JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
t-lawyerに今すぐ質問する
t-lawyer
t-lawyer, 弁護士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 582
経験:  東京大学卒業
78091396
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
t-lawyerがオンラインで質問受付中

今年5月愛車を中古車業者に売りました。自動車税をまだ納付してなかったので、4月・5月の2ヶ月分として10,000円を

解決済みの質問:

今年5月愛車を中古車業者に売りました。自動車税をまだ納付してなかったので、4月・5月の2ヶ月分として10,000円を業者に渡し残り10か月分は払ってくれるよう約束して車を渡しました。私は鳥取 業者は東京と離れている為会えず、6月・7月と税の納付書が来る度に送り、電話で納付するように言いましたが、一向に誠意が見られず、とうとう差し押さえ通知書が来ました。このような誠意のない業者に何か良い対処方法がありませんでしょうか?
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  t-lawyer 返答済み 3 年 前.

回答させていただきます。

よろしくお願いいたします。

自動車税の納付書は,車検証に記載された所有者に宛てて送られてきます。

そのため,納付書を中古車業者に送られるようにするには,車検証の所有者の名義変更をする必要があります。

質問文からは明らかではなかったのですが,売却した際には,質問者様が名義変更に必要な書類を中古車業者に渡し,中古車業者が名義変更をすることになっていたにもかかわらず,まだ名義変更をしていないということでいいのですよね。

また,中古車業者との間では何か契約書を結びましたでしょうか。

その契約書に,名義変更は買主(今回は中古車業者)が行うと書いてあれば,中古車業者が契約に明確に違反していることになります。

仮に,契約書を何も結んでいなかったとしても,口頭での合意も契約となるので,口頭での合意及びこちらが必要書類をすでに送付している事実をもって,相手方が契約違反をしていることになります。

さて,今後どうするか。

私ならば,納得はいかないですが,まず,税金は立て替えて支払います。

なぜならば,支払わないことの不利益が質問者様に来てしまうからです。

そして,質問者様が立て替えて支払った税金分の支払と迅速な名義変更を内容証明郵便で求めます。

電話での督促は一向にかまわないですが,納付書の原本を送ることはやめた方がよいです。

質問者様が支払う時に支払えなくなるので。

金額を知らせるためにコピーを送るのは構いません。

ご参考になれば幸いです。

よろしくお願いいたします。

質問者: 返答済み 3 年 前.

有難うございました。業者が支払ってくれるものと信じて、納付書は送ってしまいました。明日県税事務所へ行き相談してから立て替えるか考えます。内容証明だけで様子を見て、それでも誠意が見られない場合、弁護士に相談するのが良いのでしょうか。

専門家:  t-lawyer 返答済み 3 年 前.
お世話になっております。
お返事ありがとうございます。
納付書の件は了解しました。
県事務所で相談した結果立て替えるとなれば,再発行してくれるので全く問題ありません。
そうですね。
まずは質問者様の方で内容証明郵便を作成して様子を見ることでいいと思います。
内容証明郵便の送付から弁護士に依頼するのもいいですが,やはり費用との関係でもったいないと思うので。
内容証明でも何も反応がなければ,弁護士に相談し,弁護士名で改めて内容証明郵便を送ってもらうのがいいと思います。
それだけなら5万円程度でやってくれる先生が一般的だと思います。
ご参考になれば幸いです。
よろしくお願いいたします。
t-lawyerをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問