JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
supertontonに今すぐ質問する
supertonton
supertonton, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 4814
経験:  中央大学卒平成14年行政書士登録離婚・相続等の法務手続の専門家
61894004
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
supertontonがオンラインで質問受付中

お世話になります。 40代の会社員です。今年3月に業務でいわゆる「テープ起こし」作業をしてから、両耳が痛むようにな

解決済みの質問:

お世話になります。
40代の会社員です。今年3月に業務でいわゆる「テープ起こし」作業をしてから、両耳が痛むようになりました。耳鼻科、内科、心療内科のクリニックに相談しましたが、どこでも異常はないと言われます。ただ、痛みは確実にあり、この8ヵ月間寝ている間以外はずっと痛いままです。
ただ痛いだけでなく、特に女性のケタタマしい笑い声を聞くとツラさが増します。
職場には非常に騒々しい女性が何人かいまして、彼女たちは頻繁に大声で笑っていて、仕事に手がつきません。
以上のことを上司に相談したところ、職場での笑い声は必要であり、彼女たちの声は許容範囲であるとの返事が。さらに、テープ起こしで耳を痛めたというが医者が異常が無いというなら労災にはならないといわれました。
医者には、どうしても原因を探りたいなら大学病院でさらに詳細な検査を受けることを勧められました。しかしこれにはかなり高額な費用がかかり、検査をして治るとも限りません。
私は、2つのことを望んでいます。
まず、会社は僕の耳の痛みが業務によって生じたことを認め、治療にかかる費用を負担し必要な傷病休暇を認めること。
もうひとつは、けたたましく笑う女性社員にその行為をやめさせること。
以上を相談させていただきたく思っております。
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  supertonton 返答済み 3 年 前.
初めまして、民事法務手続専門の行政書士のSUPERTONTONでございます。
それは大変お悩みのことと思います。
ご心痛お察し申し上げます。
お話から、病院では何の異常もないと言うことですが
身体的に異常が無くても精神的なものから来るものもあるかもしれません。
ただ、心療内科も行かれていますので、メンタルなものでもないとなると
場合によっては、難しい病気かもしれませんから、やはり大学病院で調べていただくか
もう一度、産業カウンセラー等の意見を聞かれても良いでしょう。
また、職場環境に何らかの問題もあるかもしれませんから
労働基準監督署にご相談してみるのも手です。
お話からは、職場での何らかのストレスがかかっているのではと想像致します。
テープ起こしで、耳が痛くなるのが、職業病として多いのであれば
労働基準監督での認定がされる可能性もございます。
場合によっては、仕事の内容等による過労などの影響かもしれません。
女性の笑い声に関しては、上司の方の意図もあるようですから
ご相談者様だけ、作業場を変更していただくなどされても良いでしょう。
まずは、管轄の労働基準監督署にご相談されてみてはどうでしょうか。
頑張って下さい。
質問者: 返答済み 3 年 前.

女性の笑い声について再びお尋ねします。
私だけ作業場を変更、とのご提案ですが、納得できません。
私の立場からすれば、「笑顔と笑い声が絶えない職場を目指す」という聞こえのいいスローガンは、私にとってのディストピアを作るということです。私だけがなぜ我慢を強いられなければならないのでしょうか?
むしろ出て行くべきは非常識な笑い声を本能のまま垂れ流す人間の方では無いでしょうか?
職務により耳を痛め、その苦しみを負っているのは私一人です。このうえ、上司のユートピア作りのために私がなぜ更なる負担を強いられなければならないのでしょう?
私には、この不公平を背負う気力がもはやありません。

専門家:  supertonton 返答済み 3 年 前.
ご相談いただきまして誠にありがとうございます。
追加のお話から、かなり難しい問題とも言えます。
直接の上司の理想と会社の方針が異なるなら、更に上の上司にご相談されても良いでしょう。
笑顔をしている方も上司の指示だからしているかもしれません。
現場の職員全員で話し合っていくことかもしれません。
上司の指示に従えないなら辞めてもらっても構わないと言う話にもなるかもしれません。
いずれにしろ、まだなら、労働基準監督署にご相談に行かれた方が良いかもしれません。
頑張って下さい。
supertontonをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問