JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
t-lawyerに今すぐ質問する
t-lawyer
t-lawyer, 弁護士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 582
経験:  東京大学卒業
78091396
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
t-lawyerがオンラインで質問受付中

lineで友人からiTunesカードを買って欲しいと以来あり合計で35万支払いました。 後に電話で確認したころ

質問者の質問

lineで友人からiTunesカードを買って欲しいと以来あり合計で35万支払いました。
後に電話で確認したころ乗っ取られて操作も出来なくなったと言われました。
一応フェイスブックでお知らせしていたから保証出来ないと言われました。
本人いわく最近line柄みの詐欺が流行ってるから知ってるかと思ったと言われました。
おそらくlineの詐欺が流行っている事を知っていて乗っ取られるという事はセキュリティ
にも問題があったのではと思います。
それとそんな事例を知っていながらlineが乗っ取られている事を知った時点でフェイスブックで告知だけでなく、lineで繋がっている全員にきちんと連絡する義務があり、
それをしていなかった事に過失があると思うのですがどうなんでしょうか?
請求出来ますでしょうか?
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  t-lawyer 返答済み 3 年 前.
弁護士のt-lawyerです。
回答させていただきます。

今回は腹立たしい思いをされたと思います。
乗っ取られたご友人の言い方も,もう少し言い方があるのではないかと思いました。

さて,質問者様がご友人に損害分を請求するとすれば,質問者様とご友人との間に何か契約があったわけではないので,不法行為責任(民法709条)ということになります。
ご友人に不法行為が成立するには,少なくとも,ご友人がラインを乗っ取られたことを知ったうえで,ラインでつながっている全員に個別に伝える「法的義務」が存在する必要があります。
しかし,この倫理的義務,道徳的義務は認められることはあっても,法的義務までは認められないと思います。

法的義務が認められない以上,たとえラインでつながっている全員に連絡を取らなかったとしても,それが過失に当たることはありません。
そのため,ご友人に請求することは法的には難しいと考えます。

最後に確認ですが,購入したituneカードは誰の手元にあるのでしょうか。
仮にご友人の手元にあるのならば,質問者様には不当利得返還請求権(民法703条)があるので,そのカードについては返還請求をすることができます。

ご参考になれば幸いです。
よろしくお願いいたします。
質問者: 返答済み 3 年 前.

t-lawyer様


ご回答ありがとうございます。


 


カードは裏面の番号を写真で撮り送ったので手元にあります。


 


本日アップルストアでiTunesカード持参で確認したところ


全てログインされていて取り戻しはアップルストアから不可能


と言われました。


iTunesカードの販売はアップルストアやコンビニですが


カードの詳細はiTunesカードを取り扱う別会社らしく


今そこに調べてもらっていますが残高が少しあるようです。


その残高だけでも返却してもらう事は可能でしょうか?


現金でなくても良いのですが。


 


乗っ取られた友人への請求は諦めた方が良いという事でしょうか?


 


35万泣き寝入りなのでしょうか?

専門家:  t-lawyer 返答済み 3 年 前.
よろしくお願いいたします。

申し訳ありません,itunesカードの仕組みをいまいちわかっていなかったのですが,残高があるのならば,それ以上使用されないようにする必要がありますね。
カードについて取り扱う会社に連絡し,これ以上損害が増えないようにする必要はあります。
残高については,今誰が所有していることになるのでしょうか。
質問者: 返答済み 3 年 前.
残高は取扱い会社に差押えしてもらっています。

残高事態は友人のlineを乗っ取った本人の元にあります。(取扱い会社により差押えになっているので使用不可能になってますが)
専門家:  t-lawyer 返答済み 3 年 前.
返信ありがとうございます。

残高は使用不可能な状態で犯人の元にあるのですね。
その残高を返してもらう権利はもちろん質問者様にあります。
質問者様は,真の意思で犯人に対し,カード裏面の番号を伝えたわけではないからです。
高輪警察署に被害届を出したことを伝え,その取扱い会社に,残高を戻してもらうように連絡してみてはいかがでしょうか。

乗っ取られた友人については,正直その後の対応に腹立たしさはありますが,法律的には請求することは難しいと思います。

35万円については,警察の捜査で犯人を見つけてもらい,その犯人に対し請求することができます。
また,ありうる請求としては,脆弱なシステムを作ったラインに対して,請求することも考えられなくはありません。
ただし,ラインへの請求は,かなり綿密に打ち合わせ,調査をする必要があるので,この場で詳しく回答することはできません。

以上,ご参考になれば幸いです。

法律 についての関連する質問