JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
shihoushoshikunに今すぐ質問する
shihoushoshikun
shihoushoshikun, 司法書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 2258
経験:  東京司法書士会所属
67942392
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
shihoushoshikunがオンラインで質問受付中

実の親に民事訴訟をおこされました(2000万の損害請求)、裁判で負けて私が損害金を払わない場合、相手(代理弁護士)は

質問者の質問

実の親に民事訴訟をおこされました(2000万の損害請求)、裁判で負けて私が損害金を払わない場合、相手(代理弁護士)は私の銀行預金や保険金などを税務署のように調べることができるのでしょうか?
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  shihoushoshikun 返答済み 3 年 前.
質問を投稿していただき、ありがとうございます。司法書士のshihoushoshikunと申します。わかりやすい回答を心がけてはおりますが、回答にご不明点がある場合は、「評価」の前に返信機能でご質問下さい。
もし、裁判に負けて支払いの判決がなされたのにもかかわらず、その金額を支払わなければ強制執行されてしまいます。
そして、質問者様の財産を差し押さえるために調査をすることができます。
したがって、相手の弁護士は質問者様の銀行口座の預金を調査することが可能になります。
もちろん保険金についても債権調査として調べることが可能です。
質問者: 返答済み 3 年 前.

債権調査として調べることができるということは、各銀行や保険会社は問い合わせがあった場合、預金(取引)があるかどうか等を答えなかればいけないといううことですか。

専門家:  shihoushoshikun 返答済み 3 年 前.
そうですね。債権者として差し押さえる権利があるわけですから、例えば、○○銀行に対して「△△さん(質問者様)の預金があれば差し押さえますので、よろしくお願いします。」というように調査していきます。
そのように通知された銀行や保険会社は応じる義務があります。
shihoushoshikunをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 3 年 前.

返答ありがとうございます。もうすこし詳しく質問したいのですが、訴訟された後(判決がでる前)に銀行口座や保険及び土地などの名義を変更するとそれも差し押さえ対象なのでしょうか?

質問者: 返答済み 3 年 前.

何度もすいません、また未成年の子供名義の保険や預金等はどうなりますか。

専門家:  shihoushoshikun 返答済み 3 年 前.
>訴訟された後(判決がでる前)に銀行口座や保険及び土地などの名義を変更するとそれも差し押さえ対象なのでしょうか?
→訴訟後に預金や不動産の名義を他人に移しても、債権者取消権というものがあり、結局はその名義を移転したことが無効となり、差し押さえられる結果になります。

>未成年の子供名義の保険や預金等
→子どもの名義であるなら質問者様の差し押さえの対象になりません。
ただし、預金に関しては子どもの名義としながらも、実質は親のものとみなされるほどの大きな金額であれば、親の財産とみなされて差し押さえの対象になり得ます。また、差し押さえを逃れるために、子どもの口座にお金を移した場合でも、質問者様の財産とみなされて差し押さえの対象となります。

質問者: 返答済み 3 年 前.

私の夫名義の財産はどうなりますか、又債権調査は夫、子供等も調査されるのでしょうか、債権者取消権とは裁判みたいなものですか、

専門家:  shihoushoshikun 返答済み 3 年 前.
質問者様の夫の名義の財産は関係ありません。あくまでも、訴えられた質問者様の名義の財産が対象です。

ですから、夫や子どもの財産調査はされません。

債権者取消権は裁判で行われます。
質問者: 返答済み 3 年 前.

本人の財産調査は何年前ものからされるのでしょうか、たとえば数ヶ月前に預金を解約して現在は口座はありませんとか過去のものまでしらべられるのでしょうか?

専門家:  shihoushoshikun 返答済み 3 年 前.
そんなに前のものまで調べることはないでしょう。

ただ、例えば半年前からずっと請求されていて、これまで支払っていないという場合は、請求を始めたころからの財産を調べる場合もあり得ます。

基本的には、今現在の財産を調べると考えて構いません。
質問者: 返答済み 3 年 前.

基本的に今現在の財産を調べると言うことは、訴訟中は調べなくて、敗訴後現在を調べられるということですか。

質問者: 返答済み 3 年 前.

基本的に今現在の財産を調べると言うことは、訴訟中は調べなくて、敗訴後現在を調べられるということですか。

専門家:  shihoushoshikun 返答済み 3 年 前.
訴訟中も調べられることはあります。債権を保全(確保)するため、財産を仮に差し押さえされることも考えられます。

仮差し押さえされると、敗訴後に本差し押さえの対象になります。
預金を仮差し押さえされると、引き出すことができなくなります。


質問者: 返答済み 3 年 前.

  • 訴訟中に調べられると言うことは、裁判中でも債権調査権利があるということですか。

専門家:  shihoushoshikun 返答済み 3 年 前.
そうです。裁判中は仮差し押さえのため、裁判で判決が出たあとは強制執行するために債権を調べることができます。

質問者: 返答済み 3 年 前.

それはよくあることですか、又こちらが反訴すれば訴訟中に相手の財産をまた、仮差押のための債権調査権利があるといううことですか?

専門家:  shihoushoshikun 返答済み 3 年 前.
相手に対して反訴する権利(金銭債権)が何かあればできますが、相手に対して何も債権がなければ反訴できませんから、相手の財産の調査はできません。

訴訟中に財産を仮差し押さえることはよくあることです。預金の仮差し押さえは典型例です。

質問者: 返答済み 3 年 前.

それは親子間(家族間)の訴訟でもよくあることですか?

専門家:  shihoushoshikun 返答済み 3 年 前.
家族間の訴訟とかは関係ないです。相手についた弁護士によります。ただ、大抵の弁護士は仮差し押さえをしてくると考えられます。
質問者: 返答済み 3 年 前.

それは親子間(家族間)の訴訟でもよくあることですか?

専門家:  shihoushoshikun 返答済み 3 年 前.
>金銭債権請求ではなく、損害賠償請求でもおなじですか
→同じことです。

法律 についての関連する質問