、裁判所の出頭と支払いは応じようと思いますが、大家さんも3年もの家賃滞納させる事に落ち度があると思いますし、3年間何の連絡も無く、いきなり100万もの大金を支払えとは納得のいかない所もあります。
ただ、夫は仕事もしていませんし、障害年金も差押さえ禁止との事で滞納金額支払いは難しいと思います。
私達家族に迷惑をかけてきた夫に家賃の支払いをさせ、出来ればアパートから強制退去でこの町から出ていって欲しいです。
なんとかならないでしょうか?
宜しくお願い致します。
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  tkom 返答済み 3 年 前.
tkom :

いくつか確認したいのですが、裁判所からきた書類というのは訴状でしょうか?内容は滞納金の支払を求めるだけですか?アパートからの退去は求められていないのでしょうか?

Customer: 裁判所から送られてきた書類は訴状です。
tkom :

おそらく裁判の手続きの中で、「夫又は相談者様は連帯して○月○日までに家賃を支払え、支払わなければ○月○日までに退去せよ」というような判決なり和解がなされると思います。その上で家賃を支払わなければ大家さん側が強制執行して夫は強制的に退去させられます。なので家賃を支払わなければ夫は強制退去させられます。なお、夫の支払能力が無いようなので支払いをさせるのは難しいでしょうし、相談者様は連帯保証人なので家賃の支払を免れるのは困難です。大家さんと和解して減額や分割支払に応じてもらうほかなさそうです。相談者様の財産を差し押さえられる恐れもあります。あと、裁判の期日で夫も出頭してくる可能性があり、被告側に同席することになります。そのためもし接触したくないのであれば弁護士や司法書士に裁判の代理を依頼した方が良いでしょう。

Customer: 回答有り難うございます。
Customer: 今年、自宅を購入したばかりなので財産差押えは、やはり自宅が取られるんですかね?
Customer: 夫の財産差押えとかは出来ないんでしょうか?
Customer: 財産は持っていない可能性が高いですが軽自動車や家財等の売却で少しでも払わせたいと思ってます。
tkom :

大家さんが家賃の1年分でも回収できればと言っているということですし不動産の強制執行まではしない気もします。強制執行するとなると裁判所での手続きとなるのでお金がかかります。弁護士に依頼したりすれば115万のうちいくらも手元に残らないということもありえます。減額してでも任意で支払してもらうことを選ぶのではないかと思います。ただ、相手の考え次第なので一応、相談者様のご自宅の不動産強制執行の手続きとしては、不動産を差し押さえて競売にかけて、その代金の中から大家さんが家賃を回収して、残りを相談者様に返還するということになります。夫の財産のうちまず軽自動車ですが、その車の価値にもよります。強制執行にはお金がかかるので古くてあまり価格のつかない自動車ですと費用倒れに終わります。あと家財については動産の強制執行ということになります。ただ、個人の動産差し押さえは制限が多く(生活必需品は×、現金も66万円までは差し押さえできない等)、ほぼ回収できない可能性が高いです。ですから強制執行ではなく、夫が任意で軽自動車や家財を売却して支払ってくれればよいのですが。

Customer: 回答有難うございます。
Customer: 強行執行出来ないのでは夫はまだアパートに住み続ける事になるますよね。
tkom :

財産の強制執行とアパート立ち退きの強制執行については、別の手続きとなります。財産の執行は家賃を回収するためのものですが、それとは別に大家さん側が裁判の中で立ち退きを要求してそれが認められるか、又は和解案の中で家賃を支払わない場合は立ち退くというような条件を入れた場合には、裁判後に大家さんが夫に対して立ち退きの強制執行(強制退去)を申立てることができます。3年も滞納しているのであれば恐らく立ち退きは認められるでしょう。なので裁判終了後に大家さんが立ち退きの強制執行を申立て、強制執行がなされるまでは夫はアパートに住み続けることになります。

Customer: 回答有難うございます。
Customer: 大家さんは司法書士の方に依頼されてるので、そちらと話してみます。
Customer: 減額と夫の強制退去で話して良いんですよね?
Customer: 弁護士に依頼しようと思ってたんですが、こちら側が不利な状態は分かりました。
tkom :

そうですね、代理人の司法書士に事情をお話しして、相談者様の希望を伝えてみるのが良いかと思います。法律上は確かに連帯保証人という立場があり、支払い義務を免れないところではありますが、DV等の特殊な事情もあるのでそのあたりを大家さんに考慮してもらって減額での和解ができるかどうかですね。なお、連絡するときには代理人の司法書士にするようにしてください。代理人がついているのに直接本人(大家さん)に連絡してしまうと相手方の感情を悪化させてしまう可能性もあります。

Customer: 有難うございます。
Customer: 噂では詐欺紛いの事をして車代金も支払ってないとか。
Customer: まだ問題はありますが、どうやっらアパートから出て行ってくれるのか頭が痛い所です。
Customer: 大家さんも被害者ですが私も被害者みたいな所もありますので、そう言う話をしてみようと思います。
Customer: 最後に今回の裁判で連帯保証人を辞める事とか出来るしょうか?
tkom :

やはり滞納家賃を支払うしかないですね。一応大家さんに了承してもらえれば連帯保証契約を解除することもできますが、さすがにそこまでは難しいでしょう。なので現実的に考えられる可能性としては、減額和解をして合意した金額を支払い、相談者様については債務を免除してもらうといったところでしょうか。あと問題になりそうなのは夫が立ち退きするとなった時のアパートの原状回復義務や立ち退きさせる時の費用ですね。これらも連帯保証の範囲に入るので原状回復義務についてもあわせて和解条項に入れておいた方が良いです。もう既に訴訟提起されていることですし、もし弁護士や司法書士に依頼する場合ははやめに相談に行った方が良いと思います。

Customer:

今回の裁判で滞納分支払ったとして、これからの家賃を夫が支払うとは思えません。

Customer:

事実、家賃を支払うよりは車代を支払うという感じですし、その車代も払ってない様です。私としては今回の裁判で、保証人を辞め、妹と離婚してもらい縁を切りたいと思います。

Customer:

もし弁護士や司法書士に依頼した場合、金額はどれくらい掛かるのでしょうか?

tkomをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中
専門家:  tkom 返答済み 3 年 前.
今回の裁判で大家さん側が夫に賃貸契約解除と立ち退きを求めれば、賃貸契約解除によって相談者様の連帯保証契約も終了します。そうすれば解除後に新たな支払い家賃は発生しません。保証人でもなくなります。既に発生している滞納家賃の支払義務のみとなります。金額については現在報酬基準がないので一概には言えませんが、弁護士(着手金20~30万+減額報酬15~20%程度)、司法書士(着手金5~10万+減額報酬10~15%程度)といったところでしょうか。ただし、地域差や事務所により報酬体系が異なりますので初回相談時によく説明を聞いてから依頼するか判断しましょう。

法律 についての関連する質問