JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
supertontonに今すぐ質問する
supertonton
supertonton, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 4620
経験:  中央大学卒平成14年行政書士登録離婚・相続等の法務手続の専門家
61894004
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
supertontonがオンラインで質問受付中

自動車保険のトラブルです。5月に出先で車をスプレーでいたずらされました。通販型保険の加入しておりましたので連絡し「車

質問者の質問

自動車保険のトラブルです。5月に出先で車をスプレーでいたずらされました。通販型保険の加入しておりましたので連絡し「車両保険」での修理を申し出しました。保険会社担当者から「全損20万で全損修理」で良いかと言われ協定し、知り合い工場に依頼して修理に取り掛かりました。ところが10日程して決済日の確認したところ、「弁護士と話してくれ」と言われ、弁護士は「支払わない」「協定の法的根拠は無い」と一点張りで書類を送りつけて来ました。修理工場は協定がされているのに支払われないのはおかしいと言ってます。書類の中に過去別の車で他社の契約の事故、事件で支払われなかった件が書かれており、「保険金詐欺」的な扱いをされているようです。その当時、代理店と掛金の割増、免責、立証の難しさを考慮して代理店から保険請求を取り下げてもらった事を「支払い拒否された」と今回は扱われております。過去の他社の個人情報が現在の保険会社に漏洩?してること自体に疑問を感じます。
このような場合、対策はあるのでしょうか?
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  supertonton 返答済み 3 年 前.

supertonton :

初めまして、民事法務手続専門の行政書士のSUPERTONTONでございます。それは大変お困りのことと思います。保険の情報に関しては、現在、ノンフリート等級別料率制度によって保険会社間の情報交換はされております。そのために、保険会社を変えても等級を引き継ぐことも可能です。ただし、協定を破棄してまで、保険金を支払わないのはご相談者様に詐欺行為があると断定しているようなものですから、そこは、裁判や民事調停で争っても良いと思います。ただし、費用対効果の問題はあるので、まずは、害保険料率算定機構や国民生活センター等に消費者被害としてご相談してみた方が良いかもしれません。頑張って下さい。

法律 についての関連する質問