JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
kionawakaに今すぐ質問する
kionawaka
kionawaka, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 1355
経験:  中央大学法学部法律学科卒 行政書士事務所経営
62775484
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
kionawakaがオンラインで質問受付中

回答についてありがとうございました。 回答の文中に以下がありました。 ”受忍限度を超えている場合は、損害賠償(慰

質問者の質問

回答についてありがとうございました。
回答の文中に以下がありました。
”受忍限度を超えている場合は、損害賠償(慰謝料)請求は可能です”。この場合、民事法務の何という項目に相当するため損害賠償が可能なのでしょうか? この点についてお聞きできればと思います。
以下は単なる私の補足です。
私の場合は、明らかに受忍限度を完全に超えていてそれが長期に持続していたので質問致したわけです。(ちなみに、私の家の部屋において、スマートフォンで取った犬が声高く吠える声の長時間の記録があります)。おっしゃるように保健所、自治会への相談もあり考慮してみますが今までの経過を見ていると何か怖いです。、この飼い主の場合は、多分、何らかの現実的な法律によるチャージ、金銭的チャージがかかってくる可能性が十分あるという認識をもってもらう事が、事の重大さを知ってもらううえで適していると考えます。
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  kionawaka 返答済み 2 年 前.
不法行為論(民709条以下)の、要件論(故意・過失、損害の発生、因果関係)、受忍限度論という理論という理論です。

法律 についての関連する質問