JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
AEに今すぐ質問する
AE
AE, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 748
経験:  民事法務専門
62985828
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
AEがオンラインで質問受付中

人物Aが新手の詐欺かどうか知りたいのですが。よろしくお願い致します。 状況; ある相手Aと共同出資しました。窓口

解決済みの質問:

人物Aが新手の詐欺かどうか知りたいのですが。よろしくお願い致します。
状況;
ある相手Aと共同出資しました。窓口はAです。私が700万(貯金とカードローンを総ざらいして工面)、Aが300万(本人の主張のみ。手元、現場を私は見てません。)。
平成25年12月末から始まって平成26年2月初に利子付で出資金が戻ってくるはずでした。出資先Bがお金を返せなくなり、少し揉めた後、平成26年4月(こちらの都合とは裏腹の)分割での返済に決まりました。私とA?は貯金なし、カードローン総出動状態で生活に困るくらいになってしまいました平成26年5月のこと。
Aの実家Cが工場(川口市で鋳造業)を経営しております。
そこでAが、既存の不動産会社(実在あり)の拡張資金という名目で(事業計画書付で。私への借金返済のためと言うと親Cが拒否するため、借金のことを隠して)親Cから1000万の借り入れをお願いしました。
その親Cから条件がありました。既存の不動産会社が黒字であること(Cにプラスのフローを見せるため私が無いお金を振り絞ってAに事業資金として100万送金しました。)を示すこと、拡張の時期を急がないこと。実家の工場をきりのいいところ(工場の閉業整理)まで手伝えば2000万もらえる(返済不要)と。
Cが、A名義の通帳とカードを作り入金したもの(Aは自らの目でその記帳を確認したと)を預かっていて、作業仕事が終わったら渡してくれる約束。
Aは、昔親の工場に勤めていた経験から、平成26年5月〜7月にわたり、実家Cに住込みで機器の運搬・設置、工場をたたむための工場内のかたずけ、等むずかしい作業をていねいにこなした模様。(私は、作業自体を目撃していませんが、鋳造の仕事柄、日焼けした姿や赤錆まみれた頭を何度か見ています。)
平成26年7月現在、全ての作業終了にもかかわらずCが、Aに通帳とカードをわたすこともなく、釈放もされていません。Aは、急がないことを条件にされているので、催促もできず、通帳とカードをわたされるのをただ毎日待っているだけのようです。(Cの運転手をやっているようです。)
生活に支障をきたしている現在。私とAは生きるために喉から手が出る通帳のお金です。
この話は本当だと思いますか?
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  AE 返答済み 3 年 前.
そのような事情では、大変お困りのことと存じます。
ご質問は「この話が本当だと思うか?」ということですが、Aがどのような人物であるかはお会いしたことのあるあなたの方が面識のない私よりも良くご存じだと思いますので、Aの話が本当かどうかはあなた自身の直感を信じた方がより確かだと思います。ただ、このようなご質問をする時点でAの話が嘘であると疑っており、Aの話を信じたい気持ちがあるので迷っているのではないでしょうか。
お書きになっている事情はほぼ全てAから聞いた話であり、あなたが自ら確認したのはAの日焼けした姿や赤錆まみれた頭を何度か見たという点だけですよね。このことからわかるのはAが何らかの活動をしているらしいということだけで、Cの鋳造業を手伝っているかどうかも定かではありませんし、Cとの間でお書きになっているような条件が約束されていることもまったく不鮮明です。
仕事柄お金に困っている方の話を聞く機会も多くありますが、このような方はその場をしのぐために平気で嘘をつくことも多く、相手の話を鵜呑みにするのは極めて危ない行為です。
Aが最初から積極的にあなたからお金を騙しとろうとしているのかは判断できませんが、少なくとも今お金に困っている状況のようですから、その言葉は疑ってかかるぐらいの方が良いと思いますよ。
本当にAが言うようにA名義の預金口座にすでに入金があるのでしたら、Aがその銀行の支店に行けば、印鑑の再登録等の手続きを踏むことで通帳の再発行や残高証明書の発行はもちろん、預金を引き出すことだってできます。もちろんAがきちんともらうまではCのお金であり勝手に引き出すのはトラブルになることが予想されますので適切ではありませんが、少なくともあなたに証拠として示すだけのものは用意できるはずですので、もしAを信じたいというお気持ちなのであれば、そこだけは要求して確認してみてはいかがでしょうか。
質問者: 返答済み 3 年 前.

補足情報;

私のAに対するファーストインプレッションは、スポーツマンタイプのフェアーな印象です。(礼節を重んじる、熱心、多弁、誠実、世話焼き)

一日に数回c-メールと携帯電話で必ず話のやり取りをしています。Cや家人のいない場所で。こちらからの質問には、Cや家人のいない場合、即答で返答がきます。

川口市の鋳造工場と実家は実在し、住所・電話・氏名も本物です。

Cとは直接の面識はありません。三人(CA、私)で何度か会う話はありましたが、お互い忙しく日時マッチしませんでした。ただ、電話でCらしき人物と何度か話ました。

私:「Aさんの不動産事業拡張の際のパートナーということでいっしょにやらせてもらいます、よろしく。」とか私:「当方も急ぎませんので、工場作業の集結・借入資金の実動、等の日程はお任せします。」と、Aの債権者であることは伏せて話ました。

Aが、A名義の預金口座の2000万の記帳を目撃した際、真っ先に写メールで私に送りたいと言ってました。が、すぐ隣にCがおり、その通帳はまだCの管理下であり、私がAの債権者である事はCにひみつです。Cの管理上私に見せる筋がなく、写メールを送りたくてもできなかったと言ってます。

実は、金額が正確ではなかった所あります。

平成25年12月末のBへの出資額、私:1000万、A300万、でした。

Aにとって、Bの事件(分割返済:10030年払いとか→月々4万の返済→カードローンの返済に比べたら無いのと同じ。)がAの仕組んだ詐欺・茶番か、本当の被害(Aの全財産やられてほんとうの貧乏人)か、不詳です。

平成26年5月〜7月にわたるAが工場での作業中、既存の不動産事業面でのAの借金の督促が実家Cに連絡あり、Cが怒って「借金きちんとしろ。赤字会社には資金提供しないぞ。」「借金の穴埋めだったら、資金提供はけっしてしない。」とか「Aの既存の不動産会社が黒字であることを示めせ、でないと資金提供しないぞ。」とかで、ACにプラスのフローを見せるため私が無いお金を振り絞ってAに事業資金、事業所滞納家賃、滞納携帯電話料、生活・交通費等として総計約300万近く提供しました。(Aはお金まったくなく、Cにプラスのフローを示せないと資金提供が水の泡になると、プレッシャーをかける新手の詐欺でしょうか?→一連が新手の詐欺とすると1300万近くの私の損失)

しかし、何回か直接会った範囲では、日焼けサロンで趣味で焼いてるレベルではなく、露出皮膚が黒くなって汗まみれ、髪毛は工場の天井から赤錆かぶってか茶赤、明らかな真面目な真剣な肉体労働の感じ、です。ここまでやって苦労して更なる300万が欲しいでしょうか?不埒な場合ははじめの1000万で逃げるのでは?

じつはAも本当の被害者であり、私への借金返済のために自ら地獄の窯に飛び込んでくれてる感じがしますが。

Aの工場閉店整理の作業はすでに終了。現在、Cの運転手をさせられてる摸様。もぬけの工場バラックは専門業者が更地にする予定。更地の権利をCの親戚間での分配するため、実家に親戚が詰めかけたり、Aが運転手してCを親戚に連れて行ったりしている模様。

交渉が終われば、Aは解放されるでしょうか?

方針と対策;

第三者の方の目から見て、Aを信じられる事象・事項はありますでしょうか?

このまま信じてても大丈夫でしょうか?

返済をより確実にするためには今私は何をすべきでしょうか?

再びご教示宜しくお願い致します。

専門家:  AE 返答済み 3 年 前.
なるほど。お書きいただいた事情を読む限り、あなたがAさんを信じたいというお気持ちになるのも無理もないように思います。
ただ、客観的に見ればやはり全体的に怪しい話で、Aさんを信じることはあなたにとって極めて危険だと私は思います。
もしかしたらあなたのお考えのようにAさんも被害者なのかも知れませんし、Aさんが詐欺師だと断じることはできませんが、詐欺師は一見誠実そうだからこそ被害者が騙されるものですし、引っ張れるお金は少しでも多く騙しとろうとするものですよ。

このような怪しいお話に巻き込まれてしまった場合にご自身を守るためには、常に最悪を予想して行動しなければなりませんから、早急に弁護士に依頼して回収に向けた行動に移るべきでしょう。事情が複雑ですので、どのような対処が最適かはここでお伺いできる範囲で判断することは不可能ですし、ご自身で最適な行動を選択することも極めて困難でしょう。

それでも迷われるのであれば、もう一度よく冷静になって考えてみてください。
「借金の穴埋めだったら、資金提供はけっしてしない。」と言っているCに対し、事業が順調であることを装いそれをCに信じさせて資金を提供させることは果たして誠実な行いでしょうか?
ことによっては、これも詐欺罪という犯罪にあたる可能性があり、あなたもこれに協力しているとなるとCから訴えられたり、警察から共犯者として事情を聞かれるなどのトラブルに巻き込まれる可能性もあります。
そのようなリスクもあることをご理解の上で、決断し行動に移るべきでしょう。、



AEをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問