JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
supertontonに今すぐ質問する
supertonton
supertonton, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 4636
経験:  中央大学卒平成14年行政書士登録離婚・相続等の法務手続の専門家
61894004
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
supertontonがオンラインで質問受付中

私は原発事故により住んでいた町が帰宅困難地域となり 5年以上の避難生活を強いられています。 娘夫婦が二世帯住宅を

解決済みの質問:

私は原発事故により住んでいた町が帰宅困難地域となり
5年以上の避難生活を強いられています。
娘夫婦が二世帯住宅を建てその一階に住まさせていただいています。
賃料は口約束で毎月支払っています。
娘夫婦と正式に賃貸契約を結び支払いを明確にしたいと思います。
どのような手続きが必要でそれは可能なのでしょうか。
なお原子力損害賠償の避難生活による生活費増加として
支払い分は東電に請求できるのでしょうか。
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  supertonton 返答済み 3 年 前.
supertonton :

初めまして、民事法務手続専門の行政書士のSUPERTONTONでございます。お話しから、お子様の家に賃貸で済むことは可能です。よくあるのが、逆のパターンで

supertonton :

初めまして民事法務手続専門の行政書士のSUPERTONTONでございます。お話から、お子様の自宅に賃貸借契約で親御様が住むのは契約的に問題ありません。よくあるのは、その逆で、

supertonton :

すいません。何度も文面が分かれてしまったので、追加で書きます。よくあるのは、親御様が相続税対策で、お子様に賃貸で貸す場合もございます。原子力の損害賠償に関しては、原子力損害賠償紛争解決センターにご相談されると良いと思いますが、東電自体が、それを認めるかどうかですが、裁判で争えば、そのことを否定はできないと思います。これまで、東電に請求はされていたのでしょうか?それとも初めての請求でしょうか。場合によっては、原子力損害賠償の弁護士の先生に代理交渉をお願いされても良いでしょう。頑張って下さい。

Customer:

1次的には二世帯住宅のローンは娘夫婦が全て支払っています。に同居している親子でも

Customer:

二世帯住宅は娘夫婦の名義です。建設費のローンは娘夫婦が支払っています。

Customer:

二世帯住宅は娘夫婦名義でローンの支払いも全て娘夫婦が支払っています。

Customer:

土地は私の名義です。

supertonton :

名義に関係なく、賃貸借契約を実際にされているのであれば親子でも全く問題はありません。家賃の領収書を証拠として出すと良いでしょう。ただ、東電はいろいろ難癖をつけるでしょうが押し通すことです。頑張って下さい。

Customer:

不動産会社を仲介した賃貸契約を結ぶことが適切ですか。

supertonton :

その方がより本格的な感じは致します。契約上の連帯保証人をどうするかの問題は出て来ると思いますが、個人間でも賃貸借契約書を作成しておくと良いでしょう。

Customer:

連帯保証人は保証会社に依頼したいとおもいます。

supertonton :

そうであれば、問題は無いと言えます。頑張って下さい。

Customer:

ありがとうございました。早速不動産会社に伺います。

supertontonをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問