JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
fplawyerに今すぐ質問する
fplawyer
fplawyer, 弁護士・1級FP技能士・CFP
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 372
経験:  弁護士・1級FP技能士・CFP
71156846
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
fplawyerがオンラインで質問受付中

個人所有の駐車場で公道を走っている車の交通違反の処置が出来るか 手招きで誘導されキップを切らせた 初めから終わりまで公道でない場所で処理された 意義申し立て出来るか それとも私

質問者の質問

個人所有の駐車場で公道を走っている車の交通違反の処置が出来るか
手招きで誘導されキップを切らせた 初めから終わりまで公道でない場所で処理された
意義申し立て出来るか それとも私の敗北か 教えて下さい
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  fplawyer 返答済み 3 年 前.
弁護士です。
お答えいたします。
道交法2条で、道路の定義があります。
「自動車道及び一般交通の用に供するその他の場所をいう。」とありますので、
私道や、個人所有の駐車場であっても、一般交通の用に供するその他の場所に該当すれば道交法の適用があります。
不特定の人が交通に使っていれば、道交法の適用があります。
以上ご検討下さい。
道交法
(定義)
第2条  この法律において、次の各号に掲げる用語の意義は、それぞれ当該各号に定めるところによる。
一  道路  道路法第二条第一項 に規定する道路、道路運送法第二条第八項に規定する自動車道及び一般交通の用に供するその他の場所をいう。
道路法
(用語の定義)
第2条  この法律において「道路」とは、一般交通の用に供する道で次条各号に掲げるものをいい、トンネル、橋、渡船施設、道路用エレベーター等道路と一体となつてその効用を全うする施設又は工作物及び道路の附属物で当該道路に附属して設けられているものを含むものとする。
道路運送法(定義)
第2条  この法律で「道路運送事業」とは、旅客自動車運送事業、貨物自動車運送事業及び自動車道事業をいう。
8項 この法律で「自動車道」とは、専ら自動車の交通の用に供することを目的として設けられた道で道路法 による道路以外のものをいい、「一般自動車道」とは、専用自動車道以外の自動車道をいい、「専用自動車道」とは、自動車運送事業者(自動車運送事業を経営する者をいう。以下同じ。)が専らその事業用自動車(自動車運送事業者がその自動車運送事業の用に供する自動車をいう。以下同じ。)の交通の用に供することを目的として設けた道をいう。
質問者: 返答済み 3 年 前.

私は駐車場と言いましたが 正確には駐車場脇の空き地です 一般交通

の用に供する場所ではないのです 座席ベルト装着義務違反でキップを切られました それは公道なので違反は認めます

しかし婦人警察官が上記場所に自転車で乗り付けて検問をしていました

個人の所有地に違反者を呼び込んでキップを切るこの行為が合法となると 個人の家の窓からでも違反者の検挙が出来ることになります

そこが納得できないのです そこが知りたいのです

質問者: 返答済み 3 年 前.

再回答をお願いしているのですがまだ届いてません

公道での交通違反者を 公道でキップを切る これは正しいです

しかし 民有地で見張り(検問)をし 違反者を民有地に引き込んで その場所でキップを切る これが公文書(キップ)として 有効なのか

私はそこを知りたいのです

専門家:  fplawyer 返答済み 3 年 前.
お答えいたします。
回答が後れたことをお詫びいたします。
警察官が、私有地にいた、ということですね。
確かに、そういうことはよく見かけます。
一体どのような権限で、そこに立ち入っているのか、と思うこともあります。
さて、違反を発見する場所、切符を切る場所は、どのような場所であろうと関係ありません。警察としては、どのような場所であろうと、犯罪を発見したら摘発しなければなりません。
(先ほど述べたように、その土地の使用について、管理者との関係で問題があるとは思われますが、これは違反の摘発、切符の効力とは無関係です)
ご指摘のとおり、個人の家の中からも検挙することは理屈上は可能です(ただし、そのようなことのために当該個人が警察に家の立入りを承諾するとは思えないので、実際にはないと思いますが、理論上はおかしくありません。)
以上のとおりですので、本件で異議申立をしても、ご相談者様がご主張されている理由では、異議は認められないと考えます。
ご検討下さい。
fplawyerをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 3 年 前.

納得出来る回答を頂きました 有り難う御座いました

専門家:  fplawyer 返答済み 3 年 前.
こちらこそありがとうございました。

法律 についての関連する質問