JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
fplawyerに今すぐ質問する
fplawyer
fplawyer, 弁護士・1級FP技能士・CFP
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 372
経験:  弁護士・1級FP技能士・CFP
71156846
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
fplawyerがオンラインで質問受付中

不倫している配偶者の携帯とかメールを、黙って見てもいいものでしょうか。 探偵が使っているGPS などを仕込むことな

解決済みの質問:

不倫している配偶者の携帯とかメールを、黙って見てもいいものでしょうか。
探偵が使っているGPS などを仕込むことなども、どうでしょうか、
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  fplawyer 返答済み 3 年 前.
弁護士です。
お答えいたしますので、よろしくお願いいたします。
原則は、夫婦といえども、プライヴァシーは保護されるので、厳密には違法になり得るでしょう(ただ、夫婦は、同居、貞操義務とうがあるのですから、その保護範囲は、第三者よりはかなり狭いと言えます)。
ただ、すでにある程度、不倫の蓋然性が高いと言える場合、将来の訴訟等の証拠収集のためであれば、やむを得ないと考えます。
不倫は、密室性が高く、外部からは容易に探知しにく、一般に立証は困難です。
他方、メール等は、かなり有効な証拠になり得ます。
ほかに、有効な立証方法は少ない以上、自己の権利防衛のためにやるやむを得ない行為と言えるでしょう。(ここで収集しておかないと、自己の権利保全にかなり損失となり得ます)
その意味で、違法性はあっても低いと思われます(法的には、慰謝料を請求された場合、その額が低くなる、ということです)
あと、実際上、証拠を得た側が、何らかの責任追及されることは殆どありません。
なぜなら、不倫している相手方の方が悪いからです。不倫をしている側が、プライヴァシー侵害を取り上げて、法的責任追求をしてくることは考えにくく、殆どありません。
不倫の責任について協議、和解等で、軽減を図ろうとした場合、プライバシー侵害等を主張することは、話し合いを壊す方向に働き、マイナスになることが多いでしょう。
以上の様に、実際上のこちら側の必要正、実際上責任追及される可能性が低いこと、違法となり得えたとしても、その違法性はかなり低くそれほど考慮しなくてもよいといえること、から、実行してもかまわないと考えます。
なお、民事訴訟では、一般に違法収集証拠は、証拠としてしっかり使えます。
ご検討下さい
fplawyerをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問