JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
supertontonに今すぐ質問する
supertonton
supertonton, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 4612
経験:  中央大学卒平成14年行政書士登録離婚・相続等の法務手続の専門家
61894004
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
supertontonがオンラインで質問受付中

音楽教室を経営してます。HPに講師の写真や名前を載せているのですが フェイスブックで、友達限定で仕事の愚痴を書いた

解決済みの質問:

音楽教室を経営してます。HPに講師の写真や名前を載せているのですが
フェイスブックで、友達限定で仕事の愚痴を書いたところ
それをコピペし、講師たちに直接送りつけられ、講師は驚き辞めていきました。
書き込みした内容は、ただの愚痴で個人を特定する書き込みはなく
講師が、というように書いてました。
嫌がらせで、営業妨害です。
訴訟を起こして勝てますか?
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  supertonton 返答済み 2 年 前.
初めまして、民事法務手続専門の行政書士のSUPERTONTONでございます。
それは大変お悩みのことと思います、
ご心痛お察し申し上げます。
お話から、少し気になるのは、友達と言うのは、フェースブックでのリアルに交際して
いる方達でしょうか?
SNSだけのお付き合いで、あまり知らない方でしょうか。
SNSを友達限定機能で愚痴を書いたとしても、何らかの形で漏洩しない保証はありません。
そう言う意味では、ご相談者様も迂闊だったかもしれません。
また、愚痴は事実な訳ですから、講師たちが知れば、嫌な思いをするのはあるでしょう。
特に日頃の接し方とギャップがあるとショックを受けるかもしれません。
今回のケースにしても、ご相談者様のお友達が、講師とも共通の友達の可能性もあります。
ただ、いろいろ難しい側面はあります。
逆に言えば、ご相談者様が、講師たちに対する名誉棄損罪もあり得るからです。
友達限定でも複数人の友達であれば、名誉棄損罪の要件として
公然と不特定多数の前で、相手の事実を指摘して誹謗中傷して社会的信用を棄損した場合です。
仮に、愚痴に対して、これは講師たちには秘密にして下さいとしていれば
それを漏らしたのは問題と言えますから、損害賠償請求もあり得るかもしれません。
ただ、難しい部分はあります。
それとは、また逆に、ご相談者様に対する名誉棄損罪も漏洩した人に対して
訴えることも可能かもしれません。
相手が、特定できているのであれば、内容証明で請求されると良いでしょう。
内容証明の作成は、民事法務手続専門の行政書士や弁護士の先生にご依頼すると
相手に本気度が伝わり、譲歩を得易いと言えます。
ただ、今回のケースでは、講師たちに謝罪をして、和解を図る方が先かもしれません。
頑張って下さい。
質問者: 返答済み 2 年 前.

早速ご回答ありがとうございます。

その方とは、海外で学生時代に知り合い、FBが出来てからまた繋がり

6月にコンサートをするからと10年ぶりに実際に会いました。

私の書き込みについて、いろいろ指摘してメッセージやチャットなど
とにかく色んな事を言ってくる人でした。
HPに講師の名前を出すな、とかFBで愚痴を書くな等々。

書き込んだ内容は、講師たちに直接注意した内容で
個人を特定する書き方ではありません。

共通の友達は一切ありません。

講師たちに謝罪して、とありますが
書面で「今後一切かかわりたくありません」とありましたので
和解は難しいと思います。

質問者: 返答済み 2 年 前.

早速ご回答ありがとうございます。

その方とは、海外で学生時代に知り合い、FBが出来てからまた繋がり

6月にコンサートをするからと10年ぶりに実際に会いました。

私の書き込みについて、いろいろ指摘してメッセージやチャットなど
とにかく色んな事を言ってくる人でした。
HPに講師の名前を出すな、とかFBで愚痴を書くな等々。

書き込んだ内容は、講師たちに直接注意した内容で
個人を特定する書き方ではありません。

共通の友達は一切ありません。

講師たちに謝罪して、とありますが
書面で「今後一切かかわりたくありません」とありましたので
和解は難しいと思います。

専門家:  supertonton 返答済み 2 年 前.
追加のお話から、相手の方を信じて、そのような告げ口的なことはしないと
お考えになったのでしょうが、FB自体は、名前の公表が原則で
やはり、ネガティブな愚痴などの使い方は良くなかったかもしれません。
とりあえず、相手のしたことで講師が辞めたことに対する責任を
追及してみて、どう対応してくれるかです。
損害賠償を民事として請求するのはされても構わないでしょうが
相手の出方をみないと次の手は打てないでしょう。
民事調停等を裁判所に申立てるにしても、仮に海外に普段在住だと厳しい部分はあります。
それと、講師の方の心情はそうでも、手紙などで謝罪はしておいた方が良いでしょう。
このまま悪いうわさが独り歩きするかもしれません。
筋を通しておいた方が、新しい講師集めにも影響をするでしょう。
頑張って下さい。
supertontonをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問