JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
jo-banに今すぐ質問する
jo-ban
jo-ban, 弁護士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 2613
経験:  慶應義塾大学卒業。茨城県において法律事務所経営。
67881597
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
jo-banがオンラインで質問受付中

取材商法契約後、契約破棄できるか。

質問者の質問

取材商法契約後、契約破棄できるか。
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  jo-ban 返答済み 2 年 前.

弁護士です。

契約書に日付は入っていますでしょうか? 契約書に日付が入っていなければ、無期限にクーリングオフが適用され解除を主張することができます。

仮に日付が入っていなくても、詐欺による意思表示の取り消し、または錯誤無効を主張するできる可能性は高いでしょう。

ただ、取材商法の詳細がわかりませんので、実際にこれらの主張をする場合には、専門家に実際に相談なさることをおすすめします。

取材の形態、その後の雑誌(?)の発行部数などで主張が認められるかどうかがかわってきます。

質問者: 返答済み 2 年 前.
契約書というより申し込み書ですが、日付は入っています。雑誌発刊によって契約は成立すると書かれています。支払わない場合、違約金を払うとあります。個人ではなく、事業主なのでクーリングオフはできないと消費者センターでは言われてます。それでも詐欺による意思表示の取り消し、錯誤による無効が主張できるものなのでしょうか?
専門家:  jo-ban 返答済み 2 年 前.
事業者なのですね。それなら確かにクーリングオフはできません。

詐欺取消、錯誤無効は事業者かどうかは問いません。

騙された、勘違いしたといった事情があればそれらを主張することは可能です。
ただ、実際にそのような事情があって、法的に認められるかどうかまではネットでの相談ではお答えできないということです。

これらの場合には違約金はかかりません。

いずれにせよ、相手が悪徳業者のおそれもありますから、こちらも対応を急いだ方がいいでしょう。
jo-banをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 2 年 前.
何度もすみません。雑誌が発刊されてしまった後では詐欺取消等は難しくなるのですか?それまでに、相手に解約の意思を伝えた方がいいですか?
現在まで、相手からの連絡は無視している状況です。

こういう場合、弁護士に相談するのか行政書士に相談するのかわかりません。
また費用もどの位かかるのでしょうか?
専門家:  jo-ban 返答済み 2 年 前.
詐欺取り消しの可否と発行の前後は関係ありません。

相談するなら弁護士をおすすめします。
相手業者との交渉権があるのは弁護士のみです。

費用については、その事務所次第としかいいようがありません。
被害金額を下回るようにお願いするといいでしょう。

法律 についての関連する質問