JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
houmuに今すぐ質問する
houmu
houmu, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 975
経験:  行政書士 知的財産修士 2級FP技能士
62663831
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
houmuがオンラインで質問受付中

強盗致傷罪の示談金について(被害者です)

解決済みの質問:

娘(18歳大学生)が、被害に遭いました。強盗致傷罪で、犯人は初犯です。相手弁護士(国選)からは、犯人側に金銭的な余裕が無いと言われ、示談金は被害額を含む30万(被害額は現金1万2千円、バッグやケータイなどおよそ10万円)の提示を受けました。妥当なのでしょうか?

投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  houmu 返答済み 3 年 前.
傷害の程度にもよりますが、入院されたり後遺症が残るような大怪我を
されたのであれば別として、数回病院で手当てを受けた程度の怪我で
すまれたのであれば、想定される範囲かと思われます。
そもそもこのような事件では、犯人が判明した場合でも資力がない場合が多く、
弁償を受けること自体が困難なケースが少なくありません。
裁判に訴えて判決を得たとしても、裁判所が財産を探してくれるわけでは
ありません。判決後、相手が任意で支払ってくれればいいですが、
自主的に支払ってもらえない場合には、こちらで相手の財産を探して、
これを差し押さえてくれと、手続きをしなければならず、そのためにも
費用と時間が掛かります。
このような点をかんがみれば、十分な額とは言えないかもしれませんが、
相手方が自主的に支払うといわれている間に、支払いを受けられるように
した方がよいでしょう。
なお、示談書を作成して安心していたら、期日になっても支払ってもらえず、
刑事事件の方は示談書の提出があったということで不起訴処分になっていた、
なんていうこともおこりえますので、示談書へのサインと示談金の引き渡しは
交換で行うようにされた方がいいでしょう。
houmuをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 3 年 前.

回答頂き、ありがとうございます。示談書の内容で、気を付ける事はありますか?示談書の提出で、不起訴処分になるのですか?

専門家:  houmu 返答済み 3 年 前.
必ずなるということではありませんし、強盗致死傷との内容から
考えればその可能性は低いですが、制度上の可能性として一応
あげさせていただきました。
ただ、被害者との間で和解が成立しているかどうかというのは、
刑事事件の手続きの中で情状酌量の材料となります。
不起訴処分になるかどうか、ボーダーライン上の案件であれば、
不起訴になることが考えられますし、起訴された場合においても、
和解が成立していない場合と比べれば、その量刑が軽くなること
につながります。
逆にいえば、そのような事情があるからこそ、相手方も和解を
したいと考えるわけですから、このタイミングだからこそ、
示談金を受け取るチャンスがあるといえます。
もし、後遺症の心配等があるようなお怪我であれば、後の治療費
についての約束なども盛り込まれた方がよいですが、特に大きな
お怪我でなかったのであれば、先にも回答しました通り、現金と
書類は引き換えにするという点を抑えられればよいでしょう。

法律 についての関連する質問