JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
AEに今すぐ質問する
AE
AE, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 748
経験:  民事法務専門
62985828
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
AEがオンラインで質問受付中

弊社は株券不発行制度が施行される前に、設立した未公開企業です。 謄本においての株券を発行する旨の定めにおいては、

解決済みの質問:

弊社は株券不発行制度が施行される前に、設立した未公開企業です。
謄本においての株券を発行する旨の定めにおいては、
「当会社の株式については、株券を発行する」と定められています。
この度、株主同士で株の譲渡を行うことになりまして、株主より株券の発行を求められている状況にて、株券の発行が必要になりました。
(※取締役会としてはもちろんOKな譲渡です)
弊社は未公開企業なのですが、その場合の株券の発行の手続きをしなければならないのですが、
どのような手続きで発行をしなければならないのでしょうか?
株券の発行は弊社が独自で何かの用紙(画用紙か何か)に何らかの法的要件に従った文言を書いて、弊社の代表印を押して、それを株主に発行すればよろしいでしょうか?
株券発券の手続きを教えてください。よろしくお願いします。
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  AE 返答済み 3 年 前.

株券を発行する方法はおおむねお考えの通りで、会社法に定める所定の事項(下記条文の事項です)を記載したものに代表取締役が署名押印し、それを株主に交付すれば有効な株券の発行となります。なお、法律上は要求されていないのですが、おもて面に最初の株主の氏名を記載し、譲渡があった場合には裏面に譲受人の氏名を記載する(いわゆる裏書きですね)ような欄を設けている会社も多く、このような余事記載があっても特に問題はありません。

また用紙については特に決まりはないのですが、文房具屋などでも株券用紙が売っていますので、そういったものを利用すると簡単で見栄えの良い株券になります。

●会社法

(株券の記載事項) 第二百十六条  株券には、次に掲げる事項及びその番号を記載し、株券発行会社の代表取締役(委員会設置会社にあっては、代表執行役)がこれに署名し、又は記名押印しなければならない。 一  株券発行会社の商号 二  当該株券に係る株式の数 三  譲渡による当該株券に係る株式の取得について株式会社の承認を要することを定めたときは、その旨 四  種類株式発行会社にあっては、当該株券に係る株式の種類及びその内容

専門家:  AE 返答済み 3 年 前.
条文のレイアウトが見づらくなってしまったので再掲します。
●会社法
(株券の記載事項)
第二百十六条
株券には、次に掲げる事項及びその番号を記載し、株券発行会社の代表取締役(委員会設置会社にあっては、代表執行役)がこれに署名し、又は記名押印しなければならない。
一 株券発行会社の商号
二 当該株券に係る株式の数
三 譲渡による当該株券に係る株式の取得について株式会社の承認を要することを定めたときは、その旨
四 種類株式発行会社にあっては、当該株券に係る株式の種類及びその内容
質問者: 返答済み 3 年 前.

早速のご返信ありがとうございます!

では、仮に37株の譲渡の場合は、以下の内容を任意の紙に記載すれば、

OKでしょうか?

○○株式会社株券

37株券

第001号

会社の商号   ○○株式会社
会社成立年月日 昭和○○年○月○日

譲渡による当該株券に係る株式の取得については
株式会社の承認を要する。

○○株式会社 代表執行役社長 ○○○○

譲渡人:○○○○○○
譲受人:▲▲▲▲▲▲

↑上記の紙に代表執行役社長の署名と押印をすればOKですか?

また、代表取締役社長がトップの場合は、代表執行役社長という記載で

OKですかね?

お忙しいところ恐縮ですが、よろしくお願いします!

専門家:  AE 返答済み 3 年 前.
そうですね。種類株式を発行していない会社であれば、お書きになっている内容で大丈夫です。
会社成立年月日、譲渡人氏名、譲受人氏名は現行の会社法上は要求されない余事記載ですが、前述のとおり記載があっても問題ありませんし、以前は記載事項だったので今でも記載している株券は多くあります。
あとは譲渡制限の規定、社長の肩書などは登記の記載通りに表記するように注意してください。
委員会設置会社であれば法律上の肩書も代表執行役ですが、そうでなければ会社内での呼び名が代表執行役となっていても、法律上の肩書である代表取締役とした方が良いです。
AEをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問