JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
shihoushoshikunに今すぐ質問する
shihoushoshikun
shihoushoshikun, 司法書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 2225
経験:  東京司法書士会所属
67942392
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
shihoushoshikunがオンラインで質問受付中

先日兄が突然亡くなりました。妻と両親と同居しています。私は妹で他市で生活しています。生前、家の名義が父4割兄6割でし

質問者の質問

先日兄が突然亡くなりました。妻と両親と同居しています。私は妹で他市で生活しています。生前、家の名義が父4割兄6割でした。兄が亡くなったことで父6割兄の妻が4割になると聞きました。実は兄には借金があることがわかり、兄の妻が全額支払うことを条件に両親と妹である私に相続放棄するように相談してきました。相談が妥当なのかどうか教えてください。家についてはローンは返済済み。借金は500万円程度です。アドバイスよろしくお願いします。
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  shihoushoshikun 返答済み 2 年 前.
質問を投稿していただき、ありがとうございます。司法書士のshihoushoshikunと申します。わかりやすい回答を心がけてはおりますが、回答にご不明点がある場合は、「評価」の前に返信機能でご質問下さい。
お兄さんが亡くなったことで、相続人は兄の妻と兄の両親になります。
相続割合は、兄の妻が3分の2、両親が3分の1(父親6分の1、母親6分の1)となります。
つまり、不動産の持分は兄の妻が10分の4(4割)、父親がもともと持っていた自分の持分と合わせて10分の5、母親が10分の1となります。兄の妻が4割、両親合わせて6割となります。
また、借金も同じく相続することになります。兄の妻が500万の3分の2で約333万円。
両親が500万の3分の1で約167万円を負担することになります。
そうなると、両親が相続する兄の不動産の持分3分の1(不動産全体では10分の2)の価格と、相続する借金の167万円を比べて、借金の方が大きければ相続放棄することは妥当だと言えます。
例えば、家の価格が500万円だとしたら、両親が相続する不動産の価値は100万円ということになりますから、借金のほうが多くなります。その場合は相続を放棄し、兄の妻に借金を支払ってもらったほうが良いことになります。
でも、家の価値がどれくらいかは不動産業者に査定してもらわなければ分かりませんので、この場で家の価値(正確な金額)を出すことは難しいです。
父親はすでに10分の4の持分で家の持分を持っていますから、兄の相続を放棄しても住む家を無くすということはありません。その点は安心して大丈夫です。
もし、上記の点を考えて相続放棄したいと思うならば、両親と妹である質問者様も相続放棄する必要があります。
話をまとめると、両親が相続する借金は約167万円。そして、相続する不動産は全体の価値の10分の2の割合。
2つの価格を比較して、相続するか、相続放棄するかを決めることができるということになります。
質問者: 返答済み 2 年 前.

妹である私が放棄する対象は、あくまでも今回兄が亡くなったことで発生する相続分でしょうか?また、共同名義の場合、持ち分の割合が減ることが処分の決定などに不利益につながることはない、と受け取ってよろしいでしょうか?

専門家:  shihoushoshikun 返答済み 2 年 前.
>妹である私が放棄する対象は、あくまでも今回兄が亡くなったことで発生する相続分でしょうか?
→その通りです。お兄さんの相続についての放棄です。もしご両親が亡くなられた場合には、きちんとご両親の財産は相続できます。
>共同名義の場合、持ち分の割合が減ることが処分の決定などに不利益につながることはない、と受け取ってよろしいでしょうか?
→その通りです。持分が少ない方が多い方の処分に従わなければならないことはありません。
持分を持っていいれば、その不動産を利用する当然の権利があります。ですから、今回相続を放棄して持分が増えなくても今まで通り家に住み続けることができます。
shihoushoshikunをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 2 年 前.

前回の内容に引き続きの質問です。兄の借金について、信用情報機関で正確な金額を確認することにしました。使用していた車は買い取ってもらい返済にあてる予定です。お香典の200万円についても手をつけずにとってあります。お香典は借金の返済ではなく葬儀代にあてても問題はありませんか?仕事の内容から、亡くなったあとも収入がしばらくあります。①所有していた車②お香典③亡くなったあとの収入、以上3点の取り扱いについて、留意することがあれば教えて下さい。また、今回、家族間で取り決めたことを口約束だけにせず、きちんと書類で残したいと思います。専門家が必要であればその立場の方にお願いすれば良いのでしょうか?

質問者: 返答済み 2 年 前.

前回の内容に引き続きの質問です。兄の借金について、信用情報機関で正確な金額を確認することにしました。使用していた車は買い取ってもらい返済にあてる予定です。お香典の200万円についても手をつけずにとってあります。お香典は借金の返済ではなく葬儀代にあてても問題はありませんか?仕事の内容から、亡くなったあとも収入がしばらくあります。①所有していた車②お香典③亡くなったあとの収入、以上3点の取り扱いについて、留意することがあれば教えて下さい。また、今回、家族間で取り決めたことを口約束だけにせず、きちんと書類で残したいと思います。専門家が必要であればその立場の方にお願いすれば良いのでしょうか?

法律 についての関連する質問