JustAnswer のしくみ:

  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。

houmuに今すぐ質問する

houmu
houmu, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 922
経験:  行政書士 知的財産修士 2級FP技能士
62663831
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
houmuがオンラインで質問受付中

24歳の時に幻聴が聞こえるために通院を始めたのですがその時に処方された薬のせいで幻覚症状がかなりひどくなりました。そ

解決済みの質問:

24歳の時に幻聴が聞こえるために通院を始めたのですがその時に処方された薬のせいで幻覚症状がかなりひどくなりました。そして17年たった現在それは幻聴ではなかったらしいのですがそれまでにかかった医療費その他、精神的ストレス、17年間の自分の人生、当時精神病棟の牢屋の様な部屋にいれられました、病院を訴えることは可能ですか。自分は当時法政大学に通っていたのでかなり常識もわきまえていたつもりです。幻覚(幻聴ではなく妄想などのこと)がひどくなり始めたのは薬を何種類も飲まされていたのが原因の様に思われます。薬のこともかなり調べました。そして幻聴ではなかった事もわかってきています。訴訟の起こし方や費用、賠償金の事などを知りたいのですが。その後も仕事は続けていました。いままで支払っていた医療費や仕事に支障をきたした薬の副作用など。

投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  houmu 返答済み 2 年 前.
・医療過誤の判断と協力医について
医療過誤であったかどうかについては、治療を受けていた当時の
一般的な医療水準から判断することになります。
例えば、ご質問者様はAという薬の処方を受けていたが、ご質問者様の症状から
考えて、Aという薬の処方は、当時の平均的な医師であれば不適切だと判断できる
ような場合であれば、医師としての注意義務に違反していると判断されます。
逆にいえば、現在から考えればありえないような処方であったり、大学病院の
専門医であれば、別のよりよい判断をできたはずだ、というケースについては、
医療過誤には当たらないというのが、現在の裁判所の考え方です。
これを医療水準論といい、実際に診察を受けたのが専門医であっても研修医で
あっても、また大学病院であっても町の診療所であっても、同じ水準によって
判断されることになります。
ここで、まず問題になるのが、ご質問者様自身の症状が実際にどうだったのか、
17年前の症状がどのようなものだったのかを立証するのは非常に大変であること、
さらに、17年前の平均的な医療水準を調査することも同様に大変であることが、
あげられます。
また、17年という長期間の話ですから、実際にどの時点までは適切で、どの時点から
不適切だったのか、という議論もでてくるでしょう。そうなりますと、各時点での
ご質問者様の症状や平均的な医療水準を調査しなくてはなりません。
医療訴訟を行うためには、担当してもらえる弁護士をさがすのも大変ですが、
それ以上に大変なのが、協力してもらえる医師を探すことでしょう。
医療訴訟は、例えばカルテを読むだけでも専門用語の塊ですから一苦労ですし、
医療上の過失を判断するためには医師の協力が欠かせません。しかし、医師というのは
ムラ社会ですから、仲間を糾弾することになる医療訴訟に協力をする医師というのは
なかなか見つかりません。
一つよくいわれるのは、医師・医療機関には派閥がありますので、対立する派閥に
属する医師であれば、協力してもらいやすいとはいいます。
・時効について
時効については、論理構成の取り方によって、3年の場合と10年の場合とがあります。
どちらの論理構成をとるかによって、どの程度までこちらが証明をしなければなら
ないか という範囲が異なってきますので、両方の期間を満たしている場合には並行
して論理立てをしていきます。
この、3年や10年という期間をどこから計算するかはケースバイケースです。
すでに何年も前に治療が終わっているのであれば厳しいですが、現在も治療中との
ことですから、まだ時効は進行していないというとらえ方が可能な場合もあり、
どこまで遡れるかは具体的に経過を追ってからでないと判断できません。
・カルテの保管について
法律上のカルテの保管期間は5年です。実務上はもう少し長く保管しているケースが
多いですが、17年前のものが残っているかどうかは難しいところです。
少しでも早く準備に取り掛かった方が、記録が残っている可能性は高いといえるでしょう。
・訴訟に要する期間について
医療訴訟は非常に時間がかかり、平成25年の平均で23.3か月となっています。
平均値ですから、当然これよりも長い訴訟もあるということになります。
もっとも、すべての事件が訴訟になるわけではなく、訴訟にならずに示談できる
ケースもありますからケースバイケースです。
参考
http://www.courts.go.jp/saikosai/iinkai/izikankei/
医療過誤を訴えている患者のあつまりや、医療訴訟に力を入れている弁護士の
集まりなどがありますので、まずはそのようなところで具体的に相談をされてみて、
ご質問者様と類似の事例を探して見られたり、話しのしやすい弁護士さんを探して
みられるところからスタートされてみてはいかがでしょうか。
※このような団体があるというご参考として記載するものです。
下記の団体は、JustAnswerや当職と提携関係にある団体ではなく、また、下記
団体を推薦するものでもありませんので、ご留意ください。
医療事故情報センター
http://www3.ocn.ne.jp/~mmic/
医療問題弁護団
http://www.iryo-bengo.com/general/conference-4.php
houmu, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 922
経験: 行政書士 知的財産修士 2級FP技能士
houmuをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 2 年 前.

病院側に話しても意味がないってことですよね。そういった場合、専門家の人に頼んだ場合どのくらい費用がかかるのでしょうか。また示談にする場合でもまずどこに相談するものなのか。それとカルテはまず残ってないでしょうから、どの様に証言すれば良いのでしょうか。幻聴はまず(幻覚ではないと思ってます。)。訴訟で勝った場合の成功報酬を法律家の方に何%か上乗せして、支払うという形で法律家の方に協力してもらうことは可能ですか。持ちあわせの金がありません。幻聴が聞こえるということで17年前に病院にいったのですが。その時の事を証言してくれる友人もいます。私は幻聴以外問題にはしていませんでした。普通に仕事もしていましたので薬の問題ではなく誤診ではないかということなのですが。そのさいに今まで処方されいた薬の弊害を問題にしているのですが。

薬を飲むようになってから幻覚(妄想)などがひどくなったのも実は気づいているのですが。間違いなく聴こえてます。どしても幻聴とは思えません。

ユーザーの声:

 
 
 
  • 法律に詳しいかたにお世話になりたくても、緊急時にはなかなか連絡がとれません。丁寧でわかりやすく、こちらの心情を理解した上で、 客観的な意見をしっかりした理由も合わせて 説明して下さり、不安の解消に繋がりました。 神奈川県 小野
< 前へ | 次へ >
  • 法律に詳しいかたにお世話になりたくても、緊急時にはなかなか連絡がとれません。丁寧でわかりやすく、こちらの心情を理解した上で、 客観的な意見をしっかりした理由も合わせて 説明して下さり、不安の解消に繋がりました。 神奈川県 小野
  • 自分の意向に添う回答がいただけたので、、安心して自分で答弁書を作成し、知人に紹介された司法書士に相談したところ、十分訴状に対抗できるとの判断をされました。それを参考に、細部を詰める点も有り、答弁書を確実なものとする為、最終的に司法書士に依頼しましたが、安価に受けてもらえることとなりました。 東京都 梅村
  • 法律などの専門家や弁護士が身近に居なかったわけではありませんが、事案発生が連休中や土休日、深夜早朝にかかるなど、次の行動に移る前に冷静な判断が必要な場合があり、また個人的なことでありますが、深刻化、長期化し、また経済的に家族にも迷惑をかけることで、結果として自身の公務に影響が及ぼすことを大変危惧いたしました。結果、このたびの利用となりまして、貴社より、迅速な回答をいただくことができました。事案発生後一両日のうちに、先方と連絡をとり、適宜支払い手続きへと話をすすめております。またこの経験を同業の者とも共有し、今後ネットを通じた活動へ生かせるように務めます。 山形県 青木
  • まずは親身になって回答をして頂ける専門家であったこと。説明が簡潔でわかりやすく、質問者が気持ちの整理をしやすい配慮が伺えた。 岐阜県 石川
  • 短時間で的確なアドバイスを受けることができ、かつ、回答に対する質問に対しても直ちに真摯な回答が得られました。 大阪府高槻市 川嶋
  • 専門知識のある経験豊富な方に出会う機会のない人でも、このサイトで実現出来ることは素晴らしいことだと思いました。 専門家が辛抱強く回答をしてくださる姿勢にも感謝いたしました。 茨城県日立市 池田
 
 
 

専門家の紹介:

 
 
 
  • supertonton

    supertonton

    行政書士

    満足した利用者:

    3395
    中央大学卒平成14年行政書士登録離婚・相続等の法務手続の専門家
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/SU/supertonton/2011-9-7_64453_nakano.64x64.jpg supertonton さんのアバター

    supertonton

    行政書士

    満足した利用者:

    3395
    中央大学卒平成14年行政書士登録離婚・相続等の法務手続の専門家
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/HO/houmujp/2014-1-5_72819_00.64x64.jpg houmu さんのアバター

    houmu

    行政書士

    満足した利用者:

    444
    行政書士 知的財産修士 2級FP技能士
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/RI/rikonnsouzoku/2012-4-28_141443_066960x1280.64x64.jpg rikonnsouzoku さんのアバター

    rikonnsouzoku

    行政書士

    満足した利用者:

    181
    弁護士事務所事務員行政書士事務所所長
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/SR/srlee7208/2012-9-19_13750_IMG9317.64x64.JPG srlee さんのアバター

    srlee

    社会保険労務士

    満足した利用者:

    43
    早稲田大学卒業。1999年社労士事務所開業。
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/EO/eokuyama/2011-11-8_163713_BioPic3.64x64.jpg eokuyama さんのアバター

    eokuyama

    弁護士

    満足した利用者:

    27
    University of New Hampshire Law School, University of Arizona, Keio University.Law Offices of Eiji Okuyama.
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/HA/hakase425/2011-8-16_9381_P1010445.64x64.JPG hakase425 さんのアバター

    hakase425

    弁理士

    満足した利用者:

    0
    -
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/SH/shihoushoshikun/2013-7-1_22326_TshirtMale.64x64.jpg shihoushoshikun さんのアバター

    shihoushoshikun

    司法書士

    満足した利用者:

    1629
    東京司法書士会所属
 
 
 

法律 についての関連する質問