JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
supertontonに今すぐ質問する
supertonton
supertonton, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 4807
経験:  中央大学卒平成14年行政書士登録離婚・相続等の法務手続の専門家
61894004
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
supertontonがオンラインで質問受付中

昨年8月に母が亡くなりました。 生前、母から預金通帳を見せてもらったことがあり、残高が1000万円程あったと思うの

解決済みの質問:

昨年8月に母が亡くなりました。
生前、母から預金通帳を見せてもらったことがあり、残高が1000万円程あったと思うのですが、その話をすると、兄(長男)が拒絶し、最終残高も教えてくれません。
もし、家のリフォーム・介護費用・葬儀等で使ってしまっているのなら、その旨説明してくれれば、納得しますが、その説明も拒絶しています。
父は既に亡くなっており、相続人は、兄2人と私の3人です。
兄に預金使ってしまっているのなら、それはかまわないから、あるかないかだけでも教えてくれるよう頼みましたが、拒否されました。
ただ、預金に手はつけてないとは言ってます。
ということは、預金あると思うのですが。
母が亡くなる前にもう一人の兄に母の預金を引き出すような話をしていたそうです。
母に通帳を見せてもらったのは、かなり前のことなので、どの銀行に口座があったのかわかりません。
このような場合でも残高証明をとることはできますか?
預金残高、残高が0ならば、引き出す前の残高や明細を銀行で発行してもらうことはできますか?
家庭裁判所で調停となりますと、手続は難しいでしょうか。
専門家にお願いすると、かなりの費用がかかりますか?
全くの素人で、質問文章もつたなく、わかりにくいかと思いますが、どうぞよろしくお願いいたします。
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  supertonton 返答済み 3 年 前.
初めまして、民事法務手続専門の行政書士のSUPERTONTONでございます。
それは大変お悩みのことと思います。
ご心痛お察し申し上げます。
お話から、お兄様が、お母様の生前に預貯金を引き出すのは
委任を受けていなければ、横領や窃盗になる可能性がございます。
ただ、親族の場合は、親族相盗例が働き、窃盗罪等で刑事告訴が出来ない場合がございます。
それでも、民事での不当利得返還請求は可能です。
また、遺言があって、お兄様に預貯金をすべて相続させるとあれば、全額引き出しは可能ですが
ご相談者様には、相続割合に基づく遺留分減殺請求が可能です。
遺言が無い場合は、遺産分割協議書を相続人全員で作成しないといけないので
勝手に預貯金はおろせないことになっています。
多分、そこまで隠すのは、預貯金を勝手にすでに生前におろしている可能性がございます。
預貯金の残高証明は、相続人であれば誰でも取れるので思い出して探すしかありません。
一般的に、銀行を探す場合も、近くの銀行の支店を全部回ることになります。
場合によっては、探偵事務所にご依頼すれば調べることも可能です。
相続問題で争う場合は、家庭裁判所の遺産分割の調停を申立てることになります。
費用は数千円で、弁護士の先生ご依頼する必要もございません。
仮に、弁護士の先生にご依頼されると相続の場合は、普通より着手金から高額になり
100万円を要求されることもございます。
まずは、相続について協議しようとお兄様達に求めることです。
頑張って下さい。
質問者: 返答済み 3 年 前.

ご回答ありがとうございます。

兄2人が全く話し合おうとしてくれないので、残高証明をとってみようかと思います。

銀行の残高証明は、私1人だけの書類でとれるものなのでしょうか。

もし、家庭裁判所に申し立てる際は、申立書等書類作成は、難しいのでしょうか。

素人でも作成できるものですか?

申立書だけ専門の先生にお願いすることはできますか?

もし、できる場合は、費用はかなりかかってしまうのでしょうか。

よろしくお願いいたします。

専門家:  supertonton 返答済み 3 年 前.
ご相談いただきまして誠にありがとうございます。
残高証明は、相続人であれば誰でも取れるはずです。
相続人を証明できる戸籍謄本等があれば問題はありません。
家庭裁判所の申立は割と簡単にできると思いますし
家庭裁判所の手続き相談の窓口でも丁寧に教えていただけます。
家庭裁判所の手続きなので、申立だけでも弁護士の先生の業務になります。
数十万円はかかる可能性がございます。
ただ、今は、自由報酬制度なので見積もりを取られても良いでしょう。
とりあえず、遺産分割協議を要求する内容証明を出してみるのも手です。
応じない場合は、家庭裁判所の調停にすると主張されると良いでしょう。
頑張って下さい。
質問者: 返答済み 3 年 前.

早速のご回答ありがとうございます。

先程、記載するのを忘れてしまったのですが、このようなケースの場合、時効はあるのでしょうか。

母が亡くなってから1年が経ってしまいました。

兄から何か言ってきてくれるものと思って待っていたため、動くのが遅くなってしまいました。

よろしくお願いいたします。

専門家:  supertonton 返答済み 3 年 前.
遺産分割協議自体には、時効はありません。何十年と争う場合もときどきあります。
ただし、遺言がある場合、遺留分減殺請求は相続を知ってから1年以内なので
問題ですが、そうでなければ、いつまでも争えます。
頑張って下さい。
質問者: 返答済み 3 年 前.

ご回答ありがとうございます。

しつこく質問して申し訳ございません。

遺言がなければ、大丈夫ということですね。

仮に遺言があった場合、相続を知ってからというのは、相続財産があるのがわかってからということでよろしいのでしょうか。

実は、兄からのメールで、「母の財産を守るのが自分の使命」というようなことが書いてあり、それで預金があったのを思い出したのです。

よろしくお願いいたします。

専門家:  supertonton 返答済み 3 年 前.
相続を知ってからと言うのは、財産の存在と言うことではなく
相続の開始つまりお母様が亡くなってからです。
お母様の財産を守ると言うのは構わないですが、相続権を無視することは
出来ません。
そう言うことであっても、生前に財産を勝手にすることは横領や窃盗になります。
頑張って下さい。
supertontonをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問